SNSマーケティング

YouTube登録者数を増やす4つの基本テクニックを徹底解説!

そもそもチャンネル登録者を増やすためには視聴者を満足させることが重要です。視聴者に興味を持ってもらうことで、初めてチャンネル登録へのきっかけが生まれます。

チャンネル登録者数を増やすためのテクニックは、複数の観点から行うことができます。

それらのテクニックによって、収益化の条件を達成することにつながるので、積極的に実践すると良いでしょう。

登録者数が増えるチャンネルの特徴

YouTubeのチャンネル登録者数が増えるチェンネルの特徴は以下4点です。 

  1. ジャンルが明確
  2. 視聴者を満足させている
  3. 動画のクオリティが高い
  4. 動画を見やすくなるような工夫をしている

1.チャンネルのジャンルが明確

登録者数が伸びているチャンネルは配信するコンテンツのジャンルが明確です。

配信する内容がバラバラだと、ユーザーは登録しても興味のないコンテンツも表示されると考え、登録に至りにくくなります。また、既存の登録者も離れてしまう可能性が高まります。

誰に向けて、何を発信するのか明確にすることが重要です。

チャンネルのジャンルが明確だと視聴者が内容を把握しやすくなるのです。

2.視聴者の満足度が高い

登録者が増えるチャンネルは、当然視聴者の満足度が高いものとなっています。

視聴者が一度見た動画に満足すれば、チャンネル内の他のコンテンツも視聴する可能性が高まります。

また、満足度向上のためには定期的に投稿することや、コンテンツに視聴者のコメントを反映することなども効果的です。

さらに、動画を見たあとのベネフィット(メリットの先にある価値)の提供を意識するとベストといえます。

3.動画のクオリティが高い

登録者者数の多いチャンネルは、動画のクオリティが高い傾向にあります。

クオリティが低ければ、有益な情報を発信していたとしても、関心を引き付けにくくなってしまいます。

視聴者がストレスなくコンテンツを楽しめる動画作りが重要です。

4.視聴者が動画にたどり着くよう工夫している

登録者数が伸びているチャンネルは、視聴者が動画にたどりつく導線作りを工夫しています。

せっかく動画を作っても、それが視聴者に届かないと意味がありません。

YouTube検索結果からの視聴につなげるためには、動画投稿においてもSEO(検索エンジン最適化)の意識が重要になります。

例えば「おすすめの動画編集ツール3選!」という動画をアップしたとします。

その場合「動画編集 ツール」などの検索ワードで、投稿した動画が上位で表示されることが望ましいです。

なぜなら、上位に表示されればされるほど、クリック数が増えるからです。

ちなみにYouTubeは、Googleのアルゴリズム(検索順位を決めるルール)を利用して、再生数や動画の長さなど複数の項目を点数化していると言われています。

そのため上位表示されている動画を分析してコンテンツ制作にあたることをおすすめします。

また、再生数の増加によりYouTubeが「求められている動画」と認識、そして検索結果の上位にも上がりやすくなります。

他にも、他チャンネルへのコメントやSNSでの発信など、気軽にユーザーとの接触回数を増やす取り組みもおすすめです。

YouTubeの登録者数を増やすテクニック-チャンネルのジャンル

本章では、チャンネルの「ジャンル」の観点からYouTubeの登録者数を増やすテクニックを解説します。

具体的に以下の3点となります。

  1. チャンネルのテーマを明確にする
  2. テーマに沿ったチャンネル名にする
  3. 自分の動画を分析する

1.チャンネルのテーマを明確にする

まずは、どんなコンテンツを提供するのか、チャンネルのテーマを決めましょう。

具体的に誰に向けて何を伝えるのかといったことを明確にする必要があります。

そうすることで、チャンネルのテーマに興味のある視聴者に狙いを絞って集客できます。

ターゲットとする視聴者のニーズを満たすことができれば、チャンネル登録につながりやすくなります。

2.テーマに沿ったチャンネル名にする

どんなコンテンツを配信しているのか視聴者に伝えやすくするためには、テーマに沿ったチャンネル名にする必要があります。

なぜなら、何のジャンルで、どんな内容を発信しているのかわからないと、再生につながらないからです。

例)料理チャンネル

悪い例:○○の日常

良い例:○○の時短クッキング

ポイントは「チャンネル名を読んだだけで、配信内容をイメージできること」です。

3.自分の動画を分析する

YouTubeの登録者数を増やすためには、自分達が日々アップしている動画について分析する必要があります。

その際、感覚のみで方向性や作戦を練るだけでなく、数字上の分析も求められます。

ベストな方法としては『YouTubeアナリティクス』の活用がオススメです。

使用することで、次のようなデータを数値化できます。

  • 動画に至るまでの経路
  • 視聴者維持率(最後まで再生された割合)
  • アクセスされた時間帯
  • クリックされた回数
  •  視聴者の年齢層や性別、地域 

分析から「女性の割合が多い」あるいは「動画の半分までしか再生されていない」など、具体的な結果が見えてきます。

反省点から配信を改善する際にも、大いに参考となるでしょう。

また、YouTubeアナリティクスは無料で使えるのもメリットです。 

YouTubeの登録者数を増やすテクニック-視聴者の満足度向上

本章では、視聴者の満足度向上の観点からYouTubeの登録者数を増やすテクニックを解説します。

視聴者とのつながりを構築するのもポイントです。

配信がいつも一方通行では、見る側が置いてきぼりになってしまいます。

視聴者と一緒にコンテンツを作り上げるスタイルが望ましいでしょう。

具体的には以下のポイントに注力してみましょう。

  1. 視聴者が見たい動画を投稿する
  2. 定期的に動画を投稿する
  3. コメントの意見を取り入れる
  4. 関連性の高いチャンネルとコラボする

1.視聴者が見たい動画を投稿する

前提として、視聴者が見たい動画を配信することが重要です。

趣味で動画を作っている場合は別ですが、登録者数を増やしたいのであれば、ただ自分が発信したい内容にするのではなく、ユーザーニーズから逆算してコンテンツを制作する必要があります。

自分が配信したい動画を投稿しても視聴者は満足しません。

視聴者が見たい内容にするためには、視聴者のニーズを入念に分析することが求められます。

分析するポピュラーな方法としては『YouTubeアナリティクス(専用のアクセス解析ツール)』の活用が挙げられます

再生数のみならず「視聴者の性別や年齢層」または「どんな動画が最後まで再生されているか」など、奥行きのある分析が可能です。

また、有名チャンネルにおける人気の理由を細かく分析するのもオススメです。

ベーシックな方法ですが、大きなヒントになりえます。

2.定期的に動画を投稿する

視聴者の満足度を向上させるためには、動画を定期的に投稿すると良いでしょう。

そうすることで、次回の配信を楽しみにしてくれるファンが増えます。

最低でも週1回の配信を行い、ファンが離れないように工夫しましょう。

同じ曜日や時間帯に統一すると、なお効果的です。

一定の投稿ルールを設定すると、視聴者側も同じ日時に配信をチェックするのがルーティンとなるのです。

3.コメントの意見を取り入れる

コメント欄は視聴者のリアルな感想が詰まった、貴重な場所と捉えるべきです。

良い意見は取り入れ、批判は改善することで、ユーザーが見たくなるチャンネルに成長していくことができます。

また、コメントに対して返信したりすると、チャンネルに対してより親近感を持ってもらいやすいなります。

4.関連性の高いチャンネルとコラボする

同ジャンルのチャンネル登録者は、自分のチャンネルにも興味を持つ可能性が高いといえます。

そこで、関連性の高いチャンネルとコラボすることで、これまで訴求できていなかったターゲット層にも、コンテンツを届けることができるようになります。

コラボを行う具体的な方法としては、チャンネルに記載されている「問い合わせボタン」やSNSのDMで申請することがあげられます。

YouTubeの登録者数を増やすテクニック-動画のクオリティ向上

本章では、動画のクオリティ向上の観点からYouTubeの登録者数を増やすテクニックを解説します。

具体的に以下のポイントを意識すると良いでしょう。

  1. 動画開始部分で視聴者を引き付ける
  2. 効果音やテロップを入れる
  3. 終了画面で行動を促す

1.動画開始部分で視聴者をひきつける

(画像引用:YouTube

YouTube動画は、初めからからひきつける中身であるほど視聴者維持率(最後まで再生された割合)が高くなります。

例えば、冒頭で動画のあらすじを解説したりすると良いでしょう。

YouTube公式の視聴者維持率レポートを参考にYouTubeアナリティスクを操作すると、視聴者が「動画のどの部分で視聴を止めたか」、視聴者が「動画のどの部分を何度も視聴したか」が分かります。

(画像引用:YouTube

(画像引用:YouTube

2.効果音やテロップを入れる

視聴者をひきつけるには、目からの情報だけでなく耳からの訴求も必要です。

音にはイメージを促進させる効果があります。

たとえば、ポジティブな部分には明るいBGMを、反対にネガティブなシーンには低音な効果音を挿入するなど、音により印象付けを行うことができます。

また、テロップを挿入することも重要です。

ポイントを要約すること重要なポイントをアピールしたり、会話を書き起こすことによって、無音で視聴する方も楽しめる設計にしたりすることがおすすめです。

3.終了画面で行動を促す

動画のラスト部分で、視聴者の背中をひと押しするのを忘れずに行いましょう。

チャンネル登録者を増やすには、視聴者が登録ボタンを押下するアクションが必須です。

他にも、オススメの動画を紹介したり、次回予告をしたりと工夫を凝らしましょう。

YouTubeの登録者数を増やすテクニック-視聴者が動画にたどり着くような工夫

せっかく動画を作っても、ターゲットとするユーザーに届かなければ意味がありません。

効果のある導線作りをしっかり行っていく必要があります。

本章ではユーザーが動画にたどり着くようにするために実施すべき点を紹介します。

  1. タイトルに動画の内容が分かるキーワードを入れる
  2. 自分と関連のあるチャンネル動画にコメントする
  3. テロップを入れる

1.タイトルに動画の内容が分かるキーワードを入れる

内容がイメージしやすく、かつ魅力的なタイトルを付けましょう。

動画は中身こそ大切ですが、再生されなければ意味がありません。

検索意図(視聴者の本音)を意識すると、クリックされるタイトルを付けられます。

たとえば「料理 手軽 時短」と検索した人の心理は、美味しい料理を作りたい気持ちよりも、手軽に作れるレシピを覚えて、時間を節約したいニーズが強いと想像できます。

そのため「手軽に時短レシピ!余った時間を趣味にあてよう!」のようなタイトルにすると、共感を得やすいはずです。

概要欄にキーワードを入れるのも、視聴者の目に留まる機会を増やします。

そして再生または検索される回数が増えると、視聴者が満足するコンテンツと認識され、検索上位に食い込むチャンスになりえるでしょう。

2.自分と関連のあるチャンネル動画にコメントする

関連性のある配信へコメントを残すことにより、自分のチャンネルへ誘導する動線となります。

残すコメントは、配信ジャンルに関連する内容が望ましいでしょう。

そのコメントを読んだ視聴者が、興味をもって訪問してくれる可能性が高まります。

また、チャンネルの詳細設定から「自分のチャンネルが他のチャンネルのおすすめに表示されることを許可する」にチェックが入っているかも重要です。

3.テロップを入れる

テロップ(動画内に表示される字幕)を取り入れることにより、情報を正確に伝えられます。

なぜなら、五感による情報伝達は「視覚55%、聴覚38%、言語7%」といわれているからです。

(参考:「見た目が重要」は誤解。メラビアンの法則の本当の意味とビジネスにおける活用法 PERSOLグループ )

つまり、配信中のトークを聞くよりも文字で読んだほうが圧倒的に早く伝わります。

テロップを入れる具体的なメリットは、以下の3点です。

  1. 移動中や人混みなど音が出せない場所でも視聴できる
  2. 強調したい部分を装飾してアレンジできる
  3. 10ヶ国対応の字幕翻訳により海外ユーザーが視聴できる 

YouTubeの登録者数を増やすことが重要な理由

そもそもなぜYouTubeの登録者数を増やすことが重要なのでしょうか。

その理由を3つ本章で紹介します。

  1. 広告収入を得るには登録者数1000人が必要
  2. チャンネル登録者は動画の再生回数が多い
  3. チャンネル登録者の視聴時間がもっとも長い

YouTubeで広告収入を得るには登録者数1000人が必要

YouTubeで広告収入を得るためには「登録者数1000人」という基準が定められています。

(参考:YouTube パートナー プログラムの概要と利用資格 – YouTube ヘルプ

1000人以下の場合はどれだけ頑張っても収益は発生しません。

そのため登録者数を意識しながら配信を行っていく必要があるのです。

チャンネル登録者は動画の再生回数が多い

チャンネル登録者の再生回数は、登録していないユーザーを比較すると、およそ2倍多いと分かっています。

(参考:チャンネル登録者は2倍多く動画を見る!YouTubeチャンネルが重要な理由| movieTIMES ムービータイムス (movie-times.tv)

チャンネル登録者には、動画の更新情報が通知される仕組みです。

そのため、チャンネル登録者は、動画に興味をもっていることに加え、新しい配信に気が付きやすい状態にあるのです。

また、YouTubeのアルゴリズム(検索順位を決めるルール)は視聴者からの評価を重視するのもポイントです。

「再生回数が多い=視聴者から求められているコンテンツ」と、認識されることにより、検索上位や関連動画に表示されるチャンスが増えていきます。

新たに獲得した視聴者からも高評価を得られると、さらなるチャンネルの成長も期待できるでしょう。

チャンネル登録者の視聴時間がもっとも長い

動画再生にいたる経路はさまざまですが、チャンネル登録者の視聴者時間が最も長いと分かっています。

具体的には「検索結果流入の約2倍、埋め込み動画再生の約4倍」との結果です。

(参考:チャンネル登録者は2倍多く動画を見る!YouTubeチャンネルが重要な理由| movieTIMES ムービータイムス (movie-times.tv)

人間の心理として、配信を心待ちにしているのが大きな理由でしょう。

また、収益化条件のひとつに「直近12カ月の総再生時間4000時間以上」との項目も存在します。

つまり、チャンネル登録者数の増加は、収益化までの条件に一歩ずつ近づくのと同じなのです。

登録者数を増やすには時間がかかる-効果が出るまで慌てる必要なし

登録者数を増やすには、時間がかかります。しかし、焦る必要はまったくありません。

正しい方法をもって継続することにより、成果はあとから付いてきます。

本章ではYouTubeチャンネルの登録者数を増やす上で心掛けておきたいポイント5つを解説します。

チャンネル登録者は視聴者の中から生まれたファン

登録する人のなかには、すぐに興味を失う人、またはとりあえず登録したのみとのパターンも多いでしょう。

そのため、更新情報を待ってくれるユーザーは貴重なファン層といえます。

ファンになってくれた人との交流も忘れず、関係性を継続することが不可欠です。

地道な取り組みから生まれる口コミからも、ファンの数は増えていきます。

視聴者が何を求めているかを分析、改善することの繰り返しが、新たな登録者を生み出すのです。

登録者が少ないうちは視聴者に動画が届かない

どれだけ練った構成や優秀な機材をもって動画を作成しても、スタート初期は再生回数に大きな期待はできません。

YouTube制作のスキルがないわけではなく、認知度が低いからです。

登録者数が増えるまでの期間は、選んだジャンルにも依存します。

視聴者はファンになるまでに時間がかかる

初見の視聴者がチャンネル登録をしてくれるケースは稀といえます。

コンテンツのよし悪しは、動画1本で判断されるわけではなく、チャンネルの全体像から評価されるからです。

きっかけとなる1本に興味をもってもらい、次に関連動画を再生してもらうという流れが多いです。

視聴者が思わずクリックしたくなるようなキーワード選定や、潜在ニーズ(心の本音)を掴む配信内容にするなどの工夫も重要になります。

登録者ではなく視聴者を意識した動画発信が大切

登録者数を増やすためには、登録者ではなく視聴者を意識することが重要です。

登録者に満足してもらうことも必要ですが、まだ登録者ではないターゲット層の関心を引くこができなければ、登録者は増えていきません。

登録者数を増やすツールを使っても自動で増えるわけではない

YouTube動画に活用されるツールのなかには、登録者数が増えると標榜するサービスが存在します。

しかし、それらは分析ツールなどであることが多く、自動で登録者を増やしてくれるものではありません。

その点、注意しておきましょう。

まとめ:慌てず地道に対策すればYouTubeの登録者数は自然と増えていく

地道に戦略的かつ定期的な配信を地道に続けていくことが登録者数の増加につながります。

特に初めのうちは、なかなか登録者が増えず伸び悩むこともあるでしょう。

しかし、慌てずに本記事で紹介したポイントを実践するなど、努力を重ねていけば、自然と増えていくのです。

New call-to-action

無料メルマガ登録

Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

ITreview LEADER 2021 Summer

Keywordmapのカスタマーレビュー

*

ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

良いポイント

  • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
  • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
  • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

*

初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

良いポイント

  • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
  • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
  • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

*

機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

良いポイント

  • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
  • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
  • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利