SEO

ドメインパワーを上げる9つの方法を解説!スコアの目安や調べ方とは?

「Webサイトが検索エンジンからどれくらい信頼されているか」を示す指標「ドメインパワー」。SEOを行う上で、ドメインパワーは上げる方が良いということは知っていても、具体的な打ち手に困っている方は多いのではないでしょうか。

Webサイトの集客改善について、”無料”で相談してみませんか?
貴社に最適なSEO対策・コンテンツ制作・リスティング広告運用を無料でアドバイスいたします!
▶無料のSEO相談窓口はこちらから

当記事では、ドメインパワーとは何か、高めるメリットといった基礎知識から、ドメインパワーを上げる実践的なノウハウまで解説します。

自社サイトのドメインパワーを上げる方法を知りたい方はぜひ参考にしてみてください。

ドメインパワーとは?

ドメインパワーとは、特定のドメイン(Webサイト)が、検索エンジンからどの程度信頼されているかを0〜100の数値であらわした指標のことです。サイト内の有意なページの数、コンテンツの質、被リンク数、およびサイトの運営年数などを踏まえて決定されているとみられ、ドメインパワーが高いサイトほど上位表示されやすくなるといった相関関係があります。

なお、いくつかのツールやサービスを使ってドメインパワーを推定することができますが、Googleが公式に発表している概念ではないことに注意してください。

ドメインパワーを上げる9つの方法

ドメインパワーを上げるための9つの方法を紹介します。

地道にコツコツ実践していかなければならない施策だけでなく、今日からすぐに実践できる施策もあります。まずは、できることから始めていきましょう。

  1. 検索エンジンから高評価を受けるページの作成
  2. 記事数(ページ数)を増やす 
  3. サイト内で評価を集約する
  4. 更新頻度を担保する
  5. 被リンクを獲得する
  6. SEOに強いサイト構造にする
  7. サイトを長く運営する 
  8. 質の低いリンクを削除
  9. ユーザーエクスペリエンスの最適化

検索エンジンから高評価を受けるページの作成

ドメインパワーを上げるためには、コンテンツが良質であることが何より重要です。特に検索エンジンから高評価を受けられるページを作成するには、次のポイントに気をつけます。

各ポイントについて詳しい解説に関して記事を用意していますので、リンクからご確認ください。またSEOに強い記事の作り方に関しては以下の記事で解説していますので、あわせて参考にしてみてください。
SEOに強い記事の書き方を徹底解説!具体例でわかるSEOライティング

記事数(ページ数)を増やす

ユーザーが満足のいく情報を提供するサイトになるまでには、一定の「量」が必要です。記事数(ページ数)が増えることで、サイト内に多くの情報が含まれていると検索エンジンに判断されれば、サイトがより評価してもらいやすくなる傾向にあります。そのため、記事数(ページ数)を増やすことでドメインパワーが上がりやすくなると言えるでしょう。

ただし、あくまで大前提は「ユーザーのニーズを満たす良質なコンテンツを増やすこと」です。品質の悪い記事をやみくもに量産すると、かえって評価を下げることにつながります。

サイト内で評価を集約する

サイト内で特に順位を上げたいページに評価を集約しましょう。サイト内の特定のページに評価を上げたいページのリンクを貼り付けることで、リンクを受けたページの、検索エンジンからの評価が高まる傾向にあります。(検索エンジンから、上記のような内部リンクを通じて、リンク元からリンク先へ渡される評価は「リンクジュース」と呼ばれます。)

高評価を受けるページが増えれば、サイト全体の評価(ドメインパワー)も高まりやすくなります。リンクジュースが多く集まっているほど、SEO評価が高まりやすくなりますが、読者の利便性を損なわないためにも、関連性の高いページとリンクさせることを心掛けましょう。

なお、既存ページからリンクをつなげることは、検索エンジンのクローリングをスムーズにする効果があります。単純にSEOにも好影響があるため、評価を集約する内部リンクの設置が推奨されます。

更新頻度を担保する

更新頻度の多さはドメインパワーの上昇に影響を与える可能性があります。

検索クエリ(キーワード)に対して、常に最新の情報を踏まえたページが更新され続けていることは、ユーザーの利便性に高く貢献していると捉えられ、検索エンジンにより信頼されやすくなる傾向があるためです。

定期的に新規コンテンツのリリースや、既存コンテンツの改善(リライト)を行うことで、サイト全体の評価を高めていきましょう。ただし、日付やテキストを微妙に変えるという特に意味のないページの更新を続けたり質の悪いコンテンツを量産してしまうと、かえって評価を下げることにつながるので、注意しましょう。

被リンクを獲得する

Googleは、外部サイトから張られた自社サイトへのリンク=被リンクの獲得数をサイト評価時に重要視しています。

実際に被リンク数を「投票数」をとらえ、サイトを評価していると公式に発表しています。

▼Googleの公式見解

Google では、200 以上の要素と、PageRank™ アルゴリズムをはじめとするさまざまな技術を使用して、各ウェブページの重要性を評価しています。PageRank のアルゴリズムでは、ページ間のリンクを「投票」と解釈し、どのサイトが他のページから最高の情報源として投票されているかを分析します。

Google が掲げる 10 の事実

そのため、被リンクを獲得する施策はとても重要です。

獲得には以下のような工夫が有効です。

  • 引用元として掲載したいと思わせるような質の高いコンテンツを作ること
  • 被リンク営業を行うこと
  • 他社メディアへの寄稿(自社サイトのリンクを張ってもらう)

被リンクの評価ポイントは、「数」だけではない点に要注意です。検索エンジンから高い評価を受けているサイトからのリンクであること、貼られたリンクからきちんとアクセスがあることなどが重要です。

以下の動画でも「ドメインパワーを上げる方法」について解説されているので参考にしてみてください。
(参考:【SEO対策】ドメインパワーの上げ方

SEOに強いサイト構造にする

サイト構造とは、「Webサイト全体の設計書」を指します。

サイト構造を整理することでユーザーの利便性が高まるだけでなく、検索エンジンのスムーズなクローリングを促すことでインデックスされやすくなり、結果としてサイト全体のSEO評価が上がる傾向にあります。

SEOに強いサイト構造にするためには、他にも次のようなことが重要です。

  • キーワード群を意識して階層を設計する
  • サイトマップを作成する
  • ページはテーマ・カテゴリごとでまとめる
  • 最大3クリックでどんなページにも移動できるようにする
  • 関連するページのリンクを張る

サイト構造に関しては以下の記事でも詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみてください。
サイト構造でSEOアクセスを増やすための設計方法とは

サイトを長く運営する

ドメインの運用歴は「ドメインエイジ」と呼ばれ、長い方が検索エンジンに信頼されやすい傾向があります。一般的にサイトを長く運営すればするほど、インデックスされるページ数も内部リンクの数も増えてくるため、検索エンジンが信頼するための材料が多くなるためです。

ドメインパワーは効果が出るまでに比較的時間がかかるため、長期をみすえて運用体制を考えるのがよいでしょう。

質の低いリンクを削除

質の高いリンクを獲得する一方で、質の低いリンクを削除することも自社サイトに良い影響を与えます。

スパムサイトなど質の低いサイトからのリンクを受けていると、Googleのリンクプログラムに違反していると捉えられ、ペナルティにつながることがあるためです。ペナルティを受ければ、サイトの評価が下がるためドメインパワーも同じように減少します。

リンクを削除する(あるいは運営主に削除してもらう)のが一番確実ですが、リンクを削除できない場合は、Google Search Consoleを使用してリンクを受けないように拒否することができます。その場合、Googleのクローラーは、スパムサイトからの被リンクをあなたのサイトを評価する判断材料から外してくれます。

以下のGoogle公式ページでリンクの否認方法が解説されていますので、参考にしてみてください。
サイトへのリンクを否認する

ユーザーエクスペリエンスの最適化

ユーザーエクスペリエンス(UX)とは、「ユーザーがある製品やサービスを利用する際に感じる全ての体験」を指します。UXを最適化することで、ユーザーの利便性が向上するため、サイトのSEO評価が上がって検索エンジンからの信頼性(ドメインパワー)を高めることにつながります。

具体的にGoogleは「Core Web Vitals」という指標に基づき、Webサイトのユーザー体験における健全性を評価しています。

「Core Web Vitals」は以下3つの要素で構成されており、それぞれが健全な値であることが求められます。

  • LCP(Largest Contentful Paint):ページの表示速度を測る指標
  • FID(First Input Delay):ユーザーの応答性を測る指標
  • CLS(Cumulative Layout Shift):視覚の安定性を測る指標

LCP、FID、CLSについては「ページスピードインサイト」というGoogleの公式ツールで検査することができます。

これらを改善するには、画像サイズが大きくないか、JavaScriptの実行量が多くないか、サイト内のデザインが崩れていないか、といった点を確認することが必要です。

また、UXを向上させるためにはモバイル検索に最適化させることも非常に重要です。モバイルデバイスでも使いやすいようにデザインすることを「モバイルフレンドリー」と呼び、2015年4月のアップデート以来、Googleが強く推奨しています。

実際にGoogleは以下の公式見解を発表しています。

モバイル デバイスでサイトにアクセスするユーザーにとって、どのようなタスクが最も重要で一般的であるかを考えます。こうしたタスクを行いやすくすることが不可欠であり、そのようなモバイルサイトを作れるかどうかによって、ユーザーがどれだけスムーズに目的を達成できるかが決まります。サイトのデザインを工夫して、使いやすさを向上させることも大事です。

Gogole検索セントラル

具体的には次の方法でモバイルフレンドリーを実現できます。

  • レスポンシブデザインを採用する
  • モバイル端末で視認しやすいページ・コンテンツを作る
  • フォントサイズを適切に設定する(小さくなりすぎないように)
  • ナビゲーションをシンプルにする
  • 画像を軽量化する

これらの、UX面での改善を行うことで、サイト評価を高めていきましょう。

ドメインパワーを調べる方法

ツールを使ってドメインパワーを調べる方法を紹介します。

ドメインパワーの調査に関しては、以下の4つのツールが特によく利用されています。

ただし、各ツールそれぞれ独自の方法で数値を算出しているため、実際の検索エンジンによる評価指標とは異なる点をおさえておきましょう。

実際にGoogleのジョンミュラー氏は、「Googleは、MozのDomain Authorityの指標は使用していない」と公言しています。

リサーチツール概要・特徴
Mozドメインオーソリティ(DA)という指標でドメインパワーを表示被リンク獲得状況の把握や競合調査など、得られる調査結果や機能が豊富DA調査だけならアカウント登録不要で利用可能(1日3回まで)
パワーランクチェックツールユーザー登録などなしですぐに利用可能「パワーランク」という指標でドメインパワーを表示
Ahrefs「Domain Rating」という指標でドメインパワーを表示ドメインパワーを調べる以外には、特に被リンク獲得に関するデータ収集ツールとして人気
SEMrush「オーソリティスコア」という数値でドメインパワーを表示無料プランから利用できる他社サイトのパフォーマンス分析など多彩な機能が利用可能

Mozで調べる方法

以下、Mozを使ってドメインパワーを調べる手順です。「Domain Authority(ドメインオーソリティ)」という指標がドメインパワーを表しています。

  1. Mozのドメイン調査ツールにアクセス
  2. 「Enter a domain」欄に、調べたいドメインを入力
  3. 「Check Authority」ボタンをクリックすると、調査結果が表示される
Moz_ドメインパワーを調べる方法

パワーランクチェックツールで調べる方法

以下、パワーランクチェックツールを使ってドメインパワーを調べる手順です。ドメインパワーを調べるには「パワーランク」の指標を確認します。

  1. パワーランクチェックツールのサイトにアクセス
  2. 「URLを正確に入力してください」に、調べたいドメインを入力
  3. 検索ボタンをクリックすると、分析結果が表示される
パワーランクチェックツール_ドメインパワーを調べる方法

Ahrefsで調べる方法

つづいて、Ahrefsを使ってドメインパワーを調べる手順です。分析結果の中にある「ドメインランク」という項目がドメインパワーを表す指標です。

  1. Ahrefsのサイトにアクセス
  2. 画面上部にある「ログイン」ボタンをクリックしてログイン(もしくはアカウント作成)
  3. トップメニューから「Site Explorer」を選択
  4. 画面上部にあるURL入力欄に、調べたいドメインを入力
  5. 検索ボタンをクリックすると、分析結果が表示される
ahrefs_ドメインパワーを調べる方法

SEMrushで調べる方法

SEMrushでは、以下の手順でドメインパワーを調べます。「Authority Score」という指標がドメインパワーを表しています。

  1. SEMrushのサイトにアクセス
  2. 画面上部にある「ログイン」ボタンをクリックしてログイン
  3. サイト左にあるトップメニューから「Domain Overview」を選択
  4. ドメイン入力欄に、ドメインを入力
  5. 「Search」ボタンをクリックすると、分析結果が表示される
ドメインパワーを調べる方法_Semrush

ドメインパワーの平均・目安

ドメインパワー(ドメインオーソリティ)の平均・目安は、一般に30〜50程度です。Webサイトを新しく作ったばかりならば、まずはこの目安値を目標としてみるとよいでしょう。

ドメインパワーの点数があらわす一般的な意味は以下のとおりです。

スコア解釈の目安
30点未満低い
30~40点平均以下
40〜50点平均的
50〜60点良い
60〜70点非常に良い
80点以上抜群

ドメインパワーはあくまで推測値であり、ツールによって算出要素と結果の値も異なります。どのくらいあれば良いということは一概には言えないため、自社サイトのドメインパワーだけで良し悪しを判断するよりも、競合サイトの数値と比較してみて、差分を確認するのがよいでしょう。ただ、サイト全体の検索順位の高さとドメインパワーの大きさには相関があると考えて問題はありません。

また、上記の「ドメインパワーを上げる9つの方法」によって、「どれほどの期間でドメインパワーが上がるのか」についてですが、一般的には、サイトの開設からおよそ4ヵ月ほどでドメインパワーに変化があったという報告が多く見られます。

ドメインパワーを上げるメリット

ドメインパワーを上げることで、どのような効果があるか、あらためて整理しておきましょう。メリットを把握しておくことで、ドメインパワーを上げる施策の優先順位や目的が明確になります。

検索結果で上位を獲得しやすくなる

検索エンジンは、ドメインパワーが高いサイトを信頼し検索上位に表示させる傾向があります。別の言い方をすれば、検索順位の高さとドメインパワーの大きさには相関関係があります。そのため、いくら優れたコンテンツを作成しても、すでに上位にドメインパワー80、90といった超強力なサイトが検索結果の上位に並んでいたとすれば、そこに割って入り込むことは難しいといえます。

今回紹介した「ドメインパワーを上げる9つの方法」をはじめ、ドメインパワーを上げるSEO対策を地道に続けていくことで、検索エンジンから信頼を得て、検索結果で上位表示されやすくなりますが、それまではドメインパワーの強いサイトが対策していないようなキーワードを狙うなどの工夫が必要です。

検索エンジンのクローリングの頻度が上がる

ドメインパワーが高く信頼されているサイトは、検索エンジンのクローリングの頻度が上がる傾向にあります。そのため、インデックスされるまでの時間が短縮され、すぐに検索結果に表示されやすくなります。

その結果、ユーザーに向けていち早く情報を提供できる(その分アクセスが増えやすい)ことに加え、ページを改善した際にも、比較的早く分析したいデータを得ることができます。

つまり、PDCAのサイクルをより早く回せることにつながるのです。

上位表示されるキーワードが増える

ドメインパワーが上がると、狙ったキーワード以外でも上位表示されやすくなります。Googleなどの検索エンジンは、検索ユーザーに信頼できるサイトを表示させることを目的に、様々な検索アルゴリズムのアップデートを行っていることからもそれが読み取れます。

流入元となるキーワードが広がれば、当然、訪問者数が増え、被リンク獲得につながりやすくなり、さらにドメインパワーが上昇するという好循環につながります。

ドメインパワーを上げる際に注意すべきこと

最後にドメインパワーを上げるうえで注意しておくべき点についてみていきましょう。

これらを知らずに施策を実行してしまうと、期待した結果が得られなかったり、かえって検索エンジンからマイナスの評価を受けてしまったりするリスクもあるため、しっかりと押さえておいてください。

悪質サイトからの被リンクでペナルティを受ける可能性がある

上記でも軽く触れましたが、スパムリンクには注意しましょう。

ドメインパワーのために被リンクを獲得しようと自作自演で不自然にリンクをつなげたり、外部の業者などに金銭を払ってリンクを買ったりすることは「ブラックハットSEO」と呼ばれ、Googleのガイドライン「リンクプログラム」に抵触します。質の悪い被リンクを集めてもドメインパワーを上げるのに役立たないどころか、マイナス評価やペナルティを受ける恐れがあるため絶対に行わないようにしてください。

ドメインパワーが上がるまでには時間がかかる

ドメインパワーが上がるまでに必要な時間は、サイトやビジネスの状況によって異なります。

例えば、サイトの運営体制(運営担当者の数、制作できるコンテンツの量など)や、運営にかけられる予算などに依存する傾向があります。

一般的には、継続的に質の高いコンテンツを提供したり、外部サイトからのリンクを獲得したりと、長期にわたりサイトを運営していくことでドメインパワーが上がっていくと言われています。成果が出るまでには、時間がかかるものだという点は見越しておきましょう。

ドメインパワーが上がっても上位を獲得できないことがある

ドメインパワーが上がったからといって、必ずしも上位表示できるとは限りません。検索順位が決定される際、ドメインの強さだけでなく、コンテンツの品質も評価されているためです。

なお、検索エンジンのアルゴリズムは常に変化しており、現在ベストとされている施策が今後も最善策であるとは限りません。上位を獲得するためには、自社サイトのドメインパワーを上げるだけでなく、コンテンツの品質を高めたり、検索エンジンのアルゴリズムに適したサイト運営が必要です。

考え方としては、検索結果に同程度の品質のページが2つあった場合、ドメインパワーの差が順位を分ける要素になるかもしれないと捉えておきましょう。

まとめ

当記事では、ドメインパワーの調べ方や上げるメリットなどについて解説してきました。また、実際に上げるための方法は9つあることも確認しました。

【ドメインパワーを上げる方法】

  • 記事数(ページ数)を増やす 
  • サイト内で評価を集約する
  • 検索エンジンから高評価を受けるページの作成
  • 更新頻度を担保 
  • 被リンクを獲得する
  • SEOに強いサイト構造にする
  • サイトを長く運営する 
  • 質の低いリンクを削除
  • ユーザーエクスペリエンスの最適化

検索エンジンからの評価を高めて上位表示を達成させるために、ドメインパワーを上げることは避けて通れません。一方で、むやみにコンテンツを増やしたり不自然なリンクを購入したりといった安直な施策では効果が得られません。当記事で紹介したポイントや注意点も踏まえながら施策を考えるようにしてください。

この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。詳しくはこちら⇒https://keywordmap.jp/

無料メルマガ登録

Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

ITreview LEADER 2021 Summer

Keywordmapのカスタマーレビュー

*

ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

良いポイント

  • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
  • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
  • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

*

初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

良いポイント

  • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
  • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
  • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

*

機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

良いポイント

  • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
  • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
  • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利
×