twitter画像サイズ
SNSマーケティング

Twitterの画像サイズまとめ完全ガイド!PCとスマホでの表示確認方法も紹介

Twitterでせっかくツイートをしたのに、添付した画像がおかしい、という経験はありませんか? 見切れてしまったり、正しく表示されなかったりといった悩みを抱えている方は多いのではないでしょうか。

この記事ではTwitterで使われる画像の適切なサイズと比率について解説します。画像作成時に役立つサイズチェックやサイズの変換に関する無料ツール、そして投稿コンテンツの企画の参考になる事例も紹介していますのでぜひ最後までご覧ください!

-----------------------------------------------------
フォロワーが増えない、売上に繋がらない、工数がかかりすぎる……
Twitter運用のお悩み、このツールで解決します!
「投稿管理」から「分析・解析」まで、まるっと請け負うKewordmap for SNS
無料トライアルはこちらから⇒https://keywordmap.jp/sns/
-----------------------------------------------------

Twitter投稿に適している画像サイズは?

では、さっそくTwitterで画像を投稿する際の最適な画像サイズについて、スマートフォンとPCそれぞれみていきましょう。

スマートフォン版の投稿をする場合

①横長の画像

twitter画像サイズまとめ
  • 参考サイズ:横1200×縦675ピクセル
  • 横サイズ:最小600ピクセル
  • 縦サイズ:無制限
  • アスペクト比(縦横比):16:9
  • 形式:PNG、JPG、GIF
  • 容量:5MB以下

スマートフォンで投稿する際の推奨アスペクト比は16:9です。
この16:9でよく使われるピクセル数は1280 x 720ピクセル、1920 x 1080ピクセルなど複数あります。

Twitter社によると、画像横のサイズは600ピクセル以上を推奨しています。また横サイズ1200ピクセル以上の大きい画像を使った方が、利用者が画像を拡大した際により精細に表示されるといったことも記載されていることから、画質の良いものを投稿したいという方は上記横1200×縦675ピクセルで投稿をすると安心でしょう。

表示サイズや画像が見切れないか気になるという方はピクセルにこだわるのではなくアスペクト比(縦横比):16:9を確認して投稿することで見やすい投稿をすることができます。

②縦長の画像

2021年の5月に、Twitterで縦長の画像が従来のように横長にトリミングされず、そのまま表示されるようになりました。(※PC版では実装されていません。)

最低限のトリミングは行われますが、写真の内容を把握するには問題ありません。

  • 参考サイズ:横960×縦1280ピクセル、横640×縦1280ピクセル
  • アスペクト比(縦横比):3:4、1:2
  • 形式:PNG、JPG、GIF
  • 容量:5MB以下

画像がトリミングされたくない場合には以下の図のように、縦横比率を「3:4」もしくは、「1:2」にすると良いでしょう。

twitter画像サイズ
twitter画像サイズ

推奨する画像サイズは、それぞれ「横960×縦1280ピクセル」、「横640×縦1280ピクセル」となります。ぜひ画像作成の参考にしてみてください。

PC版の投稿をする場合

twitter画像サイズ
  • 参考サイズ:横1200×縦600ピクセル
  • 横サイズ:最小600ピクセル
  • 縦サイズ:無制限
  • 縦横比:横2:縦1
  • 形式:PNG、JPG、GIF
  • 容量:5MB以下

PC版で投稿する際の推奨アスペクト比は2:1です。

上で述べたように、画像横のサイズは600ピクセル以上を推奨しています。また拡大した際にも綺麗に表示される目安として横サイズ1200ピクセル以上の大きい画像が推奨されていることから、画質の良いものを投稿したいという方は上記横1200×縦600ピクセルで投稿をすると安心でしょう。

<注意点>
縦のサイズについては特に制限はありませんが、縦サイズが横サイズよりも大きくなる場合は、縦横比が自動でトリミングされるため、1:1になります。

PCとスマートフォン両方で綺麗に表示するには?

twitter画像サイズ

スマホ・PCの両方で綺麗に表示するためにはサイズ は、

  • 横1200px×縦675px
  • 比率:16:9 

で投稿することをおすすめします。
PC版に最適なアスペクト比2:1で投稿してしまうとスマートフォンで表示した際に左右が大きく切り取られてしまいます。一方でスマートフォンに最適なアスペクト比16:9で投稿した場合も同じように、PC表示では左右が少し切り取られてしまうのですが、切り取られる部分がかなり少なくなります。表示に大きな影響はないと言えるでしょう。

以上の理由からアスペクト比16:9で投稿することをおすすめします。

<豆知識コーナー>

ピクセルってなに?
ピクセルとは、デジタル画像の最小単位を指します。デジタル画像は拡大してみると1つ1つの小さな点で構成されています。点を英訳すると「ドット」になりますが、このドットに色情報を追加したのがピクセルです。カメラの性能を表す指標として画素数がありますが。この画素に当たるのが「ピクセル」です。

つまり、画素数が高い=ピクセルが多く集まっている ということになるため、より緻密で高画質に表示ができるということになります。

ヘッダー画像のサイズ:横1500×縦500ピクセル

twitter画像サイズKeywordmapヘッダー
  • サイズ:1500×500ピクセル
  • アスペクト比(縦横比):3:1
  • ファイルサイズ:最大で10MB
  • 形式:JPG・PNG

ヘッダー画像を作成する際の推奨アスペクト比は3:1です。

ちなみににヘッダーの中央上部についてデバイスの仕様によって隠れてしまうことが多いので注意です。ここに文字などを設置するのは避けた方が良いでしょう。

twitter画像サイズ

Twitter社のヘルプセンターではプロフィール画像の正しい方法について記載しています。またギャラリーにはヘッダー画像のテンプレートも用意されていますのでヘッダー画像をお探しの方は覗いてみるといいかもしれません。

プロフィール画像のサイズ:横400×縦400ピクセル

twitter画像サイズプロフィール
  • サイズ:400×400ピクセル
  • アスペクト比:1:1
  • 形式:JPG・PNG
  • 容量:2MB未満

プロフィール画像を作成する際の推奨アスペクト比は1:1です。

<注意ポイント>
400×400ピクセルで作成してもタイムライン上で実際に表示されるプロフィール写真は円形になります(下図、灰色部分が切り取られる領域)。ロゴを使用する場合は円形内に収まるように調整しましょう。

twitter画像サイズ

サイズを確認する方法と便利ツール

ここでは画像作成時に役立つ、サイズチェックやサイズの変換に関する無料ツールを、いくつか紹介します。

アスペクト比計算ツール

アスペクト比計算ツール

使用している画像がツイートに適したサイズ(16:9)になるとどのように表示されるのかなど、アスペクトに応じた画像サイズの確認ができます。

画像を添付するだけでチェックできるので簡単に活用できます。

リンク:アスペクト比計算ツール

アイキャッチ画像サイズチェッカー

アイキャッチ画像サイズチェッカー

Twitterの最適画像サイズだけでなく、Facebookやはてなブログの最適画像サイズも一緒に確認できます。同じく、画像を選択するだけで確認ができます。

リンク:アイキャッチ画像サイズチェッカー

Card validator

Card validator

こちらはTwitter社が提供している無料ツールです。

URLを入力するだけで、ツイート上でどのようにカード表示されるのか確認できます。サイト内は英語になりますが、直感的に簡単に使えますので心配はいりません。ツイート内にリンクを貼る際は是非こちらを活用してみてください。

なお、以下図のように緑色のみだと正常に表示されますが「No metatags found」という黄色文字が出た場合、必要なogp設定が行われていない可能性があるので注意が必要です。

Card validator

リンク:Twitter Card Validator

Keywordmap for SNS(投稿管理機能)

こちらは有料ツールですが、無料トライアルで使うことができます。
Keywordmapの「投稿管理」機能では投稿時のプレビュー確認で、投稿する画像がどのように表示されるのか確認できます。

Keywordmap for SNS

複数投稿や、OGPの確認はもちろん、PCとモバイルのデバイスごとにチェックしたうえで予約投稿ができるのでとても便利です。効率的に投稿管理を行いたい場合はぜひ活用してみてください。

リンク:Keywordmap for SNS

リサイズする方法と便利ツール

作った画像のアスペクトをチェックしてみたら綺麗に表示されなかった!という方はリサイズをして調整しましょう。こちらの手順で簡単にできます。

<リサイズする際の注意ポイント>

リサイズをおこなうと画質が落ちることがありますので下記に注意してください。

  • 何度もリサイズを行わない
  • 縦横の縮尺は変えない:縦横比を指定したものの、画像が横に間延びしてしまったりと見た目のバランスが悪くなります。

Twitterアプリ内でリサイズする

twitter画像サイズ

Twitterからツイートを作成したあとにリサイズを行います。

【画像を編集】を選択し「ワイド」「スクエア」などを指定するだけで簡単に画像サイズを調整することができます。

16:9の比率にする場合は一番左の「ワイド」を選択しましょう。

画像リサイズ(高画質・縮小・拡大・変換)|Web便利ツール@ツールタロウ

ツールタロウ

希望する幅と高さにリサイズできる優れものです。
ただし1ファイルにつき10MBまでしかアップできない点は気をつけてください。

リンク:画像リサイズ(高画質・縮小・拡大・変換)|Web便利ツール@ツールタロウ

スクリーンプレッサー

スクリーンプレッサー

筆者激押しのスクリーンショットアプリです。スクリーンショットが自動で複数枚保存されるだけでなく、アプリ内でぼかしや文字入れリサイズも簡単に出来ます。

リンク:スクリーンプレッサー

ラッコツールズ

ラッコツールズ

画像圧縮・PNG変換・画像トリミング等ができます。
画像編集だけでなく、単位変換や抽選などユニークな機能もふくまれているのが特徴です。

リンク:ラッコツールズ

画像投稿する際の注意事項 

画像の用意とサイズ調整おつかれさまでした。
あとは投稿するだけですが、最後に2つ注意点があります。

PNG形式で高画質なツイートをする

JPG形式だと画質が圧縮されて劣化してしまうことがあるのでPNG形式(可逆性圧縮のため画質が保たれる)が好ましいです。ブラウザ上でファイル形式を変換したい場合は上に記載したラッコツールズなどで変換をすることもできます。

撮影時の位置情報をOFFに

デバイスによっては撮影した写真に位置情報を自動取得するものもあります。
Twitterのアプリ側の初期設定ではこの位置情報の共有はOFFになっていますが、万が一ONになっていた際、最悪の場合、自宅の場所が特定されたりする危険性があります。

プライバシーの観点から、撮影時の位置情報はOFFにしておくことをおすすめします。

またTwitter社のTwitterサービス利用規約では画像を投稿、利用する際の注意点としてユーザーの権利およびコンテンツに対する権利についても言及してます。著作権などの問題に巻き込まれる前に、目を通しておいて、何に注意すべきなのかチェックしておきましょう。

画像投稿を活用した投稿事例

最後の画像を活用したツイート例をいくつか紹介します。
企画の参考にしてみてください。

フォロー&リツイートキャンペーン

ホワイトペーパーの一部を画像化しフォロー&リツイートでDM送付。
画像を4枚載せることでインプレッションの増加も見込めます。

ウェビナーの集客

ウェビナーのバナー画像を活用して投稿。
申し込みURLも同時に載せることでユーザーは興味のあるコンテンツを選択できます。また、上記同様、画像を4枚載せることでインプレッションの増加も見込めます。

なお、URLの記載する場合は短縮URLを使うと見た目も整います。

雑誌型コンテンツ

画像に文字情報をつめこみ紙面のようなリッチなコンテンツを掲載。
毎回作成するのは時間がかかるかもしれませんが、有益なコンテンツであることは間違いありません。シェア・拡散される可能性も高まります。

スワイプ画像コンテンツ

スマートフォンで表示した際に、上にスワイプをすることによって画像中のキャラクターが飛んでいる様に見えるコンテンツです。
こうした表示上の工夫ができと拡散のきっかけとなるかもしれません。

まとめ

本記事では、Twitterのツイート投稿に適している画像サイズをまとめました。
一般的にTwitterでは画像を含んだツイートはエンゲージメントが高くなる傾向があります。そのため画像の活用はTwitter運用を成功させる一つの鍵となりますので、ユーザーが見やすく印象に残る画像を作成できるようにしておきましょう。

弊社ではKeywordmap for SNSではTwitterで成果を出す調査分析ツールを提供しております。こちらも併せてご活用ください。

SHARE
この記事を書いたライター
とくちゃん
ソリューション事業本部推進部マーケティングチームにて、Twitterの中の人などを担当。趣味は映画。一番好きな作品は「華麗なるギャッツビー」