SEOタイトル
コンテンツマーケティング

SEOに効果的なタイトル(titleタグ)を付けるコツ9選!順位上昇の秘訣や事例を紹介

SEOの内部施策として、基本でありながら重要な項目となるのが、Webページの「タイトル(titleタグ)」です。

競合分析をしながら質の高いコンテンツを作成しているのに、なかなか上位表示されない……。

上記のようなお悩みを持たれている場合は、「タイトル」の編集だけで、大きな効果を発揮するかもしれません。今回はSEO施策における重要項目、「タイトル(titleタグ)」の必要性や効果的なつけ方・注意すべきポイントについて紹介します。

タイトル(titleタグ)とは?

「titleタグ」とは、ページを構成するhtmlタグの一つで、「Webページのタイトル」を意味します。

例えば、とうWebページにおいては「SEOに効果的なタイトル(titleタグ)を付けるコツ9選!順位上昇の秘訣や事例を紹介」がtitleタグとなります。

titleタグは、Googleなどの検索エンジンにおける検索結果画面において、「descriptionメタタグ」で設定した説明文とともに以下の図のようにテキストで表示されます。このtitleタグ と description メタタグの2つは、検索結果画面において、サイトの内容を要約し、ユーザーに伝える役割を果たします。

SEOタイトル

詳しくは後述しますが、ユーザーは基本的に検索結果画面を経由してWebページに流入するので、検索結果画面に表示されるtitleタグが重要であることは言うまでもないでしょう。

なお、descriptionメタタグ(ディスクリプション)についての詳細は、こちらで紹介していますので、合わせて参考にしてみてください。

titleタグの見方

titleタグの付け方の前に、まずtitleタグをチェックする方法について解説します。

titleタグは、基本的に以下の三つの方法で確認できます。

  1. ページソースを表示(ページのソースを表示 or Ctrl+U)
  2. ブラウザのタブにカーソルを合わせる
  3. chromeのデベロッパーツールで確認(CtrlF⇒title)
titleタグの確認方法

titleタグの設定がSEOで重要な理由

titleタグの設定は、下記、3つの背景から重要となります。

内部施策において評価されるポイントとなる

SEOの内部施策において、titleタグが重要となる理由として、「titleタグがページにおける検索順位に大きく影響を与える」点があります。最後に言及しますが、当ブログのいくつかの記事において、titleタグの変更だけで順位が大幅に上昇したことも、それを裏付けています。

SEOの内部施策において、titleタグが重要となる理由として、「titleタグがページにおける検索順位に大きく影響を与える」点があります。最後に言及しますが、当ブログのいくつかの記事において、titleタグの変更だけで順位が大幅に上昇したことも、それを裏付けています。

titleタグは検索エンジンに、コンテンツの内容を伝える役割を果たします。Googleは検索順位を決めるアルゴリズムは公開していませんが、重視する項目をガイドライン上で公表しています。その中に、<title>要素を具体的でわかりやすいものにするようにという記述があります。

さらに、Googleは以下の三点を重要事項として設けています。

  1. Googleがページを検出できるよう手助けする
  2. Googleがページを理解できるよう手助けする
  3. 訪問者がページが利用しやすいよう手助けする

上記の1、2において、Googleを手助けするのがtitleタグの役割となるため、SEOにおいてtitleタグはとても重要です。

3においては下記の観点で考えながら設計するといいでしょう。

  • タイトルがユーザーのニーズを捉えられているか
  • サイト全体を通して
  • タイトルを設計できているかタイトルと実際のコンテンツ内容に齟齬はないか

 実際の設計方法や、SEOタイトルをつける際のポイントなどは後述します。

検索結果上でのCTRが大きく変わる

また、titleタグは検索結果上のCTR(クリック率)を大きく変える要因となるため、SEO施策だけでなくサイト・ページ流入の観点においても重要です。

ユーザーは、数ある検索結果の中から、閲覧するWebサイト・Webページを決定します。その比較・検討の中で、「どのサイトなら自分が求めている情報を手に入れられるか」を判断するのは基本的に、「タイトル」と「ディスクリプション」の2つです。

いくらコンテンツを作成して、上位表示されたとしても、タイトルとディスクリプションでユーザーに自社コンテンツの魅力を伝えられなければユーザーはクリックしてくれません。

タイトルは検索結果上においてディスクリプションに比較し、目に入りやすい文字情報です。ユーザーのニーズを捉え、クリックしたくなるようなタイトルを付けることが重要です。

タイトルタグはSNSでの拡散にも影響を与える

twitterカードにおけるtitle

SNSの運用はブランディングや認知拡大の観点で重視されることが多いですが、Webサイトへの流入という点も見逃せません。

SNS上の情報拡散によって多くの人の目に触れることにより、「social」からの流入が増え、結果的にWebサイト全体のPV数も増加します。また、昨今のGoogle検索アルゴリズムにおいては、Webサイトへの流入数の増加が、順位に影響している傾向にあることを鑑みると、SEO観点においてもSNS上の拡散は有効だといえます。

加えて、SNSでの拡散は、被リンク獲得を促します。もちろん高品質なコンテンツであることが前提ですが、ユーザーの目に触れる機会が増えれば増えるほど、第3者サイトからの被リンクが増えるでしょう。

SNSでの情報発信・拡散を目的とされているケースにおいては、シェアしたくなるタイトルの設定や、実際の見え方を意識したタイトルの設定を行うと良いでしょう。

<補足>

ソーシャルメディアで表示されるタイトルは、「OGP(Open Graph Protcol)」で、別個で設定する形になります。各SNSによって、設定が必要なので事前に確認しておきましょう。

titleタグの設定方法

次に、一般的なtitleタグの設定方法をご紹介します。先述した通り、titleタグはhtmlタグのひとつで、<head>要素内に記述されるものです。

構成としては下記のようになります。

<head>

<title>SEOに効果的なタイトル(titleタグ)の付けるコツ9選!順位上昇の秘訣や事例を紹介</title>

</head>

titleタグの設定方法はいくつかありますが、CMSのひとつであるWordpressでtitleタグを設計する際は、プラグイン(All In One SEO PackやYoast SEOなど)を活用すると便利です。

WordPress:All in one SEO Packでのtitleタグ設定方法

プラグイン All in one SEO Packを活用するとタイトル・ディスクリプションともに簡単に設定することができます。検索結果上の実際の見え方も、プレビューを活用して確認することができるので、ユーザーからの見え方をチェックしながらタイトルやディスクリプションを設計するといいでしょう。

WordPressでのtitleタグ設定

また、ソーシャルメディア表示されるタイトル(メタog:titleタグ)も設定できるので、非常に便利です。

WordPressでのメタog:titleタグ設定

タイトルを付ける際の注意点

ここまでは、SEOや集客面で、titleタグの重要性や設定方法などをみてきました。さてここからは、実際にSEOタイトルをつける上での注意点として、6つ上げていきます。

キーワードを詰め込みすぎない

タイトルに、SEO上で狙うキーワードを詰め込みすぎると、Googleから「スパムコンテンツ」として低評価を受けてしまう可能性があります。あくまでユーザーニーズを捉えることを念頭にして、パッと目について違和感のないテキストにしてください。

※キーワードの重複は2つ程度までなら問題ありません。

文字数に気をつける

Googleの検索結果に表示される「titleタグ」には文字数の制限があります。検索結果においての見やすさや、CTRの観点から鑑みて15~35文字程度で設定するといいでしょう。また、デスクトップとスマートフォンではタイトルの見え方が変わります。それぞれのデバイスにおいて見えやすいタイトルを意識するのが好ましいです。

例えば、デスクトップにおけるGoogle Chromeの検索結果では「30文字前後」表示される形になっていますが、iPhoneのsafariでは、「40文字程度」表示される形になっています。また、SNSでシェアされた際のタイトル見え方は、上記とは異なります。

※文字数は「過度」にこだわる必要はありません。
上記はあくまでも目安であって、やや長くなってしまっても、検索結果上に表示される部分にキーワードが含まれ、かつ魅力的なキャッチコピーであれば、制限を超えていてもSEOに何ら問題はないでしょう。

Googleによる改変がある

以下のケースにおいて、Googleが独自に検索結果のページタイトルを改変・表示するケースがあるので注意が必要です。

  • ページタイトルが極端に長い
  • キーワードの重複が見られる
  • コンテンツ内容とタイトル文章に相違がある
  • 検索クエリとの関連性から最適化できる場合

無意味な言葉は入れない

上述したようにタイトルとして、Googleの検索結果にでてくる文字数には限りがあります。ユーザーに必要な情報を適切に届けるためにも、不要な単語は削ぐようにしましょう。

また、実際にページに記載している内容と関係のない言葉を入れるのも避けるといいでしょう。

h1タグとtitleタグは基本揃える

SEO上でそれぞれ大きな役割を果たす、「titleタグ」と「h1タグ」は、基本的には揃えるようにしましょう。これは、2つのタグが「対象ページを要約する」という役割を持っているためです。

しかしながら、すべての文言を揃える必要はありません。
例えば、titleタグに「**|サイト名」「**【サイト名】」のように含んでいるサイト名を、h1タグでは消去する、という形で対応するのが適切です。

補足:titleタグとh1タグの違い

  • titleタグ:内に書かれ、Googleの検索結果に表示される
  • h1タグ:内に書かれ、サイトの見出しとして表示される
titleタグとh1の違い

タイトルをつけるコツ9選

SEOタイトルをつける際に気をつけなくてはならない注意点を紹介しましたが、ここからはタイトルを設定する際のコツやポイントについて解説します。以下9つのポイントを参考にしてみてください。

  1. 対策キーワードを入れ込む
  2. 対策キーワードは、目立たせるためにもタイトルの先頭付近(左側)に入れる
  3. ユーザーニーズを含んだタイトルを設計する
  4. タイトルにクリックしたくなる文言を入れ込む
  5. 上位表示ページのタイトルを参考にする
  6. コンテンツの内容を踏まえてタイトルを決める
  7. 逆算思考:検索結果の作られ方から見る
  8. クエスチョンマーク(?)を上手く使う
  9. 「パワーワード」は含めない

①対策キーワードを入れ込む

コンテンツを作成する際は、まず、SEOの観点から上位表示を狙うキーワードを決めてから開始するケースが多いかと思います。ならば、SEO上重要なランキング要因であるtitleタグに対策キーワードを入れない理由はありません。

SEOタイトルを作成する際は、必ず対策キーワードを含ませるようにしてください。

②対策キーワードは、目立たせるためにもタイトルの先頭付近(左側)に入れる

また、前述した「対策キーワード」は、ユーザーの目に触れやすいようにタイトルの先頭付近に入れることが好ましいです。

例えば、この記事では「seo タイトル」を対策キーワードとして設定しています。そのため、「seo タイトル」そして、ユーザーニーズと関わりの大きいワードを左側に寄せて作成しています。

「SEOに効果的なタイトル(titleタグ)を付けるコツ9選!順位上昇の秘訣や事例を紹介」

③ユーザーニーズを含んだタイトルを設計する

titleタグを決める際は、タイトルを見たユーザーがそのWebページを「見たい」と思う内容にする必要があります。

先述したように、大前提としてタイトルはページに書かれている内容を簡潔に表すものである必要があります。最重要とすべきはコンテンツの中身であり、そのコンテンツを総括するのがタイトルというわけです。しかしながら、SEO内部施策としてタイトルは重要であること、また、ユーザーはタイトルをみてコンテンツを読むか否か決めることを踏まえると、ページの要約と同時に、ユーザーニーズを捉えていることにも重きをおかねばなりません。

例えば、「SWOT分析」で上位表示を狙った記事では、
SWOT分析とは? 事例から方法やコツ、注意点を解説」とタイトルを設定しています。

これは、ユーザーニーズとして、「意味」や「事例」、「やり方」に関するものが多かったため上記タイトルに設定しています。

Keywordmap:ワードマップ機能

SEOタイトル:Keywordmap「ワードマップ」機能

ユーザーニーズの探り方としては、Googleのサジェスト機能を参考にすると良いでしょう。
手動でサジェスト機能で検索をかけるほか、無料ツールを使う方法もあります。

④タイトルにクリックしたくなる文言を入れ込む

また、Google検索上で多数のコンテンツがひしめくなか、ユーザーにクリックしてもらうには、ユーザーに「読みたい」と思ってもらうことが非常に重要です。

例えば、キャッチーな文言、例:〇〇選! や 【最新版】を使うなどをして、わかりやすく、かつクリックしたくなるタイトル設計を行いましょう。

⑤上位表示ページのタイトルを参考にする

SEOタイトルを設定する際は、狙いに行く対策キーワードを検索した際に上位表示されているサイトのタイトルを参考にして作るといいでしょう。

もちろん、完全にコピーするのはNGです。
しかし、実際にGoogleに評価されたコンテンツを参考にし、「どうしてこのページが上位に表示されているのはなぜか」「このサイトが捉えているユーザーニーズは何か」を分析した上で、独自性のあるタイトルをつけるようにしましょう。

上記を行う際は、調査ツールRURI-COを活用するといいでしょう。RURI-COでは、対策キーワードを入れると、1位から10位のタイトルが一覧で見られるほか、タイトルのどこにキーワードが含まれているのかなどがわかります。titleタグ設定の参考になるのでおすすめです。

ruriーco

⑥コンテンツの内容を踏まえてタイトルを決める

注意点でも述べましたが、コンテンツの内容とタイトルに大きな乖離があるのは、下記2つの観点で好ましくありません。

  1. Googleによる改変の対象となる恐れがある
  2. ユーザーの直帰率を高める恐れがある

1.については、注意点で述べたので割愛し、ここでは2.について言及します。たとえユーザーが求めているニーズを含んだタイトルを設計し、ユーザーがページを訪問してくれたとしても、遷移先のページでニーズを満たせていなければ、ユーザーはサイトを回遊することなく離脱してしまう可能性が高いです。
ユーザーのニーズを捉えたコンテンツを作ることを第一に考え、titleタグには、その内容に沿ったものをつけるようにしましょう

⑦逆算思考:検索結果の作られ方から見る

また、タイトルを設計する際は、「検索結果の作られ方」を分析するといいでしょう。

例えば、「掃除機 おすすめ」という大きい、かつ抽象的なキーワードを狙う際、その検索結果を構成する各ページのtitleタグから、キーワードを要素に分けて考えてみます。

検索結果の作られ方

すると、どのような対策キーワードで1ページ目が構成されているのかが見えてきます。検索者の環境に依存するところもありますが、「掃除機 おすすめ」はおおむね、「コードレス」、「安い」、「サイクロン」、「買ってよかった 掃除機」という4つのキーワードで構成されていることがわかりました。

したがって「掃除機 おすすめ」というビッグワードを狙いに行く場合は、titleタグに設定する文言はもちろん、ひいては対策キーワード選定の段階で、この4つの構成要素の一つのテーマを選択すると効率的だと考えられます。

対策キーワードの構成要素にあたるキーワード調査を行なった上で、自社が取りに行く領域を狙い撃ちする方法です。

⑧クエスチョンマーク(?)を上手く使う

タイトルを作成する際、「クエスチョンマーク(?)」を活用することをおすすめします。

下記引用元の調査では、Googleの検索結果において、「?」を含むタイトルが、「?」を含まないタイトルと比較してCTRが14%高かったというデータが報告されています。
調査対象:Googleにおける5,079,491の検索クエリ・874,929ページのCTRについて

引用:We Analyzed 5 Million Google Search Results. Here’s What We Learned About Organic CTR

⑨「パワーワード」は含めない

一見、キャッチーで使いやすい「秘密の」「最高の」などのいわゆる「パワーワード」は、なるべく含めないようにしましょう。

これらの単語はSNSや広告など、情報の多い場所では効果を発揮するのですが、Googleの検索結果など、情報がある程度整備された場においては悪目立ちしてしまい、CTRを下げる要因となります。

ちなみに、先述で紹介した調査によると、Googleの検索結果において、「パワーワード」を用いないケースに比べ、最大13.9%のマイナス影響を与える可能性があります。

We Analyzed 5 Million Google Search Results. Here’s What We Learned About Organic CTR

リライトはまずtitleタグから!SEOタイトルを変更して順位が上がった事例

ここからは、「Keywordmap Academy」において、「Keywordmap」を活用し、SEOタイトルの変更後、記事の順位が上がった事例をお伝えいたします。

コンテンツの質が担保されていれば、タイトルの最適化を行うだけで、トラフィックが1.7倍に伸びたという事例があります。記事のリライトの際には、まずタイトルを見直すところから始めましょう。

「せっかく時間をかけて質の高い記事を書いて投稿したのに、なかなか順位が上がらない」という方には是非参考にしてください!

ニーズに基づいたタイトル変更

●変更前

メールマーケティングの効果的な最新手法や目標設定方法とは

〇リライト後

メールマーケティングとは?手法や事例、目標設定まで完全解説

ユーザーが求める「事例」について言及、かつ、「とは?」という疑問解消型のユーザーニーズに基づいた文言を加えた結果、掲載順位が跳ね上がりました。以下図参照。

Googleサーチコンソールで計測

titleリライト順位上昇

●変更前

セールスイネーブルメントはなぜ生まれたのか?営業組織の分業化がカギ

〇リライト後

セールスイネーブルメントとは?営業組織の分業化がカギ!

上記と同様、「とは?」で疑問解決型のニーズに対応しています。対策キーワードにおける検索結果の1ページ目を参考にしています。

titleリライト順位上昇

不要ワードを排除

●変更前

被リンクを増やす営業方法の具体策「リンクアーニング」のやり方とは?

〇リライト後

被リンクを増やす方法の具体策「リンクアーニング」のやり方とは?

「営業」という文言を削除しただけで、コンテンツ内容は一切変更していません。余計な情報がユーザーやGoogleを混乱させていた例だといえます。

titleリライト順位上昇

まとめ

ここまで、「効果を出すSEOタイトルの付け方」についてご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。

コンテンツの中身はもちろんですが、ユーザーニーズを捉えた設計を行うとタイトル設計を行うことが重要です。
titleタグの設計にお役立て頂ければ幸いです。

SHARE
この記事を書いたライター
わかちゃん
Keywordmapの良さを少しでも広めたいインサイドセールス。お米県出身、バスケと自転車と月夜さんぽを愛する新卒二期生です。