共起語とは
コンテンツマーケティング

共起語とは?SEOに貢献するのか?抽出ツールでSEO効果を発揮する方法【Keywordmap】

共起語のSEO効果については、これまでさんざん議論されてきました。

上位表示に貢献していると考えるWebマーケターもいれば、Googleは共起語を検索順位づけのファクターとしてとらえておらず、そのため全く考慮に入れる必要はないと述べるコンサルタントもいます。

結局、実際のところどうなのでしょうか?

難しい問いですが、これにこたえるべく、今回は共起語とは何か、そして共起語に関する正しい知識と気になるSEO効果について、さらにはKeywordmapという共起語分析ツールを紹介していきます。ぜひ参考にしてみてください。

記事に含まれていない共起語を調べたいならKeywordmap~1週間、無料で使えます~

共起語とは

相関関係として、抜け漏れていた共起語をコンテンツに追加すると情報網羅性が高まり、結果としてユーザーニーズを満たして、Googleに評価されるということはあり得ます。ポイントは、上位表示されているWebページが含有する共起語を、コンテンツに含ませるという点です。

さて、ではまずそもそも共起語とは何か、について考えていきましょう。

共起語とは?

共起語とは、主軸キーワードを含む文章、あるいはその周辺に同時かつ頻繁に出現する他の単語を指します。

「SEO」がキーワードだとすれば、検索やWebサイト、ページ、リンク、Google、コンテンツ、titile文などが共起語だと考えられます。

情報網羅性や専門性が高い記事ほど、記事内の語彙のバリエーションは豊富になり、関連する様々なワード(共起語)が出現する傾向にあります。

共起語とは

共起語を多く含む=情報網羅性が高い

Googleは入力された検索キーワードに潜むユーザーの検索意図を理解し、その意図に即したアンサー度の高いコンテンツ(Webページ)を、高く評価する傾向にあります。これはもはや常識でしょう。

2014年あたりから文章コンテンツのページがより評価されるようになり、一昔前はDB系サイトが占有していたキーワードの検索結果も、近時、コンテンツ系Webページが上位順位を獲得しているということも珍しくない状態になっています。

共起語とは

つまり上位順位のWebページは、対象キーワードに関して一定の評価をGoogleから得ており、すなわち情報網羅性・専門性が高いと考えることができます。

そして、上位表示されているページの多くが、共通した共起語をコンテンツ内に含有している傾向にあります。

したがって、上位順位を獲得しているWebページから出現する単語(共起語)を抽出して分析することで、情報網羅性の高いコンテンツ作成の参考にすることが可能になります。

冒頭に述べた、抜け漏れていた共起語をコンテンツに追加すると情報網羅性が高まり、結果としてユーザーニーズを満たして、Googleに評価されるとは、つまりこの一連の流れを指すわけです。

共起語はSEOに効果があるのか?

ここまで述べてきた通り、結論、共起語はSEOに効果があると考えられます。ただし、共起語を含めること=検索順位があがる、と安易に考えてはいけません。

共起語とは

以前は、『共起語をできる限り文章内に散りばめる』といった誤った認識がありました。しかし、現在のGoogleは検索意図を考慮してWebページを評価するため、共起語の出現のみではページを評価しません。

Googleはユーザーニーズにこたえるコンテンツ(情報)を、「可読性を持って記載しているか」ということまで考慮して評価するため、単に共起語を数多く含めるだけでは意味をなさないのです。

共起語はあくまでも、上位表示ページや競合サイトがどの様な内容や切り口でコンテンツを執筆しているかを把握するものだと捉えてください。

言い換えれば、これら共起語から自社コンテンツ内にまだ記載がないテーマを見つけだし、別のニーズを記事内に加筆するための情報ということです。これらを正しく含められれば、検索順位上昇に一定の効果があるでしょう。

共起語ツールの使い方

ここまで共起語の基礎知識と、そのSEO効果について考えてきました。上位表示と情報網羅性、情報網羅性と共起語、共起語とSEO、それぞれ密接に関係していることを把握できたら、次は共起語を抽出するツールについてみていきましょう。

共起語ツールを使ったSEOは、コンテンツ作成前後で意図が大きく異なる点に注意が必要です。状況にあった正しい使い方をすることを常に心がけましょう。

コンテンツ作成前

共起語ツールを使うことで、上位表示されている記事内に頻繁に現れるキーワードを把握することができます。

つまり検索ユーザーのニーズを満たすために必要な情報を把握することができるので、対策キーワードを説明する上でのテーマや見出し案の作成・本文中で使うべき共起語の選定に活用していきましょう。

コンテンツ作成後(リライト)

コンテンツを作成したはいいものの、思うような順位を獲得できないケースは多々あります。そのような場合は自社コンテンツと検索上位ページを比較し、含められていない共起語を調査することで、定量的な情報をもとに記事をリライトすることが可能になります。

共起語ツールを使うことで、検索ニーズに対して不足している情報を加筆し、検索上位を狙いましょう。

Keywordmapを使った共起語調査

ところで、実際に共起語を調査、コンテンツの抜け漏れを調べて、足りないテーマを補完していく、という一連の作業は簡単ではないですし、かなりの工数がかかります。

テーマを補完していくというのは、どうやっても人間の手が必要ですが、共起語を調査して、コンテンツの抜け漏れを洗い出し、加筆すべきテーマを明らかにするのはツールに任せることができます。

共起語の調査から、コンテンツに必要な共起語を提示してくれるツールが「Keywordmap」になります。

Keywordmap「共起語分析」機能

共起語とは:Keywordmap

共起語分析機能で、調査したい対策したいキーワードを入力します。
解析が終わると同時に、共起語が一覧で表示されます。

なお、Keywordmapの「共起語分析」では、本文抽出エンジンを用いて本文箇所からのみ文章を抽出し解析しています。共通箇所であるサイドバーやフッターなどは解析対象から除外されているので、より精度高く共起語を解析できます。

共起語とは:Keywordmap

抽出された共起語は、主軸キーワードとの関連性などを考慮し重要度を表す独自のスコアリングでソートされます。上図のように、一覧の上が最も重要度が高く、下に行くほど共起語としての重要度は低くなります。

※キーワード分析やコンテンツ企画(プランニング)時に利用できるよう、CSV形式でダウンロードすることが可能です。

共起語調査ならKeywordmap~1週間無料でお試し利用してみませんか?~

自社コンテンツの共起語抜け漏れをチェックする

当ツール内には、抽出した共起語が対象のテキスト文章内に含まれているかを瞬時にチェックする機能があり、既に公開済の記事の内容修正時や加筆する際に、抜け・漏れているテーマが無いかを確認できます。

共起語とは:Keywordmap

共起語抽出画面の左上にある「共起語含有チェック」のリンクをクリックし、チェックする文章(既に公開している自社記事など)を入力します。

共起語とは:Keywordmap

本文に含まれている共起語には、【有り】が頭の部分に付与されます。
単独で表示されている場合、検索上位のWebページには含まれているが、対象記事(コピペした本文)にはないテーマであることがわかります。

抜け・漏れているテーマから自社記事に加筆・修正できる内容がないか読み解き、新たなテーマを探してましょう。

抜け漏れから新たなテーマを加筆する

たとえば、さらにKeywordmapの別の機能「ワードマップ」を用いることで、抜け・漏れがあったテーマワードを、ユーザーの検索意図を洗い出し、加筆内容として構成案に落とし込むことも可能です。

共起語とは:Keywordmap

以上のように、共起語から新たに取り上げることができるテーマを探し出し、ユーザーの検索ニーズは高いものの自社記事に抜けていたテーマ(興味・関心事)を加筆していきます。

Keywordmapなら共起語の調査から、抜け漏れワードの抽出、新たな検索意図の洗い出しまでワンストップで行えます。
まずは、1週間の無料トライアルで共起語分析をしてみませんか?

まずは7日間、無料でお試ししてみませんか?
全機能使えます!

New call-to-action

SHARE
この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。詳しくはこちら⇒https://keywordmap.jp/