拡散されやすいコンテンツ
SNSマーケティング

拡散されやすいTwitterコンテンツの作り方

Twitterは国内月間アクティブユーザー数約4,500万人(2018年10月時点)を誇る、LINEに続いて、日本で2番目にユーザー数の多いソーシャルメディアです。拡散性が高い特徴を持っており、マーケティングにおいても重要な役割を担うメディアになっています。
では、Twitterにおける拡散されやすいコンテンツとはどのようなものなのでしょうか。今回は多くのユーザーに届くようなTwitterコンテンツ作成方法について確認していきます。

ツイート作成の基本

コンテンツそのものも重要ですが、目に留まるような表面的な部分においてもツイートを意識する必要があります。ここでは質の高いツイートを作成するポイントを紹介します。
主なポイントは以下の4点になります。それぞれ見ていきましょう。

・視認性を高める
・画像・動画を活用する
・ハッシュタグを活用する
・ゴールデンタイムに投稿する

視認性を高める

Twitterはテキスト(文字)がメインのソーシャルメディアです。1ツイートに140字まで記載できますが、それなりの工夫をしないと読みにくい投稿になってしまいます。さらに、タイムラインの流れが速いため、読みにくい投稿はスルーされてしまいます。したがって、直感的に見やすく、読みやすいツイート作成を心掛けましょう。文章は短く、簡潔にし、意味のまとまりごとに改行するなどといった工夫が必要です。

画像・動画を活用する

画像と動画を活用すると、視覚に訴えかけるツイートになります。
テキストのみのツイートに比べて、伝えられる情報量が増え、閲覧されやすいツイートになります。他のテキストのみのコンテンツと差別化を図るためにも非常に有効です。
なお、Twitter社は、「動画を載せたツイートは載せていない物に比べて10倍エンゲージメントする傾向にある」と公表しています※

※参考記事:https://business.twitter.com/en/blog/creating-video-content-with-your-phone.html

以下は、画像や動画を上手く使った企業の事例です。

カップヌードル

アニメとのコラボ企画や思わずクリックしてしまう話題性あるツイートをしています。

Newspicks

記事の要約を動画と画像を活用して、投稿しています。

ハッシュタグを活用する

ハッシュタグはツイートをカテゴリーに分ける目印です。ボリュームが多いハッシュタグは多くの人が関心のあるカテゴリーだといえるでしょう。ツイートを届けたい層が関心を持ちそうなハッシュタグを見つけ出し、ツイートに入れ込むことで、効率良くコンテンツを届けることができるようになります。

ゴールデンタイムに投稿する

作成プロセスとはやや異なりますが、投稿時間帯も拡散要素のひとつです。エンゲージメントが付きやすいゴールデンタイムを見つけましょう。フォロワーの属性によって、アクティブな時間帯は異なります。

たとえば、フォロワーにビジネスパーソンが多い場合は通勤時間帯にアクティブな傾向があります。一番大切なのは、投稿する時間を最適化し続けていくことです。投稿する内容によって受けが良い時間帯も変わります。運用していくなかで投稿時間を調整しながら自社アカウントのゴールデンタイムを見つけていきましょう。

共感を生む企画を作る

拡散されるコンテンツには、共感してもらえる要素が必ず含まれています。ここではどのようなコンテンツが共感を生むのか事例とともにご紹介します。

シェアされるコンテンツの特徴

共感を生むコンテンツか

むやみにツイートするのではなく、内容に共感してもらえそうなコンテンツを発信しましょう。そのためにはターゲットとなる、情報を届けたいユーザーを設定する必要があります。設定したユーザーがどのような文脈でつながっているかTwitter上で確かめ、自分ごと化・仲間ごと化するコンテンツを投稿しましょう。

特にTwitterはトピックごとの興味関心でつながりが生まれやすいソーシャルメディアです。自分のフォロワーには、どのようなテーマにおいて共感が得られるか考えて発信していくことが肝心です。コツとしては、ターゲットがどんなテーマに共感したがっているのか、という発想を持つことです。

シェアしたくなる動機があるコンテンツか

人にはシェアしたくなる心理、動機があります。拡散を目的とする投稿は、その動機を刺激するコンテンツである必要があります。

シェアしたくなる動機を含むツイートをすると拡散されやすくなります。
例えば、以下のような事例が典型的です。

・コクヨ #整理できない青春キャンペーン

TwitterDM botを活用した、「#整理できない青春はキャンペーン」を実施し、話題を呼びました。DMでの選択肢の選び方によってストーリーが変わるというゲーム性を持たせた企画で、一時的にゲームが配信できない状態になるほど反響を呼びました。1月16日に開始したキャンペーンは2月14日時点で158万以上のリーチを獲得しました。

https://www.kokuyo-st.co.jp/stationery/2hbinder/seishuncp/

日清 カップヌードル

ユーモア溢れる切り口でカップヌードルに関するツイートを発信しています。
上記でも紹介しましたが、他にもハンコでカップヌードルを書いたり、糸で縫ったカップヌードル作成したりする斬新なアイディアで人気を集めています。フォロワー数は16万人(2020年5月時点)にのぼります。

ツールで効果検証を行う

シェア・拡散されるようなコンテンツをつくるには効果検証が欠かせません。PDCAサイクルを回して常に改善を図っていきましょう。
分析ツールを活用すると、数字に基づいた検証ができます。ここでは有用なツールをご紹介します。

Twitterアナリティクス

Twitterアナリティクスは指定期間のツイートの反響、投稿ごとの反響をデータで把握できます。投稿の反響を分析することで、ユーザーが求めるコンテンツが何か把握でき、適切な情報を考える参考になります。
また、効果があったツイートをもとにその要因を探り、再現性がある効果的なツイートを作成できます。

Twitterアナリティクスで測れるおもな指標

過去1か月のパフォーマンスの変動:以下の指標の増減率
 ∟ツイート数
 ∟全体のインプレッション
 ∟プロフィールへのアクセス
 ∟フォロワー数

トップツイート:特定の期間でインプレッションの最も多いツイートを表示

トップフォロワー:特定の期間でフォローされた最もフォロワー数の多いアカウントを表示

ツイートアクティビティ:ツイートごとの各データを表示
 ∟インプレッション数
 ∟エンゲージメント総数
  ∟メディアのエンゲージメント
  ∟詳細のクリック数
  ∟プロフィールのクリック数
  ∟いいね
  ∟ハッシュタグのクリック数
  ∟リツイートなど

Twitterアナリティクス

Keywordmap for SNS

ビッグデータに基づいたTwitter分析ツールです。

ユーザーのエンゲージメントが高いキーワードを抽出したり、感情分析、およびキーワードごとのデモグラフィック分析ができます。デモグラフィック分析では時間帯、曜日別の該当キーワードを含むツイートの投稿数などが分かります。さらに指定したテーマのインフルエンサーを抽出できる機能も搭載しており、リーチしたい層がRT・引用RTしているアカウントを効率良く見つけ出せます。

ユーザーが求めるコンテンツをつくる

紹介したポイントをひとつずつ抑えると、Twitterで拡散されやすいコンテンツを作成できます。また、テクニックだけでなくコンテンツの中身が最重要です。なによりもまずユーザーが求める情報を意識して、拡散されるコンテンツを配信しましょう。

SHARE
facebook twitter line B!
この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。詳しくはこちら⇒https://keywordmap.jp/