SNSマーケティング

Twitter分析ツールの選び方とおすすめ無料ツール9選

毎日大量の投稿がタイムライン上で流れていくTwitter(ツイッター)。大量の投稿があるからこそ、その投稿データはビッグデータとして価値が高く、そして分析難易度も高いものとなっているのが現状です。そのような中、Keywordmap for SNSを初めとする多くの無料の分析ツールが世にリリースされており、日々大量のユーザーの投稿データやアカウントデータが分析され、Webマーケティングの現場で活用されています。

2021-01-20 2022-06-16更新

フォロワーが増えない、売上に繋がらない、工数がかかりすぎる……
Twitter運用のお悩み、このツールで解決します!
「投稿管理」から「分析・解析」まで、まるっと請け負うKewordmap for SNS
無料トライアルはこちらから⇒https://keywordmap.jp/sns/

どのツールも一長一短であり、できることも多岐に渡るため使用者側の目的にマッチしたツールの選定が非常に重要となります。今回は、そんなTwitter分析の現場において、自社の課題にマッチしたツールの選び方について解説しつつ、おすすめツールをご紹介します。

Twitter分析ツールとは

Twitterの分析ツールには様々なタイプがあるため、最適なものを選ぶようにしましょう。

Twitter分析ツールと一口に言っても、分析目的によって各ツールのコンセプトはまったく異なります。ツールによって想定される使用方法や効能・メリットは大きく異なり、選び方を間違えると当初の目的が達成できず、運用が形骸化してしまうということがあります。よく、Twitter分析ツールの選定難易度が高いと言われるのも、これが要因のひとつとなっています。

大別すると、Twitter分析ツールは以下の3タイプに分類されます。

それぞれがどのような機能を持っており、どんな効能・メリットがあるのか解説しますので、比較・検討の参考にしてみてください。それぞれ見ていきましょう。

  1. 投稿管理・ツイート分析ツール:自社アカウント
  2. アカウント・フォロワー分析ツール:自社・競合アカウント・フォロワー
  3. ソーシャルリスニングツール:ユーザー

① 投稿管理・ツイート分析ツールとそのメリット

予約投稿やインプレッション数、エンゲージメント数等の基本的なKPIの計測等が可能な運用支援系のツールが「投稿管理・分析ツール」タイプに該当します。

現在、Twitter公式ページからの投稿であっても、予約投稿は可能です。

一方で、予約投稿状況の一覧管理や、定期投稿のスケジュール管理等については、別途スプレッドシート等で管理する必要があるため、可能であれば一元的に投稿管理できるツールの使用をおすすめします。

投稿管理ツールのメリットであり、かつ選ぶ際のポイントは以下となります。

  • カレンダー等で投稿を一覧管理ができるか。
  • 投稿ごとの効果計測※ができるか。
  • 使用するアカウント全てを管理可能か。
  • 運用状況のレポート機能があるか。

上記のポイントに注意して、自社の運用にマッチしたツールを選定することが重要です。

また、投稿ごとの分析・効果計測ができる点も、当ツールのメリットです。

ツイートがどれだけ表示されたかを示す「インプレッション」や、どれだけユーザーがツイートに反応したかを示す「エンゲージメント」に加え「フォロワー数」等が主要な分析対象となります。

さらに、エンゲージメントの中に「いいね」「リツイート」「引用リツイート」「リプライ」「画像クリック」「リンククリック」等のエンゲージメント項目があり、運用目的に応じて効果計測を進めることが非常に重要です。

⇒ 投稿管理・ツイート分析の無料おすすめツールを見てみる

②アカウント・フォロワー分析ツールとそのメリット

ここで言うアカウント分析ツールとは、自社のTwitterアカウントは勿論、自社以外のTwitterアカウントも分析できるツールのことを指します。

アカウント分析といっても、投稿内容の分析やフォロワーの属性分析(性別、興味・関心、活動時間等)、フォロワー数推移の分析等、ツールによって分析ポイントが大きく異なるのが特徴となります。
アカウント分析ツールのメリット、および選定ポイントは以下となります。

  • アカウントの投稿傾向が分析できる
  • アカウント自体の属性分析ができる
  • アカウントのフォロワーが分析できる

なお、投稿傾向とは、

  • どんな情報(テーマやフレーズ)を含む投稿なのか
  • 何時ごろの投稿が多いのか
  • どのような投稿でエンゲージメントを獲得しているのか

といった傾向となります。

お察しの通り、上記の投稿傾向を正確につかむことができれば、効率的なTwitter運用、もう少し踏み込んで言えば、拡散されやすいツイートを作る参考になります。

アカウント分析は、やろうと思えばどこまでも分析可能な領域となりますが、データ量が膨大なTwitterだからこそ、戦略設計に役立つデータのみを取捨選択し、分析ツールを活用することが効率化の基本となります。そのためにも、まずは上記の選定ポイントを押さえた必要最低限のTwitter分析ツールを選定し、運用することが大切です。

⇒アカウント・フォロワー分析ツールを見てみる

③ソーシャルリスニングツールとそのメリット

ソーシャルリスニングツールとは、SNS上の大量の投稿データからキーワードや画像、ハッシュタグ等を指定し、必要な情報を抽出することで、市場ニーズ調査やブランド反響調査を実施することができるツールとなります。

ソーシャルリスニングを実施することで得られるメリットは、以下などです。

  • 特定のブランドに対する改善要望をキャッチアップできる
  • それを商品開発に活かすことができる
  • SNS上でキャンペーンの効果測定が可能

一般的に使用されているソーシャルリスニングツールは、下記のマトリクスのように分類することができます。選定ポイントとして非常に重要な4象限になりますので、是非参考にしてみてください。

Twitter分析ツール:ソーシャルリスニングマトリクス

分類方法としては、

  • 全量ツイートデータ(Twitter上の全投稿を抽出)
  • サンプリングツイートデータ(Twitter上の全投稿の一部をサンプルとして抽出)

というツイートデータ量で分類するケースがあります。
もう1つの分類方法としては、

  • 過去の特定期間のツイートデータ
  • 現在これから投稿されるツイートデータ

というデータ取得方法で分類することも可能です。

UIやUX等、細かな相違点も勿論ありますが、上記のマトリクスのように根本的に仕様が異なるため、自社の分析したい項目に応じて、正しいツールを選ぶ必要があります。

⇒ソーシャルリスニングツールを見てみる

無料のTwitter分析ツールおすすめ8選+1

では、どのような外部ツールを活用するのが運用上有効なのでしょうか。

いたずらに様々なツールに手を出してしまうと、自社の運用目的に合致しない調査分析にも工数を割いてしまうこととなり、余計に工数が掛かるだけでなく、正しい意思決定を阻害してしまう原因にもなります。

今回は上記で紹介したタイプ別・課題別におすすめの無料分析ツールをピックアップして紹介します。

投稿管理・自社・競合アカウント・フォロワー・ソーシャルリスニング、すべて分析できるオールインワンツール「Keywordmap for SNS」

投稿管理・ツイート分析ツール

  • Twitterアナリティクス
  • SocialDog
  • Hootsuite
  • Buffer

アカウント・フォロワー分析ツール

  • whotwi
  • ツイプロ

ソーシャルリスニングツール

  • TweetDeck
  • Twittrend
  • BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長

オールインワンのTwitter運用総合分析ツール

無料のTwitter分析ツール:投稿管理・ツイート

上記でも紹介した通り、分析ツールとはTwitterアカウントをツールと連携し、ツイートの予約投稿等の運用機能を活用しながら、投稿数やエンゲージメント数を計測していくような運用寄りの分析ツールを指します。

以下に投稿管理・分析におけるおすすめのツールを紹介します。

Twitterアナリティクス

Twitterアナリティクス
  • 自社アカウントのインプレッション数やエンゲージメント数がわかる
  • 上記データなどをcsvでダウンロード可能
  • Twitterアナリティクス上で詳細な分析は難しい

非公式のツールが多数ある中でも、現場運用の場面ではTwitterアナリティクスが最も活用頻度の高いツールでしょう。

基本的にTwitterアナリティクスは、インプレッション数やエンゲージメント数、各種エンゲージメント項目について確認できることが強みとなっています。また、基本的なレポートについてはCSVダウンロード機能が搭載されているため、社内用の運用レポートも工数はかかりますが作成可能です。

Twitterアナリティクス

一方で、Twitterアナリティクスは数値管理機能が中心であり、分析機能はほぼ備わっていません。

「どんなツイートをしたらエンゲージメントが上がるの?」といった具体的な施策部分は、Twitterアナリティクスのデータでは非常に難易度が高い作業となります。そのため、実際のツイート案やアカウントの設計案を精度高く立案するためには、下記で紹介する外部ツールの利用をお勧めします。

なお、Twitterアナリティクスについて詳しく知りたい方は、以下の記事を参考にしてみてください。
Twitterアナリティクスの使い方を徹底解説!ログインや分析の方法も紹介

social dog(初めて投稿管理をする人向け)

socialdog
  • シンプルなUI
  • 解除フォロワーやフォロー中の非アクティブユーザーを確認できる
  • 分析ツールというより、アカウント管理寄りのツール

直感的な投稿管理機能に加え、シンプルかつ見やすいダッシュボード機能を搭載。特徴的な機能としては、解除フォロワーも随時閲覧が可能な機能があります。

Twitter公式アプリでは、フォロワーが増えれば増えるほど、誰にフォロー解除されたのかわからなくなり、フォロー解除の原因や傾向が捉えづらくなります。そのような痒い所に手が届くような機能も無料版の基本機能として搭載されているのが特徴となります。まずはカジュアルにTwitterアカウントの運用管理が実施したい場合は、Socialdogから始めてみることがおすすめです。

  • 料金:企業向け¥4,980/月~。個人向け無料~。
  • トライアル:有り
  • リンク:SocialDog

Hootsuite(フートスイート:Twitter以外の投稿管理もしたい)

分析ツール:Hootsuite
  • Twitter以外のSNSも一元管理可能
  • 自動投稿機能が充実
  • 機能が充実している数少ない日本語対応ツール

HootsuiteはTwitterは勿論Instagram、Facebook、LinkedIn等のアカウントの運用管理も可能であり、各種SNSの数値をダッシュボード上で管理することが可能な海外ツールです。

最大の特徴は自動投稿機能です。
ブログやオウンドメディアを持つ企業のTwitter担当者は、記事情報をTwitterで投稿する場面が非常に多いかと思います。Hootsuiteは独自のアルゴリズムで、フォロワーのアクティブ時間を分析し、最も効果の高い時間帯に自動で記事をTwitter上に投稿する、といった使用方法が可能です。社内にリソースが無いが、コンテンツのストックが大量にあり、とりあえず投稿数を増やしていく必要があるという企業担当者の方にはおすすめのツールでしょう。

また、複数のSNSの投稿管理ができるツールでありながら無料であり、かつ日本語対応している海外ツールはほとんどありません。上記を踏まえ、socialdogに慣れた方はHootsuiteを活用してみることをおすすめします。

  • 料金:¥5,000/月~。ログインユーザー・利用アカウントの数毎に料金プランが変わる。
  • トライアル:あり
  • リンク:Hootsuite

Buffer(バッファー:投稿管理を徹底的に効率化したい)

分析ツール:Buffer
  • 機能性とシンプルなUIが両立されおりバランスが良い
  • カレンダー形式での予約投稿管理、投稿時間の変更もドラッグ&ドロップで可能
  • UIが日本語ではない

BufferはHootsuite同様に複数のSNSの投稿管理が可能なツールとなっています。Hootsuiteとの決定的な違いとして、UIが非常にシンプルであることが挙げられます。BufferはHootsuite同様の機能を持ちながら、UI/UXまで非常に意識されたツール設計となっており、ストレスなく投稿管理・分析が可能となっています。

懸念点を挙げるとするのであれば、UIが英語であることです。
「Hootsuiteを使ってみたけど、もっと直感的かつ効率的に運用したい」という方はぜひBufferを使ってみてください。

  • 料金:3アカウントまで無料。4アカウント目から1アカウントにつき5ドル/月~。
  • トライアル:なし
  • リンク:Buffer

無料のTwitter分析ツール:アカウント・フォロワー

アカウント分析ツールとは、投稿管理・分析ツールと異なり、自社のアカウント以外の他のアカウントを分析することができるツールのことを指します。

投稿管理・分析ツールと比べ、分析可能な数値項目は劣りますが、その分他のアカウントを分析できるため、自社のTwitterアカウントの運用にあたり、今まで気が付かなかった切り口の運用方法が見えてくるケースもあります。

以下では、Twitter分析の中で必ず覚えておきたいアカウント分析ツールを紹介します。

whotwi(アカウント属性・投稿分析)

分析ツール
  • アカウントの投稿内容、投稿時間等の基本的な傾向調査が可能
  • アカウント間の繋がり調査も可能(誰と誰がよくコミュニケーションを取っているか)
  • アカウントによってはデータ取得に時間がかかる

AutoScale社が提供するTwitterアカウントの分析ツールです。
TwitterIDを入力することで、対象アカウントの投稿内容の分析や投稿時間、フォロー状況等の分析が可能となります。

ベンチマークに設定しているTwitterIDを入力することで、そのアカウントの成功要因を探ることができます。自社アカウントの新規設計は勿論、再設計時にも無料で使用することができる便利ツールです。

IDをフォームに入力してからデータを取得しに行く仕様となっているため、アカウントによってはデータが出てくるまでに非常に時間がかかることがあるため、事前にTwitterIDを入力しておくことをおすすめします。

  • 料金:無料。
  • トライアル:無料で利用可能。
  • リンク:whotwi

ツイプロ(ベンチーマークアカウントの抽出)

twitter分析ツール
  • プロフィール内を分析し、アカウントをリスト化することが可能
  • whotwiと組み合わせることで活用の幅が広がる
  • 単体では活用の幅が限定的

キーワードを入力することで、指定したキーワードをプロフィールに含むアカウントを一覧で抽出することができるツールです。whotwiはTwitterIDを指定してアカウントを更に深堀する分析が可能なTwitterアカウントの分析ツールですが、ツイプロは対象にすべきアカウント自体を抽出する、所謂「ベンチマークアカウントの抽出ツール」と認識するのが良いでしょう。

ツイプロでベンチマーク候補を複数抽出し、対象のアカウントをwhotwiで分析することで、定量的なデータに基づいた分析を一気通貫で行うことが可能となります。

できることが限られるツールではありますが、Twitter分析のフローの中に組み込む価値はあるツールなので、有効活用してみてはいかがでしょうか。

  • 料金:無料。
  • トライアル:無料で利用可能。
  • リンク:ツイプロ

無料のTwitter分析ツール:ソーシャルリスニングツール

ソーシャルリスニングツールは、上記2つのツールタイプとはテイストが異なります。投稿管理・分析ツールとアカウント分析ツールは、Twitterアカウントありきの分析となります。

一方で、ソーシャルリスニングツールはその名の通り、特定のブランドやキーワードに対するSNS上での反響データを取得するツールとなります。本格的な分析は、有料ツールで行うのが一般的ではありますが、簡易的なものであれば無料ツールでも可能なので、まずは以下で紹介するツールから始めるのはいかがでしょうか。

TweetDeck(ツイートデック:特定のキーワードで定点観測したい)

分析ツール
  • Twitter社が提供する公式アプリであり安心性が高い
  • Twitter公式の検索コマンドを使用できるため、カスタマイズの幅が広い
  • ツイート投稿機能もついているため、リプライ等の即時対応もストレスなく可能

TweetDeckはTwitter社が提供する公式アプリとなります。
通常のTwitterのアプリでは、Twitter検索を使用することで、特定のキーワードにおけるタイムラインをモニタリングすることは可能ですが、複数のキーワードを同時並行的にモニタリングし続けるのはやや難しく面倒です(PCであればブラウザ内の複数タブでTwitterを開けば不可能ではありません)。

TweetDeckはカラム形式でTwitter検索の画面を複数表示することができるため、複数のキーワードを同時並行的にモニタリングすることが可能となります。
例えば、Keywordmap for SNS(サービス名)とCINC(会社名)の両方を同時並行でモニタリングするような場面で有効なツールです。

TweetDeckの使い方など詳しくは以下の記事で解説していますの、あわせて参考にしてみてください。
TweetDeck(ツイートデック)とは?使い方や活用するメリットを徹底解説

  • 料金:無料。
  • トライアル:無料で利用可能。
  • リンク:TweetDeck

Twittrend(ツイットレンド:地域別のTwitterトレンドを調査したい)

分析ツール
  • 埋もれがちな地域別のトレンドをキャッチアップできる
  • キーワードの側面からしかトレンド調査ができない
  • 全国主要都市約20か所におけるトレンドデータを取得

ついっぷるトレンド同様に、Twittrendもトレンド分析ができるツールとなりますが、調査できる項目はキーワードとハッシュタグのみとなります。
ついっぷるトレンドと異なり、地域ごとのTwitterトレンドの調査可能な点が最大の特徴となります。

調査可能な地域は限定されているものの、基本的に全国の主要都市は網羅されており、地域別の大まかなトレンドは把握が可能となります。
例えば、テレビ番組等の反響調査を実施する場合、地域ごとに放送時間が異なることがあるため、放送時間とTwitter上の反響の相関性を調査する際にも有効に活用することが可能です。

地方の企業がローカルトレンドを特定するために活用するのも有効な施策となりうるので、機能は限定されているものの活用の幅は非常に広く、おすすめのツールです。

  • 料金:無料。
  • トライアル:無料で利用可能。
  • リンク:Twittrend

BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長

  • 膨大な口コミデータを保有
  • 属性分析やリアルタイムモニタリングなど多彩な機能
  • 強力なサポート体制

BuzzSpreader Powered by クチコミ@係長は、株式会社ホットリンクが提供するソーシャルリスニングツールです。もともと「クチコミ@係長」という名称でしたが、2019年に現在の名称に変更されました。

ソーシャルリスニングに必須の「口コミ」を収集できる機能に加え、どのような言葉と一緒に言及されることが多いのか抽出する機能、さらには投稿したユーザーの属性まで調査できる機能など、UGCを分析する様々な機能を取り揃えているのが特長です。

Twitterマーケティングに強みを持つホットリンク社ならではの活用サポート体制があるため、徹底的にソーシャルリスニングを行いたい際に魅力的なツールです。

Twitter分析オールインワンツール

  • 投稿管理、アカウント・フォロワー分析、ソーシャルリスニング全て可能。
  • ソーシャルリスニングについては、UGCだけでなくエンゲージメントの切り口からの反響調査も可能。
  • Twitterマーケティングを運用する効果測定機能、PDCA機能を搭載。
  • カスタマーサクセスによる強力なサポート体制

「どんな人でも再現性をもってTwitter運用ができる」というコンセプトの下に開発されたツールであり、且つ有料サービスなだけあって、カスタマーサクセスのサポートも非常に手厚いサービスとなっています。

上記にて紹介したTwitterの無料分析ツールで、ある程度の分析は可能ですが、あくまでも数値管理やデータ取得に留まるツールが多いのがネックとなります。
抽出されたデータをどのように活用するのかは、分析担当者の属人的なスキルに依存するため、本当の意味でツールを使いこなすには一定の知見が必要となるでしょう。誰にでもできることではありません。

一方で、Twitter運用分析ツール「Keywordmap for SNS」では、アカウント分析、投稿管理、ソーシャルリスニングという上記ポイント全てを揃えており、且つどのようなツイートをすればエンゲージメントが取りやすいのかという施策部分まで明らかにすることができます。

また、ソーシャルリスニングの側面から考えたときに、多くの有料ツールではUGC(User Generated Content : 一般ユーザーより生まれたコンテンツ)の取得をメイン機能としています。

Keywordmap for SNSはUGCだけでなく、「どのようなキーワードに対しエンゲージメントが多いのか」という切り口からも分析が可能なので、正しい意味でのユーザーの反響調査が可能です。

  • 料金:有料。プラン毎に料金が変わるため要問い合わせ
  • トライアル:有り
  • リンク:Keywordmap for SNS
この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。詳しくはこちら⇒https://keywordmap.jp/

無料メルマガ登録

Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

ITreview LEADER 2021 Summer

Keywordmapのカスタマーレビュー

*

ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

良いポイント

  • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
  • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
  • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

*

初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

良いポイント

  • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
  • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
  • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

*

機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

良いポイント

  • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
  • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
  • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利
×