SNSマーケティング

企業のTwitter運用を成功事例から学ぼう

昨今、ビジネス成果を求めてTwitterを活用している企業が増加傾向にあります。恩恵が数多くある一方で、目的やターゲット、それにもとづいた戦略を明確に固められないと、ビジネス上の成果を生み出しづらいのがTwitter運用です。目的や戦略の欠如は、しだいに運用方針のブレや投稿コンテンツの枯渇を招きます。その結果、想定していた成果を得られずTwitter運用が頓挫してしまう企業が後を絶ちません。

2022-05-13

フォロワーが増えない、売上に繋がらない、工数がかかりすぎる……
Twitter運用のお悩み、このツールで解決します!
「投稿管理」から「分析・解析」まで、まるっと請け負うKewordmap for SNS
無料トライアルはこちらから⇒https://keywordmap.jp/sns/

さて、そのような課題の打開策として、当記事では企業のTwitter成功事例として6つのTwitterアカウントをピックアップします。BtoCとBtoBの二つのビジネスモデルで切り分けつつ、実際に企業がどのような運用を行って成果を収めているのか、定量、定性の両データに触れながら紹介します。Twitter運用を成功させるカギがありますので、ぜひ参考にしてみてください。

ほかにも、企業がTwitterアカウントを運用する際に参考になる解説も加えています。そちらもあわせて自社のTwitter運用に活用してみてください。

Twitterの特徴と企業がマーケティングに取り入れるメリット

企業がTwitterをマーケティングに取り入れるメリットを、Twitterの特徴とともに解説していきます。特徴やメリットを押さえておくことで、適切な目的の設定、戦略設計、KPIの設定をすることが可能になります。Twitter運用の成功事例を知る前に、まずは基本的なことから押さえていきましょう。

(※成功事例をご覧になりたい場合はこちらか、目次からジャンプしてください。)

Twitterの主な特徴

140文字以内の文章や、画像・動画を発信するソーシャルメディア「Twitter」は、幅広い年代で非常に多くのユーザーがいます。なお、このユーザーが多いこと、およびそれに由来するTwitterの主な特徴は以下の三つに代表されます。それぞれ見ていきましょう。

  • 情報拡散性が高い
  • リアルタイムで話題が確認できる
  • アクティブユーザー数が多い

情報拡散性が高い

Twitterの最大の特徴は、情報拡散性が高いことです。

他のSNS(Instagram、Facebook、LINEなど)と比較すると、Twitter独自のリツイート機能やアルゴリズム(投稿時間、いいねやリツイートといったエンゲージメントなどによって算出されるタイムライン表示の仕組み)から、情報拡散性が高いことが特徴です。自アカウントのフォロワー、さらにそのフォロワーや全く関わりのない人にも、情報を届けることが可能であり、商材・ブランドの認知拡大に寄与します。

リアルタイムで話題を確認できる

2つ目の特徴は「リアルタイム性」です。情報拡散性の高さから様々な情報が瞬時に広がるため、タイムライン上で手軽かつリアルタイムに、情報を知ることができます。また現在のトレンドが何なのか容易くチェックできるため、今世の中で起きていることや注目されているモノ・コトの収集に役立ちます。

なお、トレンドに沿った投稿を行うことで、自社アカウントとユーザーを接触させやすくすることが可能になります。

アクティブユーザー数が多い

3つ目の特徴は「アクティブユーザーの多さ」です。ユーザー数でみると、世界の月間利用ユーザー数は3億3000万人(2019年5月公表)にも上ります※。

※出典:https://investor.twitterinc.com/home/default.aspx

日本でみても月間利用ユーザー数は、4,500万人以上となっています。(2017年10月、Twitter社によって公表)。Twitterの利用者数に関して、日本はアメリカに次ぐ2番目に位置しており、世界的に見てもかなり大きい市場規模ということが分かります。

企業がTwitterマーケティングに取り組むメリット

SNSニーズが高まっている今日、企業のマーケティングにSNSを取り入れることは必要不可欠になりつつあります。そして、数あるSNSマーケティングの中でも、Twitterマーケティングは業界業種問わず幅広い事業が効果的に活用できる点が強みです。

さて、それでは主なメリットについて見ていきましょう。上記で述べた通り、Twitterのメリットを知ることで、運用目的・戦略策定の参考になります。以下を参考にして、何のためにTwitterを運用するのか考えてみましょう。

  • ブランド認知に繋がる
  • 販売促進に繋がる
  • ユーザーのファン化ができる

商材・ブランドの認知拡大に繋がる

Twitterは他のSNSと比較すると情報拡散性が高く、かつ自アカウントのフォロワーのフォロワーや全く関わりのない人にも、こちら側からプッシュで情報を届けることができるため、企業・サービスの認知やブランドイメージの向上を進めることが可能です。

また、Twitterは他SNSと比べると、「テキストのみ」といったふうに比較的気軽にコンテンツを発信するプラットフォームです。そのためコンテンツ作成に工数がかかりにくく、継続的な運用が望めるため、単純接触回数を稼ぎやすく、「〇〇なら△△社」のような想起をとることができるようになります。

販売促進に繋がる

ここでいう販売促進は大きく直接的寄与・間接的寄与の2つに分類されます。

直接的寄与とは、Twitterで集客、ユーザーの購買意欲活性化、コンバージョンポイントへの誘導を一通り行うことです。Twitterは、その情報拡散性の高さから潜在層へのアプローチに強みを持ちますが、それ以外にもユーザーと継続的に接点を持てることから購買意欲を促進させることも可能です。この認知~コンバージョンまでを1つの媒体で担うことができるのは、Twitterマーケティングに取り組む大きなメリットといえるでしょう。

2つ目の間接的寄与とは、Twitterを集客プラットフォームとして活用し、その他チャネル(ECサイト、ブログ、コーポレートサイト、あるいは他SNSなど)へ誘導し、その先でさらに顧客のロイヤリティの向上を進め、コンバージョンに繋げることです。Twitterを起点として、他チャネルで購買意欲を促進することで、LTVの最大化やコンバージョン数の増加、広告CPAの抑制にも寄与します。

さらに、アライドアーキテクツ株式会社の調査によると、6割超のユーザーがTwitter上の情報をきっかけや参考にした購買経験があり、10〜20代に関しては約7割がTwitterをきっかけとした来店経験があるという調査結果が出ています。このデータを見てもわかるように、SNS上にある情報やクチコミは、人々の購買行動に大きな影響を与えていることが分かるでしょう。

▼性別・年代別のTwitterの情報をきっかけにした購買経験の割合

▼性別・年代別のTwitterの情報をきっかけにした来店経験の割合

※Twitter上のクチコミの影響度及びクチコミが起きる理由を把握するため、インターネットリサーチを実施し、全国に住む16~59歳の男女のTwitterユーザー881名が回答(アライドアーキテクツ株式会社)

出典:https://www.aainc.co.jp/news-release/2022/02379.html

ユーザーのファン化

Twitterは単純接触回数を稼ぎやすく、ユーザーとの接点を継続的に持つことが可能です。リツイートやいいね、リプライ(返信)などのコミュニケーションを近い距離で行うことができることから、ユーザーをファン化するといった関係構築ができるでしょう。

ファンになったユーザーは、一度だけでなく継続的に購買してくれる傾向にあるため、売上を支える優良顧客を生み出すためにもTwitterは有効です。

ファンを作るために株式会社モバオクが行ったTwitter施策を以下で解説しています。
活発なコミュニティを作ったモバオクのTwitterマーケティング手法とは?

企業アカウントのTwitter運用成功事例【BtoC】

さて、それでは本題である企業のTwitterマーケティング成功事例について見ていきましょう。成功事例は、BtoCの企業例3社、BtoBの企業例3社の合計6社を紹介していきます。一部、Twitterの総合運用ツールであるKeywordmap for SNSを用いて、各企業アカウントの運用ポイントを図解しています。

まずはBtoC企業の成功例です。BtoC企業に関しては、そもそもの認知の拡大や顧客との関係値の構築、ユーザーにとってメリットがある情報を届けられるかなどの要素が重要になってきます。紹介するのは以下3つの企業アカウントです。

  • SHARP シャープ株式会社
  • シャトレーゼ【公式】
  • ローソン

それぞれ見ていきましょう。

SHARP シャープ株式会社

SHARP

まずは、大手電機メーカーのシャープ株式会社の成功事例です。シャープ株式会社は、オーガニック投稿を中心にTwitterマーケティングを展開しています。成功事例として非常に有名かつロールモデルとなっており、多くのフォロワー(後追い)企業アカウントを生み出しました。

【ポイント】

  • 一般ユーザーのような投稿スタイル
  • 積極的なリツイート、リプライ

シャープ株式会社のアカウント運用の特徴は、一般ユーザーのようなフランクなスタイルです。ユーザーと同じ目線かつユーモアあふれる投稿で、多くのファンを獲得しています。また積極的に他企業アカウントやユーザーに関わることで、企業としてのお堅いイメージの払しょくに成功しています。自社製品の宣伝や告知なども時折織り交ぜながらも、全体的に高いエンゲージメントを獲得しており、ブランド認知~ユーザーのファン化の効果を最大化しています。

また、フォローされているユーザーの属性に偏りがありません。一見すると集中的にターゲットユーザーを集められていないように見えますが、SHARPが取り扱う商材の老若男女を問わない対象範囲の広さを考えれば、様々なタイプのユーザーにフォローされていることは有利であると思われます。

※担当者のセンスに依存する運用であることには注意が必要です。

Keywordmap for SNSによる調査:SHARPシャープのフォロワーの属性など

Twitter企業アカウントの成功事例_Keywordmapで分析

▼ユーモアあふれるオーガニック投稿

▼他企業アカウントとの積極的な関わり合い

シャトレーゼ【公式】

シャトレーゼ

続いては、洋菓子、和菓子などを販売する食品メーカーの株式会社シャトレーゼの成功事例です。株式会社シャトレーゼは、UGCの創出を中心にTwitterマーケティングに成功しています。

シャトレーゼ商品の画像を積極的に投稿、また商品画像を投稿しているユーザーのツイートをリツイートするなどして、商材・ブランドに対する単純接触効果の最大化を進めているように見受けられます。以下で紹介するように、UGC(一般ユーザーによって作られたコンテンツ)を上手く活用しているところにシャトレーゼのTwitter運用の巧みさが現れています。

【ポイント】

  • 商材を画像で紹介
  • UGCの創出、活用
  • キャンペーン

【UGCの創出・活用の流れ】

①:UGCを促す独自のハッシュタグキャンペーンを実施(※キャンペーンはすでに終了しています)

②:UGCの発生

③:UGCへの反応(いいね、リツイート、リプライ)

④:UGCへのシャトレーゼの反応を見たユーザーから、新たなUGCの発生

上記のような流れでUGCの創出・活用を戦略的に行い、Twitterマーケティングの効果を最大化しています。

Keywordmap for SNSによる調査:シャトレーゼのフォロワーの属性など

Twitter企業アカウントの成功事例_Keywordmapで分析

ローソン

ローソン

代表的なコンビニエンスストアチェーンである株式会社ローソンの成功事例です。株式会社ローソンは、O2Oキャンペーンの活用を中心にTwitterマーケティングに成功しています。

O2Oとはオンラインツーオフラインの略称で、オンラインでのマーケティング施策を通して、オフライン側、つまり実店舗などへの集客を促す手法を指します。ローソンはTwitter上のインスタントウィン(その場で当たる)キャンペーンで商品引き換えクーポンなどをプレゼントし、多くのユーザーを実店舗であるコンビニエンスストアへ来店させています。直近ではコンビニエンスストアなどで使えるQUOカードが当たるキャンペーンが多くなっているようです。

【ポイント】

  • 高頻度でのキャンペーン実施
  • 店頭に置いてある商品のプレゼントキャンペーンで来店を促進
  • キャンペーンはフォロー&リツイート(引用ツイート)

ローソンのTwitterキャンペーンの特徴は「圧倒的な頻度」です。毎日のように何かしらのキャンペーンを開催しており、ユーザーはいつでも参加できるという状態になっています。そのため、多くの投稿が次々と拡散され、フォロワー数の継続的かつ急速な増加、および、ツイートへのエンゲージメント数が非常に高くなっています。

※Twitterの運用体制の大きさや企業体力に依存するようなキャンペーン施策だと考えられるため、簡単にマネできるものではない点には注意が必要です。

▼日々のキャンペーン投稿例(※すでにキャンペーンは終了しています)

Keywordmap for SNSで調査:ローソン、キャンペーン施策によるフォロワーの推移など

Twitter企業アカウントの成功事例_Keywordmapで分析

企業アカウントのTwitter運用成功事例【BtoB】

次にBtoB企業の成功事例です。

BtoB企業に関しては、一般的になじみがないケースが多いため、投稿のユニークさや有益さでユーザーとの距離を縮めることが、認知拡大やフォロワー数の増加に直接影響し、運用成功のポイントになります。

紹介するのは以下3つの企業アカウントです。

  • 株式会社石井マーク
  • ばねのフセハツ工業
  • Yahoo!マーケティングソリューション 公式

株式会社石井マーク

石井マーク

各種銘板・ステッカー、標識のデザインや制作を行う株式会社石井マークは、一般的なオーガニック投稿を中心に効果的なTwitterアカウント運用を行っています。

【ポイント】

  • ユーモア+実用性のあるオーガニック投稿
  • ニッチなナレッジやコンテンツを活用
  • 積極的なリツイート

株式会社石井マークのアカウント運用の特徴は、ユーモアかつ実用性のある投稿スタイルです。標識関連の内容や日常に潜む危険への警鐘、豆知識などをユーモアあふれる内容で投稿しています。Twitter広告やキャンペーンは行わず、日常の興味深いお役立ち情報でユーザーに価値を届け続け、フォロワーを順調に伸ばすとともに認知を広げることに成功しています。

※商材に直接関係のあるツイートだけでなく、ユーザーにとって有益なツイートを多数投稿しており、エンゲージメント率の高さやフォロワー数の増加に大きく寄与しています。BtoB企業によるTwitter運用の成功事例として、ぜひマネしたいロールモデルだといえるでしょう。

▼お役立ち情報に関する投稿例

Keywordmap for SNSで調査:石井マークのオーガニック投稿によるフォロワーの推移など

Twitter企業アカウントの成功事例_Keywordmapで分析

フセハツエ業

ばねのフセハツ工業

大阪府東大阪市にあるばねメーカーのフセハツエ業株式会社は、オーガニック投稿のみでアカウント運用を成功させています。

【ポイント】

  • ばねの製造過程や商品についての動画を中心としたユニークな投稿
  • 積極的なユーザーとの関わり(ユーザーのツイートに対して良いねリツイートなどの反応)

フセハツ工業のTwitterは、ばねの製造過程や商品の種類などに関しての投稿がメインのアカウント運用をしています。特に機械を用いてばねを製造している動画は、ユーザーに全くなじみがない内容ですが、どこか繰り返し見たくなるような癖になる内容になっています。そのため安定的にエンゲージメントを獲得しており、認知獲得やユーザーとの距離を縮めることに成功しています。

※フセハツ工業の成功事例は、ニッチな商材の製造工程がそれだけでコンテンツになり得ることを示しています。何がユーザーにとって有益なコンテンツであるかは、実際に投稿して反応を見ない限りわかりません。まずは公開できる自社のコンテンツを洗い出し、積極的に投稿して効果測定を行っていくことをオススメします。

なお、投稿の効果測定ならKeywordmap for SNSがオススメです。

▼ばね製造に関するユニークな投稿例

Keywordmap for SNSで調査:フセハツ工業のオーガニック投稿によるフォロワーの推移など

Twitter企業アカウントの成功事例_Keywordmapで分析

Yahoo!マーケティングソリューション

Yahoo!

Yahoo!マーケティングソリューションは、お役立ち情報、アップデート情報などの有益なコンテンツをメインとしたオーガニック投稿を中心にTwitterマーケティングに成功しています。

【ポイント】

  • マーケター(広告主、広告代理店、マーケティング会社など)をターゲットとした投稿内容
  • 自社情報だけでなく様々な会社のマーケティング情報を発信
  • 商材の見込み顧客を効果的に集客(フォロワー)できている

Yahoo!マーケティングソリューションのTwitter運用は、ターゲットがマーケターに設定されており、そのニーズを捉えた投稿設計をしています。自社の内容(広告やサービス等)だけでなく、トレンドや業界を意識したマーケティング情報の発信を行っており、順調にフォロワー数を伸ばしています。ターゲットのニーズを徹底的に考えた情報発信を行っている好例です。

Keywordmap for SNSで調査:Yahoo!データソリューションズのフォロワーの属性

Twitter企業アカウントの成功事例_Keywordmapで分析

▼マーケティングに関する投稿例

企業アカウントのTwitter運用方法

BroC、BtoBにおけるいくつかの成功事例について見てきました。さてここからは、成功事例を踏まえた上で、Twitterの運用方法について具体的に考えてみましょう。

Twitterマーケティングにおける目標達成を目指すにあたっては、まずはその手法を理解する必要があります。認知の獲得や顧客のファン化、販売促進などのTwitterマーケティングを行う目的と、自社の商材・サービスの強みを踏まえ手法を決めることが重要です。

企業のTwitterマーケティングの手法は主に以下4つです。それぞれのポイントについて運用に焦点を合わせて見ていきましょう。

  • オーガニック投稿
  • キャンペーンの活用
  • Twitter広告
  • インフルエンサーの起用

オーガニック投稿

オーガニック投稿(ツイート)とは、普段の情報発信のことを指します。140文字以内+画像や動画というシンプルな投稿です。Twitter運用の中でも割合が高くなってくるため、企業やサービス・商品の印象を決めるといっても過言ではないでしょう。どのような内容をユーザーが求めているのかや、自社が達成したいKPIなどを加味しながら投稿内容を設計し、日々のPDCAを回していくことが重要になってきます。

▼企業のオーガニック投稿例:株式会社ちぼりホールディングスのアカウント「しあわせの赤い帽子【公式】

親近感が湧くような投稿や、「○○の日」といったトレンドにちなんだような商品紹介で投稿することが多い傾向にあります。

このように日々なされる投稿がオーガニック投稿になります。会社によって特色が違うので、自社が出したい雰囲気や世界観を意識して、発信していくことがポイントになります。

キャンペーンの活用

Twitterにおけるキャンペーンの活用とは、「アカウントのフォロー」や「該当ツイートのリツイート」、もしくはその両方などの条件を設定し、その条件を満たした人の中から抽選を行って商品やサービスを提供する、といったものになります。フォローやリツイート、いいねなどのエンゲージメントを獲得しやすく、一気に情報拡散・認知を広げることが可能です。

潜在層を始めとした多くのユーザーを短期間で集めることができる反面、その後にユーザーニーズを満たすようなコンテンツを提供し続けられないと、フォローを解除されてしまうので注意が必要です。

▼企業のキャンペーン活用例①:「しあわせの赤い帽子【公式】
(※キャンペーンはすでに終了しています)

▼企業のキャンペーン活用例②:「しあわせの赤い帽子【公式】
(※キャンペーンはすでに終了しています)

上記➀に関してはキャンペーンの中でもメジャーな「フォロー・該当ツイートのリツイート」をすることで参加できるキャンペーンの例になります。工数が少なく、ユーザー目線では比較的参加の障壁が低いといえるでしょう。そのため、フォロワー数増加に期待が持てるキャンペーンです。

一方で②に関しては、「特定のハッシュタグをつけて、該当ツイートを引用リツイート」することで参加できるキャンペーンになります。➀のキャンペーンに比べ、ユーザー側に手間を要求するため、参加人数は増えにくい傾向にあります。その代わり引用リツイートにより生み出されたUGCによって、認知拡大や口コミの醸成に繋がります。

顧客との距離感、生み出したい効果などを鑑みてどのようにキャンペーンを行うかを決定していくことが重要でしょう。

Twitter広告

Twitter広告とは、Twitterのタイムライン上や検索結果に掲載される広告のことです。Twitter広告の特徴としては、以下3点が挙げられます。

  • 2次拡散されやすい
  • 興味・関心ターゲティング機能の精度が高い
  • 若年層に訴求できる

必要に応じて広告を組み合わせることで、企業のTwitterアカウント運用の効果を最大化することができるでしょう。たとえば、上記のキャンペーンを広告で配信することで、リーチ最大化に寄与すると考えられます。

▼企業のTwitter広告活用例:『nosh-ナッシュ』美味しく栄養管理ができる

上記のように広告による投稿には広告である旨が記載されます。Twitter広告には、そのほかの運用型広告と同じように様々なターゲティング手法があるので、自社の商品・サービスの特徴や、届けたいユーザーによってその手法を使い分けることが大事になってくるでしょう。

なお、Twitter広告については以下の記事で解説しています。あわせて参考にしてみてください。
Twitter広告の設定方法や費用、種類まで網羅的に解説
プロモ広告(プロモツイート)とは?設定方法とターゲティングの最適化方法について

インフルエンサーの起用

インフルエンサーマーケティングとは、影響力をもつインフルエンサーに商品やサービスを紹介してもらうことで、顧客に態度変容や行動変容を促すマーケティング手法です。

インフルエンサーに、いちユーザー目線で商品やサービスを紹介してもらうことで、企業の固いイメージや宣伝色を薄め、顧客に自然と受け入れてもらうことが期待できます。なお、インフルエンサーを起用する際には、ステルスマーケティングに該当しないよう「#pr」などといったハッシュタグを付与するのが一般的です。

企業アカウントのTwitter運用の注意点

企業がTwitterを運用してビジネス成果を生み出すためには、成功事例からは見えてこないような、複数のポイントを押さえる必要があります。以下で紹介する最低限注意すべきポイントを守ることで、予期せぬ失敗やあらかじめリスクを防ぐことに繋がります。

  • KPIをフォロワー数だけにフォーカスしない
  • ベンチマークアカウントを設定する
  • 炎上対策をする

KPIをフォロワー数だけにフォーカスしない

企業のTwitter運用において、必ずしも「フォロワー数が多い=マーケティング効果が高い」という方程式がなりたつわけではありません。フォロワー数が多くても、そのフォロワーが自社や商材に全く興味がなかったり、顧客になりえない場合、売り上げにつながらないというケースもしばしば見受けられます。

したがって、企業のTwitter運用においてはフォロワー数のみを重要視するのではなく、Twitterにおいて実現したい目的から逆算し、「(ツイートの)表示回数」、「リンククリック数」や「エンゲージメント数」などの指標も視野に入れたKPI設計を行うことが非常に大事になってきます。

Twitter運用のKPIツリー

KPIツリー

フォロワー数だけにフォーカスしてはいけない詳しい解説や、企業の運用ポイントを押さえた記事を紹介します。あわせて参考にしてみてください。
Twitterの企業アカウント運用に失敗しないための「5つの“分析”ポイント」~KPIをフォロワー数だけにフォーカスした運用をしてはいけない~

ベンチマークアカウントを設定する

残念ながら、企業のTwitterアカウントの運用方法に、「確立された正解」は存在しません。

つまり、ベンチマークアカウント設定の目的というのは、正解を追い求めるのではなく、成果創出までの最短ルートを見極めるためにあります。まずは、目指すべきアカウント像を設定するところから始めましょう。

ベンチマークアカウントを設定する際は、アカウントの「フォロワー数」「フォロワー属性」「フォロワーのいいね付与数」に着目するといいでしょう。これらの指標がアカウントの成功要因になります。

Keywordmap for SNSで調査

Twitter企業アカウントの成功事例_Keywordmapで分析

ベンチマークアカウントの設定に関しては以下記事で詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてください。
Twitterの企業アカウント運用に失敗しないための「5つの“分析”ポイント」~ベンチマークアカウントを設定し競合を分析する~

炎上対策をする

前述したとおり、Twitterは情報拡散性が非常に高いプラットフォームになります。

良くも悪くも情報が一気に拡散しやすいので、一度炎上して悪い評判が流れると収拾がつかなくなってしまう傾向にあります。企業がTwitterを運用する場合は、事前にある程度の社内ルールを整備し、炎上の火種を未然に防ぐ努力が必要になってくるでしょう。

なお、炎上やその対策、防止策については以下の記事で解説していますので、あわせて参考にしてみてください。
Twitter監視で企業の炎上対策!SNS監視ツールから方法について解説
企業のSNS炎上について事例や対処方法と防止策まで解説

まとめ

企業のTwitter活用法や実際の成功事例に関して述べてきました。

SNS・ソーシャルメディアが未曾有の規模で普及している現在、企業がTwitter運用に乗り出してマーケティングに活用するのは、とても有益なことだと思われます。ただし、何の準備もせずにTwitterを開始しても成果を得ることは難しいでしょう。

目的を決め、戦略を練り、そして他企業の運用を参考にすることがTwitterで成功を収めるカギになります。そのためのいくつかのヒントは当記事で解説した通りですので、参考にしてみてください。

最後に、当記事の要点を箇条書きでまとめておきます。企業の成功事例に関しては、本文をご覧ください。

【Twitter運用の代表的な目的】

  • ブランド認知に繋がる
  • 販売促進に繋がる
  • ユーザーのファン化ができる

【Twitter運用の代表的な手法】

  • オーガニック投稿
  • キャンペーンの活用
  • Twitter広告
  • インフルエンサーの起用

【Twitter運用の注意点】

  • KPIをフォロワー数だけにフォーカスしない
  • ベンチマークアカウントを設定する
  • 炎上対策をする
この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。詳しくはこちら⇒https://keywordmap.jp/

無料メルマガ登録

Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

ITreview LEADER 2021 Summer

Keywordmapのカスタマーレビュー

*

ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

良いポイント

  • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
  • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
  • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

*

初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

良いポイント

  • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
  • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
  • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

*

機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

良いポイント

  • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
  • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
  • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利
×