twitter フォロワー 管理
SNSマーケティング

Twitterフォロワー管理とは?おすすめ管理ツール・アプリを徹底比較!

そもそもフォロワー管理をTwitterのアカウント運用においては、フォロワー数を成果指標の1つとして計測することが多い傾向にあります。フォロワー数を追求していく際は、こちらからフォローしたり、フォローされたらフォローし返すといった細やかな管理が求められます。そこで今回は、フォロワー管理の方法そのものと、フォロワー管理に役立つツールを紹介いたします。フォロワーを管理し、Twitterをより効率的に運用していきましょう。

Twitterでフォロワー管理を「なぜ」するのか

フォロワー管理を管理する重要性について耳にしている人も多いかと思いますが、そもそもフォロワーを管理をする「目的」は何なのでしょうか。代表的な目的を3つ紹介します。

  • フォロワーを増やす、離脱を減らすこと
  • ファンを育てること
  • ターゲット像を明確にすること

フォロワーを増やす、離脱を減らすこと

大前提ですが、フォロワー管理の目的の中で最も重要なものは、「フォロワーを増やすこと」、「離脱(フォロー解除)を防ぐこと」です。

企業アカウントとして運用していく理由は、たくさんの人に自社の投稿を見てもらうため、つまり、自社やサービスの存在を認知してもらうためです。したがって、「フォロワー数」(あるいは「インプレッション数」)を指標に置くことが一般的です。

フォロワー数がKPIになるため、フォロワーの減少(離脱)を防ぎながら、フォロワーを増やしていく必要があります。そのための手段として、フォロワー数の推移(増減)を把握していくという管理が必要不可欠になります。

ファンを育てること

Twitterのフォロワーを管理するということは、ファンを育てることに繋がります。

単にフォロワー数を増やしただけの場合、ビジネス的に成功しているとは言えない可能性があります。たとえば、多くの企業が懸賞キャンペーンなどでフォロワー数は増えた一方で、キャンペーン以外の一般投稿で「いいね」や「リツイート」のエンゲージメントが伸びないといった悩みを抱えています。
これは、キャンペーンでフォロワーが増えたものの、ビジネス上のターゲットではなく、ファンの増加にはつながらなかったことを意味しています。

Keywordmap for SNS:「Follower分析」機能

twitterふぉろわ―管理_フォロワーの属性

本質的に重要なことは、フォロワーの中でも「ファンの数」をどれだけ増やせるか、ということになります。どれくらいの人が、あなたの投稿を心待ちにしているでしょうか。フォロワーの中でも「自社のファン」がどれくらいいるのかを管理し、ファンを育てる投稿をしてい区必要があります。

ターゲット像を明確にすること

ファンを育てるためには、先ほども触れましたがターゲット像を明確にしなければなりません。ユーザーは自分が興味のない投稿に「いいね」や「コメント」はしないため、企業側は自社サービスに関係するコンテンツに興味・関心を持ってくれるようなユーザーをターゲットにします。

まずは自社のアカウントのフォロワーをチェックし、どのような属性(=その人の興味・関心事)の人がフォローしてくれているのかを定期的にチェックします。ターゲットとなる属性を持ったユーザーの数に変化がないか、といったようなフォロワーの管理を行うことで、常にターゲット像を明確にし続けることができます。

Twitterでフォロワーの「何を」管理すべきなのか

フォロワー管理といっても、実際に管理すれば良いのでしょうか。アカウント運用の目的を達成するために「管理すべき項目」について、代表的な以下の2つを紹介します。

  • フォロワー数
  • フォロワー属性

フォロワー数

まず一つ目は「フォロワー数」です。フォロワー数とは、情報が届きやすユーザー数であるため最も大事な指標の一つですが、中でも注意したい項目が次の3項目になります。

  • 新規フォロワー
  • 解除フォロワー
  • FF比率

新規フォロワー数

フォロワー管理の一つが、「新規フォロワー数」の把握です。

一週間毎、あるいはひと月毎に、何人が新しくフォロワーになったのかを数値で管理しましょう。新規フォロワー数の推移によって、直近の投稿コンテンツや頻度に対する良し悪しといった効果測定を行うことができます。投稿コンテンツに対するPDCAサイクルを回すためにも、新規フォロワー数は管理しておくようにしてください。

Keywordmap for SNS:「インフルエンサー検索」機能

twitterフォロワー管理_フォロワー推移

上図は弊社が開発したTwitter分析・運用ツール「Keywordmap for SNS」で、見ることができるデータです。指定したアカウントのフォロワー数の推移がグラフ状に可視化されます。

このようなフォロワーの推移データを用いて、フォロワーが一定以上増減した時点で、どんな投稿をしていたか分析することが重要になります。フォロワー増減時のツイートの傾向を調べ、より効果的な投稿コンテンツ作成の参考にしましょう。

解除フォロワー数

同時に、どれくらいのユーザーがフォロワーから離脱しているのかも管理します。

解除フォロワーが多い場合、日々の投稿を見直す必要があります。フォローを解除したということは、何らかのマイナスな感情を持たれている可能性が高いためです。さらに、解除フォロワーの傾向がビジネス上のターゲットであった場合、投稿コンテンツの修正が必要です。

一方で、解除フォロワーの傾向がターゲットでない場合は、新規フォロワーの傾向を鑑みながら、様子を見つつ静観するといった対応が求められます。(運用が想定した通りに行えている可能性があります。)

Keywordmap for SNS:「運用アカウント分析」機能

twitterフォロワー管理_フォロワーの属性

上図は、あるアカウントの解除フォロワーの属性を示したものです。
このアカウントでは「マーケティング」、「広告」、「ディレクター」といったワードが表示されていることから、マーケティング関連の企業で勤務しているフォロワーが多く離脱(フォロー解除)していることがわかります。もし、ターゲットとしているユーザーと同じ属性であれば、発信内容などを見直す必要があります。

※「属性」とはフォロワーの性格や趣味などを大まかに分類したもので、プロフィール文や日常の投稿などから「その人が何に興味を持つ人なのか」判断したものです。

FF比率

FF比とは、「フォロー・フォロワー比率」の略で、1アカウントにおけるフォロワー数とフォロー数の比率を表しています。「フォロワー数÷フォロー数」で算出が可能で、FF比が大きいアカウントほど知名度が高く、他のユーザーへの影響力の指標といえます。

FF比率を管理することで、自社のアカウントの「権威性の推移」を把握することができ、アカウント運用が上手くいっているかを示す指標の一つとすることができます。

Keywordmap for SNS:「インフルエンサー検索」機能

twitterフォロワー管理_FF率

上図はFF比率の推移を示したグラフです。自社アカウントの権威性は上がっているのか、はたまた減少傾向にあるのか把握することができます。

フォロワー属性

フォロワー管理において、自社アカウントの「フォロワーの属性」も把握しておくことも極めて重要です。上記にある通り、フォロワーの属性とは、フォロワーの性格や趣味などを大まかに分類したもので、プロフィール文や日常の投稿から「その人が何に興味を持つ人なのか」を表したものです。

フォロワーの属性を詳細に把握することにより、日々の投稿をフォロワー属性に合わせて発信することができ、フォロワーの離脱を防ぐことができます。同時に、そのような発信が新たなターゲットユーザーの獲得にもつながります。

また、現在のフォロワーが自社の狙いたいターゲット(ペルソナ)なのかを確かめる指標にもなります。

Keywordmap for SNS:「Follower分析」機能

twitterフォロワー管理_フォロワー属性

上図は、大手カメラメーカーのアカウントのフォロワー属性の例です。「写真」好きや「カメラ」好きといった属性の人がフォロワーについていることが分かり、ターゲットユーザーをファンに持つような運用ができていると考えることができます。

Twitterでフォロワー管理をする際になぜ「ツール」が必要なのか

フォロワーを管理するにあたり、なぜ「ツール」を使うと便利なのでしょうか。人力で管理することもできますが、ツールの導入には非常に大きなメリットが存在します。その理由を3つ紹介します。

  • 工数削減:一括操作で手間が省ける
  • フォロワー属性:フォロワーの属性を網羅的に把握できる
  • バズ発見・炎上対策:素早い対応が可能

工数削減:一括操作で手間が省ける

ツールを用いることで、人力で行うよりも遥かに工数をかけずにフォロワーを管理することができます。

フォロワーの増減やいいね・リツイート・リプライといったエンゲージメントの数などを手作業で集計し、Excelやスプレッドシートでデータ化することもできますが、膨大な時間がかかります。また、PDCAを回すためにも、短いスパンで定期的にデータを集計する必要があるため、たとえ専任の運用者がいたとしても人力での作業では限界があるでしょう。

フォロワーの管理はツールに任せ、得られたデータから何が読み取れるのか思考して、次の打ち手を決めていくような戦略部分に時間を使うことが重要です。ツールを活用して、担当者が頭を使う作業に時間を使えるようにしましょう。

フォロワー属性:フォロワーの属性を網羅的に把握できる

フォロワーの属性を把握する必要性は既に述べましたが、手作業で属性を調べようとすると、何千、何万といる各フォロワーのプロフィール・コメントをチェックしなければなりません。深く踏み込んで詳細まで分析しようとすると、計り知れない時間と労力が必要になります。

自社アカウントの「フォロワーの属性」や「ターゲットユーザーの割合」を把握し、ファンを育てる手段として、ツールの導入は必須といえます。

バズ発見・炎上対策:素早い対応が可能

ツールを用いることで、バズや炎上に対して迅速な対応をすることができます。
Twitterでは、予想もしないタイミングでポジティブな投稿拡散(いわゆるバズ)や、逆にネガティブな投稿拡散(いわゆる炎上)が、しばしば発生します。それらは会社にとって大きな認知拡大や情報拡散のチャンスになる一方、逆にブランドイメージの毀損や商品の販売中止といったことにもなりかねません。

したがって、それらの発生タイミングを見過ごすことなく、「迅速に」かつ「落ち着いて」対応することが重要です。そのためには、目視での管理ではなくツールの力を借りることで、24時間監視、かつ通知によってスピーディーに対応することが求められます。また、ツールによって二次拡散やさらなる炎上への対策を行うことができます。

Twitterフォロワー管理ツール:ブラウザ編

ツールを使用するメリットおよび必要性について説明しましたが、ここでは、実際に快適にフォロワー管理をすることができる、オススメのツールを紹介していきます。自社にマッチしたツール選びの参考にしてください。

まずはWebブラウザから使用できる以下の5ツールを紹介します。

  • Keywordmap for SNS
  • ひすったー
  • whotwi
  • TweetDeck
  • 片思いチェッカー

Keywordmap for SNS

Keywordmap for SNS
  • 自社・競合のフォロワー分析
  • アカウント連携による投稿管理、効果測定可能
  • 炎上対策のためのキーワードモニタリング
  • インフルエンサーの抽出、分析が可能
  • ハッシュタグ分析や投稿コンテンツに関連性の高いテーマ抽出可能
  • 感情分析可能

認知拡大と商品開発に効果をもたらすソーシャルメディア分析ツール。ビッグデータの分析によりTwitterマーケティングに必要な情報を瞬時に抽出可能。フォロワー管理のための機能を取り揃えています。

運用中のTwitterアカウントを連携し、「再現性」のあるマーケティングが可能となる分析ツールです。UGC分析や投稿コンテンツの感情分析を搭載しており、一瞬でインフルエンサー抽出も可能です。さらに、予約投稿からSOV(シェアオブボイス)調査はもちろんのこと、バズ要因調査までできます。

無料トライアルができます。まずは無料でフォロワーの管理を行ってみましょう。

ひすったー

ひっすたー
  • フォロー、フォロワー、ブロックの変動履歴の確認
  • 相互フォローのアカウント一覧
  • 片思いのアカウント一覧
  • 片思われのアカウント一覧
  • ブロック済みのアカウント一覧

ひすったーは主に、フォロー・被フォローの整理・管理に便利な機能を提供しています。相互フォロー・ブロック済みなどを整理して一覧表示することも可能です。ただし、フォロー・フォロワーが7万を超える場合は利用できません。

whotwi

whotwi
  • 特定アカウントのコンテンツテーマの把握可能
  • ツイート傾向も分析可能
  • 特定アカウントのフォロワー分析可能

特定のTwitterIDを入れるだけで、無料かつ簡単に分析が可能です。関係性の高いアカウントやツイート傾向、フォローやフォロワー分析ができます。キーワードを入力すれば、コンテンツのリアルタイム検索が可能です。個人でTwitter分析を行う場合に非常に便利です。

TweetDeck

tweetdeck
  • 複数のアカウントを一画面で運用・管理できる
  • 予約投稿・投稿スケジュール管理が可能
  • ツイートのコレクション作成可能

Twitter公式の管理システムです。アカウントを複数所持している場合、それぞれのタイムラインを一つの画面で同時に確認することができ、多くの通知に対して迅速に対応することができます。また、予約投稿といった工数を削減する機能も充実しています。

料金:無料
トライアル:無料で誰でも利用可能
ページはこちら: https://tweetdeck.twitter.com/

片思いチェッカー画像

片思いチェッカー
  • 相互フォローになっていないユーザー(片思い、片思われ)、相互フォローしているユーザーの人数を一覧表示
  • 一覧から、片思い、片思われのユーザーをフォロー、フォロー解除

検索・一覧・詳細確認・片思いをフォロー解除もしくは片思われをフォローといった一連の作業を簡単に行うことができます。長い間つぶやいていないアカウントやFF比が偏っているアカウントの発見も可能です。面倒なフォロー整理・フォロワー整理に最適です。

料金:無料
トライアル:無料で誰でも利用可能
ページはこちら:https://ja.whotwi.com/

Twitterフォロワー管理ツール:アプリ編

続いて、スマホ上で使用できるアプリについて、iosとAndroid、それぞれ1つずつ紹介します。

  • フォロー管理 for twitter(ios)
  • フォローチェック for twitter (Android)

フォロー管理 for twitter(ios)

フォロワー管理 forTwitter(OS)

こちらのアプリでは「フォロー」、「フォロー解除」の一括操作を行うことができます。
また「一方がフォローしている」「両方がフォローし合っている」といったフォロー・被フォローの関係を可視化することもできます。

  • 料金:無料(有料版あり)
  • トライアル:無料プランより利用可能
  • ページはこちら

フォローチェック for twitter (Android)

フォロワーチェッカー for Twitter
  • 片思いされている、片思いしているフォロワーを確認できる(相互フォローチェック)
  • 新規フォロワー、新規解除フォロワーを確認できる

また、フォロー管理 for twitter(ios)と同様に、フォロー・被フォローの関係を表すことができます。「ツイート数が少ない順」「FF比が小さい順」といったように、フォロワーをソートする機能も充実しています。

料金:無料
トライアル:無料で誰でも利用可能
ページはこちら

Twitterフォロワー管理ツールの選定ポイント

フォロワー管理のツールをいくつか紹介しましたが、種類も機能も豊富なため、何を基準に判断したら良いのか選定が難しいのではないかと思います。そこで、ツールを選ぶ際のポイントを3点紹介します。

  • 目的にあったツールか
  • 十分なサポート体制があるか
  • サービスは安全か

目的にあったツールか

管理ツールを選ぶ上で最も重要な基準が、「自社のTwitter運用の目的にあったツールかどうか」ということです。以下詳細をお伝えします。

可視化したいのはフォロワー「数」なのか、フォロワーの「属性」なのか

フォロワー管理において、新規フォロワー、解除フォロワーの「数」だけが重要ではないことは上述した通りです。企業アカウントの運用には「ファンの割合」や「フォロワーの属性」などの把握が非常に重要になるケースも多いので、自社にとってTwitterを運用する目的が何なのかを明確にしてツールを選びましょう。

また、フォロワー数やフォロワーの属性の可視化に該当しない、予約投稿などの「工数削減」がメインのツールもあるので、ツールの特徴もしっかりと理解しましょう。

使用媒体は「ブラウザ」か「スマホ」か

使用したい媒体がPCのブラウザ上か、スマートフォンかによっても使うツールは変わってきます。企業アカウントを伸ばしていきたい際には、Excelなどと連携してより本格的な分析ができるPCブラウザ上のツール活用が適しています。

十分なサポート体制があるか

ツールの導入には、サポート体制の有無をチェックしたほうがいいかもしれません。これは、本格的にTwitterアカウント運用を行いたい企業においては必須でしょう。

ツールを導入しても、使いこなせなくては意味がありません。利用についての手助けをしてくれるサポートセンターや、アカウント運用について「一緒に戦略を立てていきましょう」と伴走してくれる「カスタマーサクセス」など、サポート体制については、ツールの検討段階で必ず確認しておきましょう。

Twitter運用の経験が少なく、知識やノウハウがない場合は、カスタマーサクセスを利用できるツールがお勧めです。

カスタマーサクセスが成果創出まで伴走するツール:Keywordmap for SNS

サービスは安全か

サービスの安全性が担保されていないと、アカウント情報が流出したりアカウントが乗っ取られてしまう危険があり、自身のフォロー・フォロワーに迷惑をかけてしまうことに繋がります。

このような事態を避けるため、サービスを提供している会社が信用できる会社かどうか、サービス事態が安全かどうか、問い合わせなり、利用者の口コミなりを確認しておくことが大切です。

まとめ

アカウントの成長に必須な、Twitterのフォロワーの管理についてまとめましょう。
なぜ、フォロワーを管理する目的は、

  • フォロワーを増やす、離脱を減らすこと
  • ファンを育てること
  • ターゲット像を明確にすること

という3点に絞られます。
定期的にモニタリングして管理するのは、フォロワーの「数」と「属性」です。新規フォロワーや解除フォロワーの数をチェックしつつ、その属性(興味・関心)を把握します。

ビジネス上のターゲットとなっている属性のフォロワーが増えている場合は、効果的な運用が行えている一方で、逆に減っている場合は投稿コンテンツの抜本的な見直しと修正が必要不可欠です。

上記のような管理ですが、フォロワーが増えれば増えるほど煩雑になり、多くの分析工数を要します。戦略やコンテンツ作成に時間を使うためにも、フォロワー数の推移や属性チェックにはツールを活用することをお勧めします。ツールを用いて効率的にフォロワーの管理を行い、継続的なアカウント運用の改善に活かしていくのが、企業のTwitter運用を成功に導く鍵になるでしょう。

SHARE
この記事を書いたライター
ミッツー
株式会社CINC ソリューション事業本部 開発部所属。趣味は、ミスチルと湾岸をランニングすること。特技は高速皿洗い。現在はプロダクトの創出に奮闘中。