コンテンツマーケティング

検索エンジンで記事を上位表示させるSEOについて解説

上位記事は、ユーザーニーズを満たし、さらには検索エンジンにも評価されたコンテンツです。自社記事になにが足りないのか知るには、まさに絶好のお手本といえるでしょう。そこで今回は、上位記事と比較する際に参考にすべきポイントについて解説していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

Keywordmapをご存じですか?検索からのサイト流入を増加!
分析工数を10時間から2分に削減、Webマーケティングを支援するツール
「Keywordmap」はこちらから無料トライアルで使えます

上位記事は、ユーザーニーズを満たし、さらには検索エンジンにも評価されたコンテンツです。自社記事になにが足りないのか知るには、まさに絶好のお手本といえるでしょう。

そこで今回は、上位記事と比較する際に参考にすべきポイントについて解説していきたいと思います。ぜひ参考にしてみてください。

KeywordmapAcademy 無料会員登録~コンテンツ作成に役立つノウハウが学べる!毎週セミナー開催しています~

上位コンテンツを自社と比較する

定期的にコンテンツを配信しているのに、いつになっても検索結果の上位に表示されない。このままコンテンツを作り続けて大丈夫なのだろうか。コンテンツマーケティングを実施している方の中には、そんな悩みを抱えた方もいらっしゃるのではないでしょうか。

この場合、対策としてリライトを行うのは正しい判断だと思われます。しかし、その前に必ずやるべき対策があることをご存知でしょうか?
既存記事のリライト前に行わなければならないこと、それは上位記事を読み込んで、自社記事と比較することです。

自社記事を上位記事と比較する場合の方法が以下の二つです。

・自分の目で確かめる
・ツールを用いて確かめる

二つの視点から記事を比較することで、自社記事に足りない要素を浮き彫りにすることができます。

上位記事を自分の目でチェックするときのポイント

まずは対策しているキーワードの検索結果画面でどんな競合が上位にいるのか確認しましょう。

タイトル(titleタグ)やスニペットはこの検索結果画面で確認することができます。スニペット部分に表示されるディスクリプション(meta descriptionタグ)にSEOへの効果はありませんが、検索ユーザーがタイトルの次に目を通す部分なので流入にダイレクトで関係してきます。競合がどんな内容で対策しているのか調査、参考にしながら、キーワードや訴求すべきワードを盛り込むようにして最適化しましょう。

タイトル、見出し

おわかりのことと思いますが、タイトルはきわめて重要です。
コンテンツの顔になる部分であり、タイトルに魅力がないとコンテンツの中身を見てもらうことはできません。また、タイトルはGoogleが検索順位を決める要素のひとつなので、必ず最適化するようにしましょう。上位記事と比較して、自社記事のなにが悪いのかチェックするようにしてください。

タイトルに訴求力があるか?

思わずクリックしてしまうような魅力があるのか、上位記事のタイトルと比較してチェックしてみましょう。ユーザーが何を求めているのか、どんなことを知りたいのか、考えてみてください。その答えは、上位記事のタイトルに表れています。
上位記事のタイトルのほとんどには、「このコンテンツは自分の役に立ちそうだ」とユーザーに思わせられるようなキャッチコピーがついているはずです。

〇:刺さるタイトルの付け方5選|集客力はタイトルで決まる!
×:コンテンツのタイトルを付ける方法

上位記事を参考にしながらも、けっしてマネするのではなく独自なタイトルを考えてみてください。

キーワードとコンテンツ内容

上位記事タイトルの、対策キーワードの位置やコンテンツ内容との整合性、どんな言葉が一緒に使われているかといった点に注目してみましょう。
タイトルに対策キーワードを盛り込むのは当然ですが、上位記事はコンテンツ本文の内容がしっかり反映されたタイトルを付けています。また、キーワードの周辺に使われている単語も、上位記事には共通した傾向があるので、参考にしてみましょう。

タイトルの長さ

それほど神経質になる必要はありませんが、あまりにも長すぎるタイトルは検索結果画面で見切れてしまいます。目安は30~35字程度です。一般的に、上位表示されている記事は見切れることなくまとめていますので、参考にするとよいでしょう。どうしても長くする必要がある場合は、訴求したいキーワードをタイトル前方に配置するようにしてください。

見出し

タイトル同様に見出しもチェックしていきましょう。
大きい見出しはSEOにも効果がありますので、上位記事は必ずと言っていいほどキーワードを絡めています。
また、タイトルで興味を惹かれたユーザーが、ページ内で最初に目にする可能性が高いのは見出し文です。閲覧した人間に、有意義そうだ、見ないと損かもしれない、と思わせるような見出し文を作りましょう。

本文

タイトルがコンテンツの顔なら、内容は人となりです。性格の合わない人を避けてしまうように、有益ではないと判断されてしまえば、一度離れたユーザーが戻ってくることはないでしょう。そういう意味で上位記事は好かれる要素をたくさん持っています。ぜひ参考にしましょう。

導入文(リード文)

上位記事のリード文をいくつかピックアップして読んでみましょう。なにか新しい発見があるかもしれません。
上位記事のリード文に共通するポイントとして、

・短くまとまっている
・わかりやすい(本文の内容が端的に示されている)
・興味・関心を誘う

この三つかが挙げられます。
ユーザーはリード文を読みに来ているわけではありません。短くまとめ、どんなコンテンツなのかわかりやすく伝えるだけに留めましょう。装飾的な文章は最低限にすることをオススメします。

どんな内容か?

上位記事のコンテンツを読み込んでみてください。上位に表示されているのは、ユーザーニーズを満たしているからにほかなりません。必ず参考になります。
上位記事と比較する際のポイントとしては、

・検索クエリに対応した内容か?
・専門的な内容か?
・オリジナリティがあるか?
・信頼できる内容か?

などをチェックしてみると良いでしょう。
どんなふうにユーザーの疑問に答えていて、テーマやキーワードに対してどこまで深堀しているのか。あるいは他の上位記事とどこで差別化を図っているのか、などに焦点を当ててみてください。自社記事に足りない要素が発見できたのであれば、どんどん吸収していきましょう。

オリジナリティに関するヒント

非常に分かりやすいオリジナリティの例を一つ挙げてみましょう。
ユーザーにクリックしてもらうためには、検索結果画面でとにかく目立つ必要があります。そこで、内容はもちろんのこと、タイトルには競合と一線を画すような独自的な訴求ワードを含ませることが推奨されるのですが……
たとえば、「リップ おすすめ」で検索した際に、1位を獲得している記事を参考にしてみましょう。(2019年4月時点)

(2019年4月1日時点)

真っ先に目に飛び込んでくるのは、134選という異様な数字です。3位の15選と見比べても、文字通り桁違いの情報量だということが、瞬時に判断できてしまいます。
また、若い女性の中でトレンドとなっているようなワードや、購買意欲をもったユーザーに訴えかけるような、具体的なワードが盛り込まれていることもポイントの一つです。

おそらく、「ここなら欲しいものが見つかりそう」と直感的にクリックするユーザーもいることでしょう。口紅やリップに関する、様々なキーワードで一位を獲得しているのも頷けます。

このように一瞬でユーザーの目を奪うようなオリジナルな情報を含ませるのは、キーワードを盛り込むことと同じくらい大切です。ただし、タイトルにオリジナルな語句を加えるためには、当然オリジナルで質の高いコンテンツを作らなければなりません。上述の例でいえば、134ものアイテムを網羅した記事を作る必要があるわけです。大変な作業にはなりますが、もちろん、しっかりと作り込んだ分、恩恵はきっちりと返ってくるでしょう。

上位記事を参考にしながらも、差別化を図りながら、より質の高いオリジナルなコンテンツを作るように心掛けてください。

画像

コンテンツにおける画像の役割は非常に大きく、上位記事ほど効果的に活用しています。
画像には、目を引きつけるアイキャッチ効果や、ユーザーの可読性を高める効果があります。また、テキスト以上の情報が一目で伝えられ、かつ記憶に残りやすいという特徴もあります。

上手く使えば、それだけでコンテンツの印象をがらりと変えられるので、上位記事からそのノウハウを学びましょう。
具体的には、コンテンツのテーマと画像の関連性、使いどころ、どんなふうに役立っているかといった点を見ていきます。テキストばかりで飽きられそうなところへ、タイミングよく表示されたり、コンテンツ内容の理解を促したりする画像は、ユーザーに対してとても親切です。

ツールを活用した上位記事の比較

目で見ても簡単にはわからない情報、つまり定量的なデータは、各種ツールを活用することで明らかにしましょう。上位記事に関する定量的な情報を知ることは、自社記事の順位上昇を狙っていく上で必要不可欠です。

キーワード・順位・流入

上位記事がほかに獲得しているキーワードやその順位、検索Vol、流入数などを調査しましょう。これらの要素を知ることができれば、自社記事の機会損失キーワードが把握できるようになります。
見落としていたキーワードを改めて自社記事に反映することができれば、獲得キーワードが増えるだけでなく、足りないテーマが補われ、情報網羅性も高まってくるでしょう。当然、集客の増加も期待できるようになります。

獲得キーワードが増える → 集客増加・検索順位上昇に寄与
情報網羅性が高まる → ユーザーへのアンサー度が高まり、検索順位上昇に寄与
想定流入数の把握 → キーワードを追加すべきかどうか判断材料になる

Keywordmapの「自然検索ワード」機能は、ドメインはもちろんのこと、ページ単位での獲得キーワード、順位変動、LP、検索Vol、各キーワードの想定流入数などを一括抽出することができます。

Keywordmap「自然検索ワード」

また、同ツールの「競合獲得キーワード」機能を使うと、上位記事サイトと自社記事サイトを並べて比較することが可能です。

上位記事と自社記事で大きな差分となっている機会損失キーワードの発見に活用できます。二つのページを比較する際に大変オススメです。

Keywordmap「競合獲得ワード」

※なお、上述した上位記事との比較で得られる定量的な情報は、リライトだけでなく新しいコンテンツを作る「企画段階」においても活用できます。

文字数

上位記事の文字数は、コンテンツ作成、あるいはリライトする際のひとつの指標になります。

文字数と検索順位に相関関係はないとGoogleは明言していましたが、上位記事の多くが長文コンテンツであることは疑いようのない事実です。長文コンテンツには、情報量が豊富なため、より多くのユーザーのニーズを網羅したコンテンツとなる傾向があります。
無意味に文字数を増やすのは、当然NGですが、上述した理由から上位コンテンツの文字数を知っていて損はありません。ぜひ参考にしてみましょう。

なお、コンテンツ文字数の調査には、Keywordmapの「競合コンテンツ分析レポート」機能が非常に便利です。
対象キーワードごとの検索Vol、想定流入数のほか、上位10位までのコンテンツ文字数、さらにはテーマである各コンテンツのタイトル、h1~h3の見出しといったを一括抽出します。

Excelレポートとしてこのように抽出されます。

共起語

共起語とは、対策キーワードの周辺に併記されやすい語句のことを指します。
例えば、「ダイエット」がキーワードでしたら、食事、運動、カロリー、方法、健康、制限などが、共起語になります。
コンテンツ文字数と同様に、共起語も大きなSEO効果が望めるわけではありませんが、盛り込むことで、情報網羅性が高まり、同時にユーザーへのアンサー度も高まります。コンテンツの質を上げるには必要不可欠でしょう。
上位記事にはどんな共起語がどれくらい含まれているのかを知ることは、ユーザーニーズの新たな発見や再確認に繋がり、自社記事をリライト・ブラッシュアップする上で大変参考になります。

共起語について上位記事と比較する際には、Keywordmapの「共起語分析」機能がオススメです。
共起語分析機能では、対象キーワードの検索結果20以内の共起語と、その出現数、出現頻度、重要度が一括抽出されます。また同時に、上位5以内のページのうち、40%以上が含む共起語、出現数、出現頻度、重要度も抽出されます。
また、自社記事に重要度の高い共起語が含まれているかどうかチェックする機能も備えているので、わざわざ上位記事と並べて比較する手間を省くことができます。

なお、共起語の数によって検索順位が上下するわけではないので、文脈を乱さないように注意して、適度に盛り込むようにしてください。

SEOを学べる、アルゴリズム分析レポートが毎月届く!~無料でKeywordmapAcademy会員に登録してみませんか?~

まとめ

なぜ上位記事は上位にいるのか、なぜ自社記事は上位に表示されないのか、そして上位記事と自社記事は何がどう違うのか。これらの疑問を解決することで、自社記事のクオリティを高めることができます。本文で述べたように上位記事を分析・調査し、自社記事と比較すれば、問題点や課題が必ず見えてきます。ユーザーニーズを第一に、上位記事の優れた点を吸収して、コンテンツを磨き上げていきましょう。

無料メルマガ登録

Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

ITreview LEADER 2021 Summer

Keywordmapのカスタマーレビュー

*

ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

良いポイント

  • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
  • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
  • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

*

初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

良いポイント

  • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
  • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
  • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

*

機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

良いポイント

  • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
  • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
  • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利
×