アクセス数を増やす方法
コンテンツマーケティング

アクセス数を増やす方法16選!Webサイトの流入増加施策を徹底解説

「Webサイトのアクセス数がなかなか伸びない…」
「どうやってアクセス数を増やせばいいの?」

Webサイトを運営する中でこのような悩みを抱えている方は多いと思います。Webサイトを作ってしまえば、あとは何もせずとも自動的にアクセス数が伸びる、というわけではありません。

閲覧してほしいターゲットユーザーのアクセス数を増加させるためには、押さえておかなければならないポイントがあります。そこで本記事では「アクセス数の増やし方」について、代表的なポイント16つを詳しく解説していきます。アクセス数が増えず悩んでいる方や、新しくサイトの運営を担当することになった方など、ぜひ参考にしてみてください。

アクセス数を増やす方法16選

本章ではアクセス数を増やすための具体的な施策を紹介します。

Webサイトのアクセス数を増やすための、一般的かつ最も根本的な対策が、Googleなどの検索エンジンでの露出を増やすことです。つまり検索順位を高めることが挙げられます。検索順位が上がれば、アクセス数は増加する傾向にあります。

一方で、必ずしも検索エンジンのみに絞る必要はなく、臨機応変にソーシャルメディアや広告といった、他の媒体を用いるのも手段として挙げられます。以下に紹介するのは、そのような手段の代表的なものです。

自社サイトがこれらの施策を用いているのかチェックしてみましょう。それぞれ解説しますので、あわせて参考にしてみてください。

ユーザーニーズを満たしたコンテンツを提供する

まず何よりも、ユーザーのニーズを満たすコンテンツを提供することが重要です。というのも、GoogleやYahoo!などの検索エンジンは、ユーザーの疑問、あるいは興味・関心にしっかりとこたえているWebページを評価して、高い順位をつけるためです。

ユーザーニーズを満たしたコンテンツを作るためのコツを二つ紹介します。

検索ニーズのあるキーワードを対策する

検索されないキーワードに対するコンテンツを用意しても、誰も興味を持ちません。したがって、ユーザーニーズを満たすコンテンツを作るためには、まず検索される、つまり需要があるキーワードを見つける必要があります。

検索回数を検索ボリュームと呼び、おもに月間の平均検索回数で算出されます。たとえば、月間3000回検索されるキーワードと月間30回のキーワードでは、両者とも1位だった場合、どちらがアクセス数が多くなるのかは考えるまでもないでしょう。また、以下の図のように、「京都 観光」「京都 旅行」「京都 旅」という似たようなキーワードでも検索ボリュームに大きな差が出ます。言及するテーマとの兼ね合いもありますが、キーワードはツールなどを用いて調査して、需要があるものを選択するのが望ましいです。

Keywordmapで検索ボリュームを説明する図

仮に検索した人全員と接触した場合、前者では3000アクセスまで得られる可能性があります。しかし後者では最高でも30アクセスの可能性しか期待できず、しかも実際の検索結果のクリック率は、1位表示でも約32%と言われています。対策するキーワードは十分に検索ボリュームがあるのかチェックしましょう。 

一方で検索ボリュームの小さいロングテールキーワードと呼ばれるキーワードで対策することも重要です。ニーズの増減が少ないキーワードの方が安定したアクセスが見込めることが要因なのですが、詳しくは以下の記事で解説しているので、あわせて参考にしてみてください。

ロングテールキーワード(ニッチワード)はSEOに効く! ツールから調べ方、応用法まで紹介

検索意図を反映した内容にする

検索意図とは、文字通り検索した意図であり、つまりユーザーが何を求めているのかというニーズにほかなりません。「検索意図を満たすこと=ユーザーのニーズを満たすこと」といえます。検索意図とコンテンツの内容が一致していて、ユーザーのニーズを満たす・解決することができる記事は、検索エンジンに評価されるためアクセス数が増加します。

キーワードを調査したら、ユーザーがそのキーワードを検索した意図を考察しましょう。考え方は単純で、「そのキーワードを検索したユーザーはどんな情報を求めているのか」を突き詰めるだけです。

参考になるのは、すでに検索上位にいる競合Webページの内容です。これは検索上位=検索エンジンに評価されている=ユーザーニーズを満たしている、という式が成り立つためです。加えて、さらにその先の、競合記事に不足している内容を追加して、「情報網羅性」を意識することも重要です。競合記事の内容を確認して、必要なのに書かれていない内容がないか分析しましょう。

オリジナリティのある内容にする

上記検索意図で言及した通り、新規でコンテンツを作成しようとすると、競合のWebページを参考にすることが多くなるため、逆に、Web以外の方法(例:雑誌・書籍・アンケート)によるリサーチや自分の経験に基づいた記事は、自然とオリジナリティが高くなります。

その記事でしか得られない差別化された内容を持つ記事は、代替できる記事がありません。ユーザーニーズを満たしながらもオリジナリティのあるページはGoogleからの高評価されやすく、上位表示につながるため、結果的にアクセス数の増加が見込めます。 

もちろん上位Webページを調査することは必要不可欠ではありますが、それだけを元にコンテンツを作るのは適切ではありません。内容のオリジナリティを心がけましょう。

定期的にコンテンツを発信する

新しい記事を追加し続けると、過去記事の読者が再訪してくれてリピーターになる可能性が高まります。同時に、コンテンツを新しく追加し続けることは、提供する情報に厚みやが加わり、かつ、情報が新規性を担保していることで、訪問者の信頼性獲得にもつながります。

また、同一テーマのWebページが増えれば増えるほど、Webサイトの専門性が高まります。専門性は、E-A-Tと呼ばれるGoogleのコンテンツ評価基準の一つ(SEOのランキングシグナルではない)であるため、向上させることでユーザーに価値あるWebサイト・ページであると見なされる可能性が高まるので、結果的にアクセス数の増加が見込めるでしょう。 

リライトをする

Googleはユーザーニーズを満たし、鮮度の高いコンテンツを提供するページを高評価する傾向にあります。鮮度の高いコンテンツを提供するというのは、必ずしも新規でコンテンツを作らなければならないということではありません。新規コンテンツを作るよりも、既存のコンテンツを修正する方が工数は圧倒的に少なく済みます。また、新しく高順位を狙いに行くよりも、すでに順位がついているWebページの方が、上位表示を狙いやす場合があります。

以上のことから、アクセス数の増加の為に、既存コンテンツの修正=リライトをすることをお勧めします。なかなか検索順位が上がらずアクセス数を稼げない場合は、情報が古くないか、上位表示と比べてコンテンツが充実しているか、といった観点でリライトをするようにしましょう。また、競合記事が他に獲得しているキーワードを調査し、そのキーワードで対策することも手段としてあげられます。

検索順位は高いにも関わらず、クリック率が低いページに関してはタイトルタグやdescriptionタグを魅力的なものにし、訴求力をアップさせるようにしましょう。
また、検索順位は低いが、クリック率が高いページについては、検索順位が上がれば、さらにクリック率が上がると見込めるので、リライト対象であるといえます。

なお、リライトに関しては以下の記事で詳しく解説していますので、併せて参考にしてみてください。

リライトとは?記事コンテンツのSEO効果を高める方法

関心を引くタイトル・アイキャッチ画像にする 

ユーザーがそのページにアクセスするかどうかを判断する基準の一つとしてタイトル(titleタグ)があげられます。

タイトルは検索結果上で目を引くために重要な役目を担っており、したがってユーザーがクリックしたくなるような、魅力的なタイトルを付けることが重要です。また、タイトルは検索順位を決めるランキングシグナルにもなっているため、検索キーワード、およびWebページの内容と深く関連する文言を含めることで最適化するのが望ましいです。

詳しくは以下の記事を参考にしてみてください。

SEOに効果的なタイトル(titleタグ)を付けるコツ9選!順位上昇の秘訣や事例を紹介

同じようにアイキャッチ画像も関心を引くものを選びましょう。アイキャッチ画像とはページが開いたときに初めに目に入るの画像であり、ソーシャルメディアでシェアされるときに表示される画像です。これが魅力的であれば、本文を読まれる可能性が高まりますし、ソーシャルメディアで拡散される可能性も高まります。

ページエクスペリエンスの最適化

ページエクスペリエンスとは、ユーザーがWebページを利用するうえで不都合がないかという価値の尺度となる指標のセットを指します。2021年6月からGoogleの検索ランキングに、このページエクスペリエンスが反映されています。ページエクスペリエンスを最適化することで、ユーザーの利便性が高まり、Googleからの高評価につながります。

 Googleの「Core Web Vitals」の指標を意識する

2021年6月から段階的に、ページエクスペリエンスの一つである「Core Web Vitals」という指標がGoogleのランキングアルゴリズムに導入されています。Web Core Vitalsは3つの指標から構成されています。それぞれの概略と、よいユーザー体験としての評価「GOOD」の基準は次の通りです。どれもスコアの値が小さいほど良いと判断されます。

  • Largest Contentful Paint (LCP):ページの表示速度を測る指標。ページの読み込みを開始してから2.5秒以内に最も大きなコンテンツが表示
  • First Input Delay (FID):ユーザーの応答性を測る指標。クリックやタップしてから100ミリ秒以内にアクションに対して反応
  • Cumulative Layout Shift (CLS):視覚の安定性を測る指標で、レイアウトのズレや崩れを独自に数値化・評価。0.1未満のCLSを維持
出典:Web Vitals

Core Web Vitalsについて詳しくは、Googleの公式ページを参考にしてみてください。

モバイルフレンドリーに対応する

モバイルフレンドリーに対応することもページエクスペリエンスの最適化につながります。モバイルフレンドリーはGoogleの検索アルゴリズムの1つで、スマートフォンなどモバイル端末での閲覧に対応したサイトを上位表示させるものです。

2015年にPCとモバイルの検索数が逆転し、現在ではモバイルからの検索数の方が多くなっています。モバイルフレンドリーにすることはもはや必須です。自分のサイトがモバイルフレンドリーになっているかの確認は、Googleが無料公開している「モバイルフレンドリーテスト」で行うことができます。

モバイルフレンドリーについては、以下の記事で詳しく解説しています。併せて参考にしてみてください。

モバイルフレンドリーとは?スマートフォン対応でSEO順位を上げるポイントやテストの方法を解説

ユーザーエクスペリエンスの最適化

「ユーザーエクスペリエンス」とは、コンテンツの情報以外の部分にあたるユーザー体験、つまり「使いやすさ」を指します。このユーザーエクスペリエンスを最適化することで、アクセス数の増加に寄与したリ、満足度の高いコンテンツとして認知してもらうことができます。

読みやすい文章にする

誤字脱字や文法的に不適切な文章は、読みにくいという印象をユーザーに与えます。これはユーザーエクスペリエンスを下げてしまうということにもつながります。その他、一般的なユーザー向きでない難解な文章も、読後感を悪いものにしてしまいます。 

また、Googleで検索する際、誤字で入力すると「次の検索結果を表示しています:~~」と出ることからもわかる通り、Googleはある程度誤字脱字を検知する力があると考えられます。実際にGoogleのJohn Mueller氏はスペルや文法の誤りは品質問題があると判断され、検索順位に悪影響を及ぼす可能性があると示唆しています。※

以上の理由から誤字脱字のない読みやすい文章である必要があります。

ソーシャルボタンを設定する

ソーシャルボタンとは、以下の図のように、SNSなどでサイトURLの拡散を促すボタンのことです。ページの下部に設置されていることが多い傾向にあります。ソーシャルボタンを設定するのは、ユーザーの使い勝手の向上につながります。

ソーシャルボタン設定は、Webページに満足したユーザーのアクションを促します。コンテンツがシェアしやすくなるため、当然、アクセス増加に寄与します。

ソーシャルボタンを説明する図

内部リンクの最適化

内部リンクとは自社サイト内のページ同士をつないだリンクを指します。Googleはこの内部リンクをたどりながら(クローリング)、Webサイトやページの評価を行うので、必ず取り組むべき施策です。また、関連するページ同士でリンクをつなぐことで、ユーザーのサイト内回遊を促し、アクセス数を増加させることができる点も対策すべきメリットです。

内部リンクの具体的な設置方法は以下の5つです。

  • リンクはアンカーテキストとして設置、テキストにはキーワードを含める
  • 関連のある内容のページにリンクする
  • パンくずリストを作る
  • サイトマップを作る

アンカーテキストに設置し、キーワードを含める

アンカーテキストとは以下の図のように、他のページのリンクが貼り付けられた文章を指します。

アンカーテキストを説明する図

言及している内容と関連しているページへリンクをつなぐのが一般的です。このアンカーテキストを設置することでSEO効果やユーザービリティが向上するといったメリットがあります。なお、アンカーテキストを設置する際は、遷移先ページのキーワードを含ませて、ページ内容に関連した文言にすることがSEOとして有効になります。

関連のある内容のページにリンクする

言及しているトピックについて、他により詳しく言及している記事があればリンクをつなげるようにしましょう。当記事においても、ここまでいくつか内部リンクで別の記事を掲載しています。

ユーザーニーズを満たすためには、ひとつのWebページ内で質疑応答を完結させることが重要ですが、補いきれないケースも往々にしてあります。その際は、関連のある内容について述べている別のページに遷移させることで、ユーザーがWebサイト内でニーズを満たすように内部リンクを組み立てます。

パンくずリストを作る

パンくずリストとは以下の画像のように、ユーザーがいま滞在しているページが、Webサイト全体のどこに位置しているのか、階層構造をリストで表したものです。このパンくずリストを作ることによって、「ユーザーの利便性」と「クローラーの巡回しやすさ」が向上する効果があります。

パンくずリストを説明する図

サイトマップを作る

サイトマップとは以下の図のように、サイト内のページリンクをマップ形式で表した「HTMLサイトマップ」と、検索エンジンのクローラーにコンテンツを認識させる「XMLサイトマップ」があります。

HTMLサイトマップは、Webサイトの地図の役目を果たすためユーザーの利便性を高め、XMLサイトマップは「クローラーの巡回しやすさ」の向上につながります。

サイトマップを説明する図

出典:https://www.cinc-j.co.jp/sitemap/

同業界のインフルエンサーにインタビューする

同業界の著名人にインタビュー・記事化することで、そのコンテンツへの注目度が高まり、波及的効果として、Webサイトへのアクセス数の増加などに寄与します。

著名人へのインタビューをコンテンツにして公開することで、具体的に次のような効果が得られます。

  • 自社サイトへのアクセスが増える
  • 自社サイトの知名度・信頼性が高まる
  • インタビューされた人が拡散してくれる可能性が高い

アクセス状況を分析し改善する

Googleアナリティクスを使ってWebサイトの状況を分析し、その結果をもとにボトルネックとなっている部分を改善します。分析する際、とくにチェックすべき点は次の4つです。

  • ユーザーの属性(特に使用デバイス。その他サイトの属性に応じて性別・地域など)
  • ページへの流入経路(検索、広告、リンクなど)
  • ランディングページはどこか(サイト訪問時に初めに見たページ)
  • ユーザーの行動フロー(ページ間の移動、滞在時間など)

例えば、広告からの訪問者が多いが、ほとんどがすぐに離脱していると判明したとします。その場合は、ランディングページを改善する必要があります。広告と内容がマッチしているか、内容のクオリティはどうかといったことを点検して改善します。

アクセスを増やす最終的な目標がコンバージョン(商品販売・資料請求など)である場合も多いでしょう。その際は、ターゲットの属性など、コンバージョンにプラスとなるアクセスを増やすことを意識してください。

Googleアナリティクスでアクセス状況を分析する方法を解説する図

競合サイトを分析し打ち手を見つける

上位表示されているサイトは検索エンジンに高く評価されているサイトです。何が高く評価されているのかを分析することで、自社サイトの改善のヒントが見つかります。

具体的には次の3点を分析しましょう。

  • 自然検索経由のアクセス(キーワードの獲得順位、上位獲得キーワード数、想定流入数)
  • 広告(種類・内容など、どんな広告を出しているのか)
  • コンテンツ(内容、質、量、滞在時間など)

自然検索(一般的な検索結果)経由のアクセスを分析することで、競合のSEO流入施策の状況や、自社で対策した場合の想定アクセス数が分かります。たとえば、競合が対策しているキーワードでWebページを作った場合や、あるいは競合が対策できていないキーワードでWebページを作った場合、などが想定されます。これは広告対策でも同様です。

また、すでに評価されている上位コンテンツを調査することで、ユーザーニーズやコンバージョンにつながるポイントなどが分かります。なお、競合サイトのアクセス数などを分析する方法は後ほど解説します。

SNSでシェアする

SNS(ソーシャルメディア)で積極的にシェアをしてアクセス数の増加に努めましょう。SNSは、基本的に無料で運用することができ、利用者が膨大な点が大きなメリットです。

SNSで拡散しやすくするためには、次のような運用が有効です。

  • 高品質のコンテンツを投稿する
  • 定期的に投稿する
  • アイキャッチ画像を工夫する
  • ターゲットと近しい属性のフォロワーを増やす
  • いろいろなサービス(例:Twitter、Facebook、Instagram)で運用する
  • 普段からフォロワーと交流する

ただし、フォロワーが増えて効果が出るようになるまで一般的には時間がかかること、炎上させないようコンプライアンスに従って運用するといった注意が必要です。

 フォロワーを増やし、売上を作るTwitterの総合運用ツールはKeywordmap for SNS

広告を活用する

広告は手っ取り早くアクセス数を増やすことのできる方法です。代表的なWeb広告は以下になります。

  • リスティング広告
  • ディスプレイ広告
  • ネイティブ広告
  • 純広告・バナー広告
  • 記事広告
  • SNS広告
  • メール広告

ただしやり方によっては結果に大きく差が出る方法でもあります。方針を明確にしてから行わないと、効果が得られずせっかくの広告費を無駄遣いしてしまうことになりかねません。事前に次の点について明確にしておきましょう。

  • アクセスアップの目的(認知度アップ・販売・リスト取りなど)
  • どんな人にサイトを見てほしいか:ペルソナの作成

広告を活用する場合、最終的な目的はほとんどが売上の増加ではないでしょうか。その場合は「どんな商品を・どんな人に・どれぐらい販売したいか」を明確にしておきましょう。商品と目標販売数が決まれば、得られる利益が計算できます。そこから逆算して、どれくらい広告に費用を投下するかも決まるでしょう。また、費用対効果などを考えながら、いろいろな種類があるWeb広告の中から自社に適した広告を選び、具体的な内容を決めていきましょう。

他社媒体に掲載してもらう

少し意外かもしれませんが、他社媒体にURLの掲載を依頼して、そこからアクセス数を増やすという方法があります。当然、流入数の多いWebサイト、あるいは順位の高いWebページであれば、自社のページへの流入にも期待が持てます。

このとき、掲載先のメディアの読者層が、自社メディアで取り込みたい顧客層と一致していることが重要です。ズレがある場合は効果が見込めないので注意しましょう。

各種資料にURLを掲載する

営業資料、ホワイトペーパー、カタログ、チラシやパンフレットなど、各種資料にWebページのURLを記載しましょう。URLを掲載して問題がない、不自然ではない場合は、積極的に露出を増やすことがアクセス数の増加に大きく役立ちます。

また、オフライン媒体に掲載した場合は、Webとは違う層の人たちにアピールできる可能性があります。

イベントや会議で紹介する

セミナー・ウェビナー(オンラインセミナー)、あるいはカンファレンスなどのイベントには、自社ビジネス領域、あるいは自社商品やサービスに興味のある人が集まるのが一般的です。そこで自社のWebサイトを紹介すれば、アクセスしてくれる可能性が高まります。

また、社外会議においては取引先や同じ業界の人が集まります。そのような場で紹介しておけば、サイトに訪問してもらえるばかりか、場合によってはビジネスパートナーになる可能性も生まれます。

アクセス数は買える?

「いったんお金を払ってしまえば、あとは自動的にアクセスが増える」ような仕組みはありません。言い換えれば、アクセス数を買うことはできないということです。

しかし、お金を払ってアクセス数を増やすことは可能です。たとえば、それは「広告を出す」、あるいは「コンサルしてもらう」などの方法です。どちらの場合も、目的・目標を明確にしておくことが大前提で、そのうえで自社に合った広告、コンサルティング会社を選ぶことが成果創出への近道です。

広告は、おもに販売やお申込み、資料請求といった売上に直接関わる目的と、ターゲットとなるユーザーを集客するという目的のときなどに利用されます。Web広告にはいくつか種類があります。中でも、検索結果に連動して表示される「リスティング広告」は、検索結果の上位に表示されることから※、ニーズが顕在化しているユーザーを集客しやすいので、効率的です。そのほか、ディスプレイ広告・リターゲティング広告・バナー広告、SNS広告など様々な種類のWeb広告があります。

また、Webコンサルティング会社に関してはそれぞれ得意分野があります。自社の業種・目的に合うところを選びましょう。アクセスアップが目的なら、コンテンツマーケティング・広告運用・LP制作に強みのある会社がおすすめです。成果が出るまでにかけられる費用・時間をもとに検討しましょう。

 ※リスティング広告を上位に表示するには、費用と、キーワード、広告クリエイティブ、ランディングページなどの総合的な品質が関わってきます。

アクセス数を増やすために役立つツール 

「導入したらあとは自動でアクセス数が増えるツール」は存在しません。ツールは、継続的に活用することで、Webサイト・ページを改善してアクセス数を増やすことが、その役割になります。

具体的には、ツールを使ってWebサイトのアクセスを分析し、その結果をもとにボトルネックを改善するという方法です。本章では自社サイト・他社サイトのアクセス数を分析する方法を紹介します。

Webサイトのアクセス数を分析する方法

アクセスを分析するツールは数多くあります。有料・無料、自社のみ分析、自社+競合分析、その他機能にも違いがありますが、ここでは無料の公式ツールであるGoogleアナリティクスを例に、自社Webサイトの分析方法を解説します。

一部ですが、具体的には以下のような指標をチェックすることができます。改善のヒントも併記しますので参考にしてみてください。

Googleアナリティクスで自社サイトを分析する方法を解説する図
  • ユーザーの訪問状況の概略:「ユーザー」→「概要」で表示
    ⇒急な増減があった場合は原因を調査する
  • コンバージョン数:「コンバージョン」→「目標」→「概要」で表示
    ⇒達成状況を確認し、施策決定や目標設定の参考にする
  • ユーザーの使用デバイス:「ユーザー」→「モバイル」→「概要」で表示
    ⇒割合の高いデバイス向けサイトから優先的に改善する
  • ユーザーの流入元:「集客」→「すべてのトラフィック」→「チャネル」で表示
    ⇒訪問数×コンバージョン率のバランスを見て、流入元に応じた改善方法を策定する
  • ユーザーのランディングページ:「行動」→「サイトコンテンツ」→「ランディングページ」で表示
    ⇒多くの人が最初に見ているページを優先的に改善する
Googleアナリティクスで自社サイトを分析する方法を解説する図2
  • 各ページのアクセス状況:「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」で表示
    ⇒一番多く見られているページを優先的に改善する

アクセスを分析することによって、効率よく短時間で改善の成果を上げるために、どこから着手するべきかについて、把握することができます。
なお、Webサイト分析やGoogleアナリティクスについてさらに詳しく知りたい方は、以下の記事で解説していますので、あわせて参考にしてみてください。

自社と競合Webサイトのアクセス数を調べる方法!4つの解析ツールも紹介

他社サイトのアクセス数を分析する方法

上記、アクセス数を増やす方法でも記載しましたが、競合サイトの戦略を分析することで、自社に可能な打ち手が見つかることがあります。弊社の競合分析ツール「Keywordmap」では、競合サイトのアクセス状況のほか、様々な指標を分析することが可能です。競合分析の際はぜひ活用を検討してみてください。

所定の欄に調査したい競合サイトのURLを入力し、検索すると、以下のようにトラフィック数の推移がグラフで表示されます。

Keywordmapで競合サイトを分析する方法を解説する図

Keywordmap:サイト流入分析機能

また、指定した競合サイトがどんなキーワードで対策しているのか、および流入数の多いページはなにか、といったデータを抽出します。キーワードについては、現状の順位や検索ボリューム、想定アクセス数が一目で分かるので、仮に自社で対策したば場合に、どのような効果が得られるのか、簡単にチェックできます。

Keywordmapで競合サイトを分析する方法を解説する図

Keywordmap:サイト流入分析機能

また、Keywordmapには、自社Webサイトと競合Webサイト(複数)を比較する機能もあるので、たとえば、以下のようなキーワードデータを抽出できます。

  • 競合だけが対策しているキーワード
  • 競合と自社が対策しているキーワード
  • 自社だけが対策しているキーワード

効果的なキーワードを、競合を定量的に分析した結果として洗い出すため、最短でアクセス数の増加を実現します。

無料トライアルを行っていますので、まずはお試して競合を分析してみましょう。

まとめ

ここまで、アクセス数を増やす方法から、数値の分析方法まで解説しました。
せっかくWebサイトを運営しているのなら、当然多くのアクセス数を稼げたほうが良いに越したことはありません。本記事を通じて、Webサイトのアクセス数を増やすための一助になれば幸いです。

SHARE
この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。詳しくはこちら⇒https://keywordmap.jp/