コンテンツマーケティング

AIライティングツールおすすめ11選!失敗しない選び方やSEOへの影響を解説

多くの企業でコンテンツマーケティングが盛んになっている昨今、日々の業務と並行しながらコンテンツ制作を進めるのが現場の大きな負担となっています。そこで注目を浴びているのがAIを活用したライティングです。自社のコンテンツ制作の一部をAIツールに代替させたいと考えている担当者の方も多いのではないでしょうか。

公開日: 2023-07-18 最終更新日:

AIを活用してライティングを行えば作業工数を大幅に削減できますが、一方で品質を低下させるリスクもあります。検索エンジンによっては順位を下げられてしまうこともあるため、利用には細心の注意を払う必要があります。

今回は、SEO記事制作にも活用できるおすすめのAIライティングツールを紹介し、SEOに強い記事を作成するためのコツを合わせて解説していきます。事前に運用チームをつくり、人間とAIの協働体制を構築していきましょう。

AIライティングとは

AIライティングとは、何かテーマを与えることで、テキスト系生成AIが文章を自動生成することを指します。自然言語処理技術の発達によってAIのライティングレベルは日々進歩しており、違和感のない文章を短時間で生成することが可能になっています。

一方で、まだ完璧には程遠いといわざるを得ません。人の介入が全くないAIによるライティングは、ユニークさや洞察に欠けた無味乾燥としたコンテンツになりやすく、読者を満足させることは難しいでしょう。

したがって現在のところ、AIライティングはコンテンツ制作の補助として使うのが無難であり、記事構成案の作成や草稿のライティングとしてAIを用いることが推奨されています。ツールを活用する際には注意するようにしましょう。

昨今の生成AIブームのおいて特にテキスト生成AIの発展はすさまじく、「ChatGPT」に代表されるような高精度な文章を生成するライティングツールが続々と登場しています。各種AIライティングツールは既に様々な業務を代替しており、例えば「広告のキャッチコピー」や「業務メールの自動生成」、「SEO記事の作成」などに用いられています。

当記事では、とくに記事コンテンツ制作に役立つAIライティングツールに焦点を当てて紹介します。

無料トライアルでChatGPTを使ったAI記事作成機能を使って、簡単に記事を作成できます。
30秒で簡単登録!Keywordmapで記事を作成してみる。

SEO記事作成に使えるAIライティングツールおすすめ11選

今回はAIライティングの中でも注目度の高い「SEO記事作成」に応用できるAIライティングツールを紹介していきます。

  • ChatGPT
  • Keywordmap
  • Catchy
  • AI SEOライターツール
  • Transcope
  • Xaris
  • Emma Tools
  • AI Works for writing
  • 大規模言語AI ELYZA
  • Jasper AI
  • PlayAI(ぷれあい)

※注意

SEO記事作成に活用できるツールを紹介しますが、これらは検索順位を保証するものではありません。AIが出力したコンテンツをそのまま公開するのではなく、あくまでも参考として活用し、ファクトチェックや追記・加筆を人間の手で行うことを強く推奨します。

ChatGPT

chatgpt

ChatGPTは、OpenAI社が提供するテキスト生成AIツールで、(GPT-3およびGPT-4というバージョンがある)GPTという言語モデルを使用し、入力した文章(プロンプト)に対する回答をAIが自動生成する機能をもちます。

ChatGPTは汎用的なテキスト生成を意図して設計されているため、SEO記事のタイトルや見出し、本文の出力には少々コツが必要となります。プロンプトエンジニアリング(生成系AIを効率的に扱う技術)に関する一定のノウハウがないと、意図した高いレベルのSEO記事を出力するの難易度は高いといえるでしょう。

そこでおすすめなのが拡張機能です。GoogleやChatGPTには、ChatGPT利用をサポートする様々な拡張機能が用意されています。たとえば、Googleの拡張機能の「AIPRM for ChatGPT」は、世界中のプロンプトエンジニアが考案したプロンプトを閲覧・コピペすることが可能で、「SEO記事に適した文章」を出力に役立ちます。

▼「AIPRM for ChatGPT」で文章を作成した例

「AIPRM for ChatGPT」で文章を作成した例
プラン(費用)
  • フリー:無料
  • ChatGPT Plus:20ドル/月
トライアルの有無なし

Keywordmap

Keywordmap

Keywordmapは、検索結果上で上位表示させるための「SEO」を意識した記事構成案の作成が可能です。

対策キーワードを入力すると、AIが自動で構成案を提示してくれます。

検索エンジンに評価されるコンテンツを作るためには、質の高い構成案にすることが非常に重要ですが、時間のかかる作業です。Keywordmapを活用することで、工数を削減しながら高品質な記事を執筆しやすくなります。

まずは無料トライアルで使ってみましょう。

▼Keywordmap「AIで記事構成案」機能

AI見出し作成ツール
プラン(費用)要問い合わせ
トライアルの有無1週間の無料トライアル有り

Catchy

Catchy

Catchyは、株式会社デジタルレシピが運営するテキスト自動生成ツールです。

SEO記事だけでなく、広告のキャッチコピーやYouTubeの企画、新規事業のアイデアなど、多様なビジネスアイデアを出力できます。

SEO記事作成モードでは、作成したい記事のトピックやタイトルを入力した後に、質問に答える形で記事の概要や含めたい話題を入力していきます。画面上の質問に回答するだけで記事が自動生成されるため、記事作成の負担が大幅に軽減されるのがメリットです。

ただし、作成された文章の品質向上には人間の加筆が必要であり、全ての作業をAIに任せられるわけではありません。AIが生成した文章を複数の人間で確認する体制を構築しておきましょう。

プラン(費用)
  • フリー:無料(10クレジット)
  • Starter:3,000円~/月(100クレジット)
  • Pro:9,800円/月(無制限)
  • Enterprise(独自生成ツール作成プラン):要問い合わせ
トライアルの有無なし

AI SEOライターツール

AI SEOライターツール

AI SEO ライターツールは、メディアエクイティ株式会社が運営するAIライティングツールです。

SEOキーワードを入力するだけで検索ニーズを類推し、SEO記事のアウトライン(目次)を作成できます。また、各章ごとに執筆すべき内容も箇条書きで示してくれることから、SEO記事の構成作成業務の負担を大幅に削減することが可能です。

SEO記事の本文執筆を行う機能は搭載されていないため、他のAIツールと併用するなどして効率化を図るとよいでしょう。プランによって利用できる機能に差があるため、導入前に確認しておく必要があります。

プラン(費用)
  • フリー:無料
  • エディタツール:月額10,780円(税込)
  • 共用サーバー:月額43,780円(税込)
  • 専用サーバー:月額110,000円(税込)
    トライアルの有無1週間無料トライアル

    Transcope

    Transcope

    Transcopeは、シェアモル株式会社が運営するAIブログ記事作成ツールです。

    入力したキーワードや上位表示コンテンツを軸に、AIが自動でSEOに強い文章を生成します。

    SEOにおいてはニーズ調査が重要になりますが、Transcopeは上位記事の見出し構成からSEOに強い文章を生成しており、他にもCSVからのテキスト生成、画像ファイルからのテキスト生成などにも対応しています。様々なメディア情報を処理できるマルチモーダルといえばChatGPTが有名ですが、実際に記事として活用できるツールとしてはTranscopeがおすすめできます。

    プラン(費用)
    • フリー:無料(4,000字)
    • Basic:10,000円/月(40,000字)
    • Pro:35,000円/月(200,000字)
    • Enterprise:60,000円/月(600,000字)
    トライアルの有無なし

    Xaris

    Xaris

    Xarisは、株式会社スタジオユリグラフが運営するAIブログ記事作成ツールです。

    チャットの質問に答えるだけでAIが自動でSEO記事のタイトル・見出し・本文を出力してくれます。出力されたテキストが気に入らない場合は再度抽出することも可能で、文章の精度を高めていくことが可能です。

    プランも1,280円/月~あるため、「試しにAIブログ記事作成ツールを使ってみたい」という人にもおすすめできます。

    プラン(費用)
    • STARTER:1,280円/月(リクエスト上限:100回)
    • ADVANCE:3,980円/月(リクエスト上限:400回)
    • PRO:12,800円/月(リクエスト上限:800回)
    • BUSINESS:39,800円/月(リクエスト上限:2400回)
    トライアルの有無なし

    Emma Tools

    Emma Tools

    Emma Toolsは、株式会社EXIDEAが運営するSEOライティングツールです。

    AI自動文章生成機能が搭載されており、タイトル・見出しの作成を自動化してくれます。また、Emma Toolsには作成したタイトル・見出し・本文の状況から独自でコンテンツスコアリングを行う機能も搭載されているため、SEO対策初心者でもテーマ網羅性・キーワード比率などに気を配りながらコンテンツを作ることができます。

    さらに公開記事の健康状態をチェックする機能や、検索順位計測を行う機能も搭載されているため、アクセス解析ツールとしても活用可能です。

    企業プラン(費用)
    • for Team:25,000円(税抜き)
    • for Team+:55,000円(税抜き)
    個人プラン(費用)
    • for Personal:1,980円(税抜き)
    • for Personal+:5,980円(税抜き)
    トライアルの有無あり(要問い合わせ)

    AI Works for writing

    AI Works for writing

    AI works for writingは、株式会社デジタルレシピが運営するAIライティングツールです。

    GPT-3搭載のコピーライティングツール「Catchy」の開発ノウハウを踏まえ、記事のアイデア出しや文章作成をよりスムーズな形でサポートできるように進化しました。

    他にも、Catchyと同様に様々なビジネスシーンで活用でき、広告キャッチコピーやメルマガタイトル作成、プレスリリース作成、SNSテキスト生成などに応用できます。AI Works for writingには無料プランも用意されているほか、有料プランに切り替えることで無制限で利用することができます。

    プラン(費用)要問い合わせ(無料プラン、有料プラン)
    ※個人事業主の利用不可
    トライアルの有無あり(要問い合わせ)

    大規模言語AI イライザ

    大規模言語AI ELYZA

    大規模言語AI ELYZAは、株式会社 ELYZAが運営するAIライティングツールです。

    ホワイトカラー業務のDXにフォーカスしたサービスを展開しており、「文章要約サービス(ELYZA DIGEST)」と「文章執筆サービス(ELYZA Pencil)」をデモ版で公開しています。

    文章執筆サービスでは、ニュース記事やメール文、職務経歴書を2~8個のキーワード入力で自動生成できます。SEO記事の本文に応用するには手直しが必要ですが、記事作成のアイデアがほしい場合に利用するとよいでしょう。

    プラン(費用)要問い合わせ
    トライアルの有無

    Jasper AI

    Jasper AI

    Jasper AIは、Jasper AI, INC.が運営する海外製のAIライティングツールです。

    日本語の出力にも対応しており、ブログ記事の本文生成やセールスレター作成、SNS投稿文生成などを行うことができます。ただし、UIは英語表記になっているため、現場社員との相談の上で利用を検討する必要があります。

    プラン(費用)
    • Creator:49ドル/月
    • Teams:125ドル/月
    • Business:要問い合わせ
    トライアルの有無7日間の無料トライアルあり

    PlayAI(ぷれあい)

    PlayAI(ぷれあい)

    PlayAI(ぷれあい)は生成AIを用いた日本語文章作成ツールです。

    ユーザー登録やアカウント発行なども不要で、すぐに利用することができます。入力には執筆したいテーマ・ブログ記事の冒頭を書き込む必要があるため、アイデアが浮かばない方は他のAIツールでアイデア出しを行ってから利用するとよいでしょう。

    現状は生成精度に課題があり、文章の生成に2~3分かかるほか、生成された記事もそのまま活用することはできません。他のAIツールと併用するなどして、生成されたコンテンツの品質向上に努める必要があります。

    プラン(費用)フリー:無料
    トライアルの有無なし

    AIライティングツールの選び方

    今回紹介したAIライティングツールは、そのほとんどがOpenAI社が開発したChatGPT、およびその言語モデル(GPT)のAPIを使用しています。プロンプトによって違いは出ますが、概ねアウトプットされるコンテンツ自体に大きな差は生まれません。

    そのため、Aiライティングツールを選ぶ際は、次のような点に注目して比較・検討を行いましょう。

    • トライアルの有無
    • 日本語への対応
    • 使いやすいUI
    • サポート体制の有無
    • 費用

    トライアルの有無

    有料ツールの場合、まずは「トライアルの有無」を確認しましょう。

    どんなAIライティングツールも実際に試してみて初めて運用する感覚が分かるため、無料で利用できるか、あるいは無料利用期間が設けられているか、といった点を確認することが重要です。

    人気があるツールでも、自社の運用体制やリソースには適さないケースもあるため、必ず試用できるツールを選ぶようにしましょう。

    日本語への対応

    AIライティングツールが搭載している言語モデルによって、日本語の出力精度にばらつきが生じます。一概にどの言語モデルの性能が良いとはいえないため、これも実際に出力を試してみて判断する必要があります。

    ちなみに同じ精度を持つモデルでも、入力するプロンプトを工夫することで異なる生成を引き出すこともできます。chatGPTのようにアウトプットの質がプロンプトの質に完全に依存するようなツールを活用する場合は、同時にプロンプトエンジニアリングなども勉強するとよいでしょう。

    使いやすいUI

    AIライティングツールの多くは、生成モデルやプロンプトエンジニアリングをよく理解していないユーザーでも利用できるように直感的なUIが採用されています。

    また、質問形式でAIと会話をしながら徐々にタイトル・見出し・本文を生成していくツールもあるため、現場担当者が使いやすいUIをヒアリングし、その上でAIライティングツールを選ぶことが重要です。

    サポート体制の有無

    AIライティングツールの中には、AIが生成した文章を人間がリライトするサービスを行っているものや、編集チームで記事品質の向上を図っているものなどがあります。

    こうしたAIライティングならではのサポート体制も事前に確認し、自社リソースに適したサービスを適宜利用できるようにしておきましょう。

    費用

    AIライティングツールの多くが月額課金制の料金形態を採用しているため、まずは少額のプランからスタートし、現場の利用頻度や進捗状況からアップグレードを検討しましょう。

    また、AIライティングツールによっては、企業向けプランとしてフルカスタマイズを行っているタイプもあります。自社用にカスタマイズして利用したい場合にも、初期費用や月額のランニングコスト、追加オプションなどをチェックしておきましょう。

    AIライティングとSEOの関係性は?悪影響はない?

    記事制作の工数を大幅に削減できるAIライティングですが、AIライティングツールによって作成された文章はSEOに悪影響を与えることはないのでしょうか。

    結論から言うと、AIツールで生成されたコンテンツ全てが低評価を受けることはありません。Googleがランキングシステムに採用しているE-E-A-T(ダブルイーエーティー)の内容を満たしていれば、たとえAIツールが生成したコンテンツであっても高い評価を得ることができます。

    AI 生成のものを含め、自動化を利用したコンテンツすべてがスパムであるとは限らないことを認識することは重要です。自動化はこれまでも長い間、スポーツの試合結果、天気予報、文字起こしなどの有用なコンテンツの生成で使用されてきました。AI は表現と創作の新しいかたちを生み、優れたウェブ コンテンツの作成に役立つ重要なツールとなる力を備えています。

    (中略)

    コンテンツの作成方法を問わず、Google 検索で成功を収めるには、E-E-A-T の品質を満たす、オリジナルで高品質な、ユーザー第一のコンテンツの制作を意識する必要があります。

    AI 生成コンテンツに関する Google 検索のガイダンス|Google検索セントラル

    Googleでは以前から検索結果のランキング操作を目的としたスパム行為に対し対策を講じており、様々なタイミングで成果を挙げてきました。こうした経験から、Googleは「AI生成コンテンツの全てがスパムであるとは限らない」という見解を示しており、ランキングシステムにも同様のアルゴリズムを反映しています。

    ただし、Googleのジョン・ミュラー氏は、以下のような見解を示しています。

    AIが書いた記事は基本的に自動生成コンテンツのカテゴリに分類されるでしょう。これは、ウェブマスター ガイドラインのほぼ最初の頃から規定されていたことだと思います。

    そして人々は、さまざまな方法でコンテンツを自動的に生成してきたが、機械学習ツールを使用してコンテンツを生成している場合、それは基本的に、単語をシャッフルしたり、同義語を調べたり、翻訳したりしているのと同じです。昔の人はそうしたことをやっていたが、私たちにとって、それは依然として自動生成されたコンテンツです。つまり、それは依然として自動生成されたコンテンツであるということであり、ウェブマスター ガイドラインに違反しているため、スパムとみなすだろう。

    English Google SEO office-hours from April 1, 2022

    また、AIが作成したコンテンツを公開していたサイトが検索順位の圏外に飛ばされてしまった事例なども、Twitter上で報告されています。

    つまり、AIでライティングを効率化しようとしても、最終的にはページを公開する前に人の手によるチェックや検閲が必要です。

    AIライティングを使用する場合の注意点

    工数の削減、再現性の確保といった大きなメリットがあるAIライティングですが、SEO記事の作成などで使用する際には、以下のような注意点を頭に入れておかなければなりません。

    • 情報が正確でない可能性がある
    • 生成精度がモデルやプロンプトに依存する
    • AI生成文章のクセが残る

    情報で正確でない可能性がある

    AIライティングで最も注意すべきなのが「情報の正確性」です。生成AIは文章を単語の関連性(確率)で紡いでいるため、事実に基づいていない文章を生成することがあります。

    上位表示されるような記事には、E-E-A-Tでも示されているように経験や事実に基づくライティングが必要とされます。また、事実とは異なる誤った情報を公開した結果、企業としての評価を毀損することも考えられます。

    したがって、AIに文章を執筆させる際は、情報の正確性を確認するファクトチェックの業務を強化する必要があるでしょう。

    生成精度がモデルやプロンプトに依存する

    テキスト生成AIの多くは、文章を単語の関連性(確率)から紡いでおり、文脈や単語の文化的背景を踏まえていないという特徴があります。また、文章の生成精度が、モデルの性能や入力プロンプトに依存しているため、全てのユーザーにとって必ずしも良いテキスト生成が行えるとは限りません。

    質の高い文章を生成したい場合は、日本語出力性能の良いモデルを搭載したAIライティングツールを活用するか、プロンプトエンジニアリングを勉強する必要があります。

    AI生成文章のクセが残る

    AIライティングで作成した文章には、AIライティング特有の文章のクセが残ってしまいます。例えば、「~です」という文末表現が3回連続続いたり、「これにより」といった定型的なまとめの書き方が繰り返されてしまったりします。

    人間のライターが執筆した文章であれば、こういった日本語的に違和感を覚える表現は避けられますが、生成AIにはこの違和感が理解できないため、自然と出力してしまう傾向にあります。生成をやめてほしい単語がある場合は、プロンプトに「出力時に使用を禁止するよう指定する」と制限を設ける対応が必要になります。

    AIライティングでSEOに強い記事を作成するコツ

    非常に便利な生成AIによるライティングですが、ここまで紹介してきた通り欠点も持ち合わせており、出力されたコンテンツをそのまま記事として公開することは、SEO上控えた方がよいと考えられます。

    もし、AIライティングを用いてSEOに強い記事を作成したいのであれば、以下のコツをおさえるようにしましょう。

    • 専門家・監修者・編集チームで校閲を行う
    • 必要に応じて人間が加筆する
    • リライトで継続的に記事の質を高める

    専門家・監修者・編集チームで校閲を行う

    AIライティングツールが生成した文章は、事実に基づいていない執筆を行っている可能性があるため、ファクトチェックを実施する必要があります。

    また、生成AIの多くは確率的に文章を出力するため、無難な回答を行ってしまう傾向にあり、記事の質が下がってしまうのが欠点です。そのため専門家や監修者、編集チームで校閲を行い、事実確認や専門要素の追記などを行うことが求められます。

    必要に応じて人間が加筆する

    AIライティングツールが生成する文章は、人間のライターが執筆する場合と違って、前のトピックや文章を引き継いでいないケースがあります。

    モデルの性質上、文脈を理解せずに確率的に文章を出力するため、ある話題が丸ごと抜け落ちていたり、論理が飛躍したりするデメリットがあります。読者にとって理解しやすい文章ではない場合も往々にしてあるでしょう。

    こうしたリスクを想定し、必要に応じて人間が加筆を行うことが大切です。E-E-A-Tで評価される「経験」や「専門性」には人間による生きた情報が必要不可欠であり、このような読者にとって有益な情報が含まれているかどうかがSEOに強い記事の最も重要なポイントです。

    リライトで継続的に記事の質を高める

    使用するAIライティングツールにもよりますが、生成される文章・記事の多くは説明が不足しており、SEO記事としての品質を満たしていないケースが多々あります。

    人間の手を加えても、文字数が不足していたり、サジェストキーワード等のニーズを網羅できていなかったりする場合は、公開した後も継続的なリライトで品質を高めるていくことが重要です。

    AIライティング まとめ

    AIによる自動ライティングについて解説しました。

    当記事で紹介したAIライティングツールは以下の通りです。

    • ChatGPT
    • AI SEOライターツール
    • Catchy
    • Keywordmap
    • Transcope
    • Xaris
    • Emma Tools
    • AI Works for writing
    • 大規模言語AI ELYZA
    • Jasper AI
    • PlayAI(ぷれあい)

    AIライティングは従来のSEO記事作成の工数を大幅に圧縮し、施策のPDCAを高速化することが期待されています。

    しかし、AIによって生成された文章は、情報の正確性や網羅性といった観点から低品質コンテンツとしてGoogleに判断される恐れがあります。そのためAIライティングツールを利用する企業の担当者は、AI生成コンテンツのリスクを十分に理解し、複数の人間によるチェック体制を構築して対応することが重要です。

    この記事を書いたライター
    Keywordmap編集部
    デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。
    詳しくはこちら

    無料メルマガ登録

    Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

    ITreview LEADER 2021 Summer

    Keywordmapのカスタマーレビュー

    *

    ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

    良いポイント

    • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
    • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
    • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

    *

    初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

    良いポイント

    • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
    • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
    • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

    *

    機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

    良いポイント

    • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
    • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
    • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利
    ×