コンテンツマーケティング

Webライティングの基礎知識。執筆のポイントや注意点をわかりやすく解説

Web媒体での文章執筆およびその技術を指すWebライティング。誰でもすぐに取り組め、自由度が高い一方、SEO施策をはじめとした読まれるための工夫も必要です。

公開日: 2021-04-30 最終更新日:

Webサイトの集客改善について、”無料”で相談してみませんか?
貴社に最適なSEO対策・コンテンツ制作・リスティング広告運用を無料でアドバイスいたします!
▶無料のSEO相談窓口はこちらから

本記事では、Webライティングの基礎知識として、効果を高める方法や執筆のポイント、注意すべき点などについて、初学者向けにわかりやすく解説します。

Webライティングとは?

Webライティングとは、Web媒体に掲載される文章を執筆すること、およびWebコンテンツに最適化した文章を書くための方法を意味します。

検索エンジンで上位表示させるための技術である「SEOライティング」と混同されることもよくありますが、実のところその境界線は曖昧です。Webライティングがユーザーにとっての有益性や読みやすさ、すなわち「ユーザーファースト」を前提にしている点が、SEOライティングと本質的な違いはないからです。

また、Webライティングは単に検索順位を上げるための技術ではなく、スマホなどのデバイスに最適化したUI(ユーザーインターフェース)やフォントにも考慮したライティング技術として捉えることができます。

紙媒体との違い

本や雑誌などの紙媒体に比べ、Webライティングではユーザーの離脱をいかに防ぐかが重要になります。Web媒体の読者は基本的に「要点をすぐに把握したい」というニーズが強いため、少しでも読みにくさを感じるとすぐに離脱してしまうからです。

そのため、発信する情報を適宜最新化する、修正するといった更新が必要です。(紙媒体と異なり、手軽に修正・更新が可能な点はWebの大きなメリットです。)

じっくりと読み込まれる傾向の高い紙媒体に比べると、Web媒体は流し読みされることが非常に多いため、結論から先に書き始めるなど、とにかく読みやすくわかりやすい文章を意識することが重要です。

Webライティングの効果を高めるコツ

では、Webライティングにおいて多くのユーザーに読まれる文章にするにはどうすれば良いのでしょうか。以下では、Webライティングの効果を高めるポイントを4つご紹介します。

  • ユーザーのペルソナを設定する
  • 情報の正確性・信頼性を担保する
  • SEOを意識する
  • 読みやすい文章を心掛ける

ユーザーのペルソナを設定する

1つ目は、ターゲットユーザーとなるペルソナを設定することです。

ペルソナとは主にマーケティングで活用される概念であり、商品・サービスのターゲットとなりうる人物の性別や年齢、職業、さらには趣味・嗜好や現在の悩みなどを具体化した架空の人物像を指します。

Webライティングにおいてもペルソナ設定は重要であり、文章をどんなユーザーがどのような目的で読むのかをイメージすることで、ユーザーにとって役に立つ情報とは何か思いめぐらせることが可能になり、それに沿った文章を書けるようになります。

情報の正確性・信頼性を担保する

情報の正確性や信頼性を担保することも非常に重要です。インターネット上の情報は膨大であり、誤った情報が載っていることも珍しくありません。間違った情報を伝えることはユーザーにとって不利益となり、サイトの信頼性も低下するため、扱うジャンルに詳しいライターを雇ったり、専門家に監修として入ってもらったりする必要があります。

また、正確性や信頼性を高めるためには、公的機関や調査機関などが公表している具体的なデータ・数字を記載することが有効です。

SEOを意識する

検索エンジン最適化とも呼ばれるSEO施策を行うことで、検索エンジン上での評価が高まり、より多くのユーザーに読まれやすくなります。

具体的には、タイトルや見出し、文章内にターゲットとするキーワードを適切に入れる、内部リンクを最適化する、リライト(書き直し)して最新の情報を掲載する、ターゲットが抱える課題の解決策を簡潔に提示する、といった施策が有効です。内部リンクはサイト内のページとページをつなぐリンクであり、特定ページへSEO評価を集約できる効果があります。

 SEOに強い記事の書き方については以下を参考にしてみてください。
SEOに強い記事の書き方を徹底解説!具体例でわかるSEOライティング

読みやすい文章を心掛ける

SEOとも関連しますが、ユーザーが読みやすい文章を心掛けることも非常に大切です。読みにくい文章はユーザーがすぐに離脱してしまい、伝えたい内容がなかなか伝わりません。離脱率が高いと検索エンジンからも評価されない可能性があり、結果的にSEOの効果も薄れてしまいます。

読みやすい文章を書くうえで押さえておきたい基本的なポイントを、以下に箇条書きで示します。

  • 「それ」「これ」などの指示語を使い過ぎない
  • タイトルや見出しで大まかな内容がわかるようにする
  • 結論を冒頭に書く
  • 一文は短く簡潔に
  • 専門用語や難解な表現は避ける
  • 論理の飛躍を避ける
  • 画像や図表を入れる
  • 具体的な数値・データを入れる
  • 適度に改行や空白を入れる
  • 重要な箇所を太字やハイライト表示にする
  • 語尾(ですます調、である調)を統一する
  • 表記ゆれを避ける
  • 誤字・脱字をなくす

これらのポイントを押さえることで、格段に読みやすい文章になります。

Webライティングのメリット

前章では、Webライティングにおけるコツをご紹介しましたが、実際にWebライティングは、紙媒体での執筆と比べてどのような違いがあるのでしょうか。以下では、紙媒体と比較したうえでのWebライティングのメリットをご紹介します。

  • 文字数の制限がない
  • 何度もリライトできる
  • 動画や画像を自由に載せられる

文字数の制限がない

紙媒体ではスペースの都合上文字数の制限があります。一方、Web媒体にはスペースの制約がなく、文字数を気にせずに書くことができます。ただし、あまりに文字数が多いと読者が最後まで読み通せず、離脱することも多々あるので注意が必要です。

何度もリライトできる

紙媒体は一度印刷してしまうと簡単に手直しはできませんが、Web媒体の文章は何度でも容易にリライトできます。一度公表した後に足りない情報を追記することで網羅性を高めたり、最新のデータを入れ込んだりすることで、より文章の質を高めることが可能です。

動画や画像を自由に載せられる

画像や動画を自由に載せられる点もWeb媒体の大きなメリットです。紙媒体でも画像は掲載できますが、紙面のサイズの都合上、載せられる画像の数や大きさには制約があります。また、当然のことながら動画は載せられません。

Web媒体であれば、画像や動画を自由に盛り込むことができ、より多くの情報をわかりやすく伝えることができます。画像や動画は、読み手を飽きさせない要素にもなるため一石二鳥です。

Webライティングの手順

 Webライティングのメリットが分かったところで、実践的な手順について説明します。本章では、Webライティングの基本的な手順をご紹介します。

  1. 構成の作成
  2. 本文の執筆
  3. 推敲
  4. リリース

構成の作成

Webライティングにおいては、本文を書き始める前に記事の構成を考えること(記事構成案の作成)が重要です。
記事構成案とは、コンテンツのアウトラインを示した設計図のことです。下記図のように、テーマに合わせて見出し(H2)、そこに含まれる小見出し(H3)を設定して作成していきます。

※構成案の作成時点で記事のタイトル(あるいはH1)や、記事冒頭の導入文、「H3」より詳細な見出しを設定するための「H4」を設定することがあります。

記事構成案

記事構成案が必要な理由として、何の指針もなしにいきなり書き始めてしまうと、コンテンツの方向性が曖昧になってしまうことがあげられます。設定したペルソナのニーズを反映させながら、キーワードをタイトルや見出しに入れていきます。構成を作ることで結論がブレにくくなり、無駄のない一貫した論理展開ができるようになります。

▼記事構成案の作成方法について、もっと詳しく知りたい方はこちらもチェック
記事構成案の作り方!Webライティングで必須のプロット作成法を解説

無料トライアルでChatGPTを使ったAI記事作成機能を使って、簡単に記事を作成できます。
30秒で簡単登録!Keywordmapで記事を作成してみる。

本文の執筆

構成を作成したら本文を執筆します。タイトルや各見出しと本文の内容にズレがないか確認しながら書き進めていきましょう。わかりやすい文章を書く際に役に立つのが、SDS法やPREP法と呼ばれる文章の「型」です。

SDS法とは、全体の概要(Summary)→詳細(Details)→まとめ(Summary)の順に書いていく方法です。最初に要点を伝えてから詳細を説明し、最後にまとめとしてまた概要に戻るため、情報を素早く簡潔に伝えたい場合によく使われます。

PREP法は、結論(Point)→理由(Reason)→具体例(Example)→結論(Point)の順に書いていく方法です。要点を最初と最後に記載するのはSDS法と同じですが、理由と具体的な事例を間に挟むことで、より論理的な文章にすることができます。ある程度の文字数を使ってじっくりと説明したいときに役立つ手法です。

推敲

本文を書き終えたら推敲をします。推敲では誤字・脱字や表記ゆれがないかなど、基本的な事項のチェックを行います。タイトルや見出しと本文の内容にズレがないか、ユーザーが求める結論・解決策を提示できているかといった点も確認します。

また、コピペをしていないかツールを使ってチェックし、データを引用している場合には出典を明記しているかなどを確認する必要があります。コピペチェックツールには「Copy Contents Detector」などがあります。

リリース

推敲まで完了したら、いよいよリリースです。

Web媒体で記事をリリースする際には、記事の種類や内容に合わせたカテゴリー付けやタグ付け、アイキャッチ画像の挿入、ディスクリプション(検索時に表示される記事の概要説明文)の作成などを行うことで、ユーザビリティの向上やSEO対策につながります。

また、記事のリリースをSNSやメルマガなどで周知することで、より多くの人に読んでもらいやすくなります。

Webライティングの注意点

Webライティングを行う際には、気を付けなければならない点がいくつかあります。法律やモラルの問題、サイトの信頼性に直結するものであるため、特に注意が必要です。

著作権を侵害しない

他のサイトの文章をそのままコピー&ペーストすることは、著作権侵害に抵触する可能性があります。文章だけでなく、画像の無断転載も厳禁です。SEO対策として競合サイトの内容を確認し、構成の作りなどを参考にすることはよくありますが、その際にはいわゆる「パクリ」にならないよう、オリジナルの文章を心掛けることが大切です。

他のサイトや著作物などから文章を引用する場合は、出所を明示したうえでカギ括弧などにより引用部分とオリジナルの部分を区別するなど、著作権法で定められたルールを踏襲する必要があります。

また、外部サイトからコピペした記事は、「重複コンテンツ」として扱われ、Googleなどの検索エンジンからの評価を下げる要因になるため、SEO対策の観点からも絶対に避けなければなりません。

Webライティングで特に注意すべきジャンル「YMYL」

Webライティングの世界には「YMYL」という言葉があります。これは「Your Money or Your Life」の略で、「人々の財産や健康に影響を与えうる話題」という意味です。具体的には医療や美容、金融などのジャンルであり、これらは人々の生活の質や、場合によっては命に直結するため、記事の正確性や信ぴょう性について特に厳しい目が向けられています。

実際に、Google検索では、YMYLに関する質の低い記事は検索結果に表示されにくいアルゴリズムを採用しています。例えば医療関連のキーワードで検索すると、たいていは医療機関や行政機関などが公表しているコンテンツが上位を占めています。

また、YMYL領域についてコンテンツを制作する際は、Googleのコンテンツ評価指針(E-E-A-T)との関係性を理解することが重要です。E-E-A-Tとは、Experience(経験)、Expertise(専門性)、Authoritativeness(権威性)、Trustworthiness(信頼性)の頭文字をとった言葉で、Googleの検索品質ガイドラインに明記されています。
より信憑性の高さが求められるYMYL領域において、E-E-A-Tを高めることが必要な点、おさえておきましょう。

さらに、YMYLに関連して薬機法についても理解しておく必要があります。例えば、医薬品ではないサプリメントについて、「病気が治ります」といった効果・効能を謳う表現を用いると、読み手は医薬品と誤認する可能性があり、薬機法に抵触します。

いずれにしても、YMYLに関する記事を執筆する際には、専門家自身が執筆もしくは監修するなど、細心の注意を払いましょう。

 ▼YMYLについてさらに理解を深めたい方はこちらもチェック
YMYLとE-A-Tの関係ーYMYLの基礎と対策方法について

まとめ:Webライティングの基本を押さえ、質の高い記事を作成しよう

今回はWebライティングの基礎知識について解説しました。

Webライティングは手軽に始められる一方、質の高い「読まれる」記事を作成するためには、基本的な文章力はもちろん、構成の作成やSEO対策なども工夫する必要があり、それなりの手間やコストがかかります。また、誤った情報を載せない、コピペをしないといった最低限守るべき事項にも気を配らなければなりません。

こうした基本を押さえたうえで、質の高い記事を作成しましょう。

この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。
詳しくはこちら

無料メルマガ登録

Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

ITreview LEADER 2021 Summer

Keywordmapのカスタマーレビュー

*

ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

良いポイント

  • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
  • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
  • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

*

初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

良いポイント

  • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
  • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
  • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

*

機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

良いポイント

  • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
  • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
  • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利
×