SNSマーケティング

YouTubeコンサルティングを活用しチャンネル成長へ|内容や費用も

YouTubeを効率よく運営し効果的なマーケティングを行うには、コンサルティングの利用がおすすめです。自社の状況に合ったプランを利用し、戦略的にチャンネルを伸ばして集客に結びつけていきましょう。

2022-06-08 2022-06-10更新

コンサルティングの内容は会社によってさまざまです。

期間が長い・担当者が多い・品質が高いほど費用がかかりますが、運用の目的や、かけられる予算に合わせたコンサルティングを依頼することで余計な時間や手間をかけずに済みます。

効率よくチャンネルを成長させるために、ぜひコンサルティングの利用を検討してみてください。

YouTubeコンサルティングの内容

YouTubeコンサルティングの内容は、会社によってさまざまです。自社のチャンネルの状況やコンサルティング会社に何を求めているかで、選ぶべきサービス内容や料金は変わってきます。

ビジネス目的にあわせた動画戦略をコンサルティング会社と相談して決めることが多いため、自社に合った内容で依頼できるのが魅力です。

1.チャンネルの方向性やネタ出しなどの「企画立案」

コンサルティングを依頼すると、これからYouTubeチャンネルを立ち上げる場合や公開している動画数が少ない場合も、チャンネル自体の方向性やコンセプトから相談できます。

すでにチャンネルを運営して伸び悩んでいる場合は、再生数を伸ばすためのネタ出しや、ペルソナ(ターゲット)の再設定などの相談も可能です。

また、YouTubeを使って果たしたいビジネスゴールの設定や実現性などのアドバイスももらえるでしょう。

企画立案の目的

  • 認知度を上げる
  • 特定のイメージをもたせる
  • 自社のwebサイトへ呼び込み売上に直結させる など

2.編集など「動画制作」に関するアドバイス

動画制作のアドバイスをしてくれるコンサルティング会社もあるため、効率的な動画投稿が可能です。

動画制作のアドバイス例

  • テロップ入れ(文字や画像など)
  • 動画編集方法
  • BGMの入れ方 など

YouTubeの運用代行とは異なり、基本的に動画制作は自社で行う必要があります。しかし動画制作会社に対しディレクション(指揮・管理)まで行うコンサルティング会社もあるため、気になる場合は確認してみましょう。

コンサルティング会社によっては動画を作成するにあたって、動画自体の構成案の作成、出演者のセリフ立案、クリック率アップのために適したサムネイルデザインまでアドバイスが行なわれることもあります。

参考記事:YouTube初心者向け動画編集ソフト10選-選び方や参考になるYoutuberも紹介

3.目標達成のための「PDCAサイクル運用」

チャンネル登録者数や視聴者数などの目標達成のためには、PDCAサイクルの運用で結果が出やすくなります。

【PDCAサイクルとは】

品質管理や業務改善の効率化を目指すための方法
Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Action(改善)の順に繰り返すことで、品質の向上を狙うサイクル

YouTubeコンサルティングにおいての長期依頼であれば、実行したあとの効果測定や、見直すべき点のアドバイスまで行う会社が多くあります。
PDCAサイクルの運用によるアドバイスやチェックを繰り返すため、結果が出やすいのがポイントです。

チャンネル登録者数や視聴者数などの目標達成のためには、PDCAサイクルの運用で結果が出やすくなります。

4.チャンネル開設など「細かい設定」に対するアドバイス

YouTubeコンサルティングでは、YouTubeチャンネルの開設に関する細かい設定のアドバイスにも対応していることがほとんどです。動画マーケティングのプロが対応するため、どのような設定にすればより効果的かについてチャンネル開設者側に知識がなくても、スムーズに開設できます。

ただし、コンサルティングはあくまでアドバイスのみです。実際のチャンネル開設は、自社で行う点に注意しましょう。

YouTubeコンサルティング会社を選ぶポイント

YouTubeコンサルティング会社を選ぶ際には、確認しておきたいポイントがあります。

自社のYouTubeチャンネルを伸ばすために必要とするコンサルティングのレベルや、ビジネスゴール設定、チャンネルの方向性、企画案などに沿ったアドバイスを受けられるか知ることが大切です。

YouTubeコンサルティング会社を選ぶポイント

  • コンサルティングにより制作された動画が継続的に見られているか
  • 需要のある動画のための分析と改善が行われているか
  • 現存するチャンネルや動画との差別化を意識しているか

1.コンサルティングにより制作された動画が継続的に見られているか

コンサルティング会社で製作された動画が継続的に見られているかの確認は、依頼するのにかかせないポイントです。

単に試聴回数を稼ぐのではなく、ファンになって(チャンネル登録して)もらってこそ意味があります。新商品や新サービスの認知拡大や申し込みを継続的に増やさなければ、YouTube動画の作成も徒労に終わってしまいます。

たとえば、テレビはチャンネルをつけると番組が勝手に流れるものです。反対にYouTubeは、視聴者が見たい動画を自分で選ぶ、または検索してはじめて見られます。

チャンネル内の動画が再生されたとしても、冒頭の3秒間で40%が離脱すると言われています。なお、開始後15秒で1/2、30秒で2/3ものユーザーに離脱されてしまいます。そのため、冒頭3秒〜30秒で離脱されないための番組作りが必要です。

チャンネルを見るターゲット層が欲している動画を提供できれば、チャンネル登録者数の増加はより現実的なものとなります。逆にターゲットが欲していない動画は、何本作っても結果につながりません。

複数本コンサルティングを行なってほしいと考えた場合、コンサルティングの費用を重視することもあるでしょう。

しかし費用を安く抑えることにこだわるよりも、丁寧なヒアリングや細かな企画立案をしてもらえるコンサルティング会社を選ぶほうが、結果が伴いやすくなります。

継続して見られる動画とチャンネル運営を、戦略的に行なっていきましょう。

2.需要のある動画のための分析と改善が行われているか

YouTubeのコンサルティングを依頼するにあたり、チャンネル登録やサービス購入に結びつけるための戦略が、どのように練られているかを確認しておきましょう。

YouTubeは動画を作れば成功するわけではありません。もし、1本の動画がバズったとしても、継続的に見てもらうことは難しいものです。

そのため、YouTube動画の検索結果やGoogleアナリティクスから、需要のある動画、視聴者の属性や傾向を分析したうえでの動画作成が必要となります。

このように、分析と改善を繰り返すことが動画作成に求められますが、未経験であったり、経験が浅かったりする人には大変難しい作業です。

どのようなジャンルで動画を作るかによっても分析や改善の方法は異なるため、動画マーケティングのプロによるコンサルティングを受けたほうが、よりユーザーニーズに合った動画作成ができます。

3.現存するチャンネルや動画との差別化を意識しているか

YouTubeですでに人気のあるジャンルの場合、他のチャンネルとの差別化をしないと伸びにくいため、動画の構成や企画で個性を出す必要があります。

YouTubeではまだ流行っていないもののGoogleでの検索結果が多いジャンルの場合は、新しいジャンルとして開拓するのもおすすめです。数ある動画との差別化となり、すでに人気のあるジャンルよりも、伸びやすい傾向があります。

そのため、コンサルティング会社によって制作された動画が、すでに存在しているチャンネルや動画との差別化を図れているかを確認するのも、重要なポイントです。

YouTubeコンサルティング会社6選

自社にどのようなコンサルティングが必要なのかを把握したら、コンサルティング会社選びに進みましょう。

動画制作のみが必要であれば動画作成や編集をしてもらえるサービス、チャンネルの方向性の相談やアドバイスが欲しいなら、戦略策定してもらえるコンサルティングサービスを選びます。動画制作もチャンネルのアドバイスも受けたい場合は、両方に対応したサービスを探しましょう。

幅広い運用レベルに対応している6社をピックアップしているため、参考にしてみてください。

1.運用レベルに合ったプランが選べる-株式会社キャストダイス

株式会社キャストダイスは、アカウント作成やチャンネル運営のアドバイスを受けられるため、これからYouTubeチャンネルを始める人におすすめです。また企画の提案や動画の簡易編集などをしてもらえることも魅力的です。

単発からフルプランまで幅広いサービスが用意されているため、運用方針に合ったものを選びやすいでしょう。

【株式会社キャストダイズの概要・料金】

会社所在地東京都豊島区東池袋1-42-14 28山京ビル302
設立年2013年2月22日
プラン・料金● フルプラン:30万円/月〜(3ヵ月単位での申し込み)
● スタンダードプラン:16万円/月〜(3ヵ月単位での申し込み)
● ライトプラン:7万円/月〜(3ヵ月単位での申し込み)
● 単独プラン:5万円(1時間)
問い合わせWeb:問い合わせフォーム
URLhttps://www.castdice.co.jp/
※2022年4月 当社調べ

2.無料の相談サービスから活用できる-株式会社火燵

株式会社火燵ではチャンネル開設、分析・改善まで行われ、幅広い運用レベルに対応しています。撮影方法や演出の仕方など、動画制作に関する具体的なアドバイスも行なわれているため、動画制作に不安がある人におすすめです。

別途費用を払えば、動画制作代行も可能なところも魅力の1つです。火燵のYouTubeチャンネルに登録すると、無料で相談できるサービスもあります。

【株式会社火燵の概要・料金】

会社所在地東京オフィス:東京都文京区後楽2-21-12パールハイム安藤坂4F
香川オフィス:香川県綾歌郡宇多津町2527-11
設立年2009年7月23日
プラン・料金初期設定:20万円
月額サポート:8万円
問い合わせ【電話】
● 東京オフィス(03-6822-5629)
● 香川オフィス(0877-49-0403)
 受付時間:平日10:00〜17:00(土日祝除く)

【Web】
問い合わせフォーム

【無料相談フォーム】
YouTube運営なんでも相談
URLhttps://kotatsu.info/business-service/web/
※2022年4月 当社調べ

3.結果が出るまでアドバイスをもらえる-BEASTAR株式会社

BEASTAR株式会社では、企画・脚本・撮影・編集・広告運用など動画に関する全てのアドバイスが行なわれるため、しっかり結果を出したい人におすすめです。

レポートで効果検証を行い、PDCAサイクル運用もあるため、効果が出やすいのがポイント。5万回再生保証付き、かつ半年契約で結果が出るまでコンサルティングを受けられるサポートが魅力の会社です。

【BEASTAR株式会社の概要・料金】

会社所在地大阪府大阪市西区北堀江1丁目5-2
四ツ橋新興産ビル12階
設立年2020年2月
プラン・料金● YouTubeコンサルティング:30万円〜
● YouTubeライトプラン:15万円(3ヵ月契約)
問い合わせ電話:06-6131-7977
Web:問い合わせフォーム
URLhttps://bea-star.co.jp/youtube/
※2022年4月 当社調べ

4.低価格でポイント的コンサルティングあり-株式会社フロンティアチャンネル

株式会社フロンティアチャンネルは、1ヵ月3万円の低価格からサービスを受けられるため、問題点がはっきり分かっている人やポイント的にアドバイスをもらいたい人におすすめです。

再生回数UPを目指したアドバイスや分析・改善が行なわれるのも魅力。ほかにも、企画・ディレクションや動画制作代行などが行なわれるプランもあり、問題点に合わせて選べます。

【株式会社フロンティアチャンネルの概要・料金】

会社所在地東京都品川区西大井1丁目8-1
西大井舘野ビル304号
設立年2015年7月
プラン・料金● YOUTUBEコンサルティング:3万円~/1ヵ月
● YOUTUBEチャンネル運営代行:5万円~/1ヵ月
● YOUTUBEチャンネル編集代行(月5本~):2万円~/本
● 企画・ディレクション:5万~20万円
問い合わせ話:03-6410-7343
Web:問い合わせフォーム
URLhttps://www.frontierchannel.jp/movie
※2022年4月 当社調べ

5.動画の市場データや分析サービスを提供-株式会社エビリー

株式会社エビリーが運営するmillviは受け身のサポートではなく、能動的に課題解決できるような支援を受けられるコンサルティング会社です。

国内最大級のYouTubeデータ分析ツール「kamui tracker」を提供し、国内のYouTubeチャンネルを網羅したデータで、企業やクリエイターの活動をサポートしています。蓄積されているデータと、チャンネル運用のノウハウをもとにサポートを受けられるのが魅力です。

【株式会社エビリーの概要・料金】

会社所在地東京都渋谷区渋谷1-2-5
MFPR渋谷ビル12F
設立年2006年10月2日
プラン・料金【millvi】
● 動画制作トレーニングパック
● 動画コンテンツ運用支援
問い合わせ話:03-6410-7343
Web:問い合わせフォーム
URLエビリー:https://eviry.com/
millvi:https://millvi.jp/
※2022年4月 当社調べ

6.構成提案から投稿後の改善施策までトータルサポート-CINC

株式会社CINCは、独自ツールを使ったYouTubeアルゴリズムの解析・分析、すべての動画データの抽出・解析をすることで、成功確率の高い戦略を提供しています。

伸びる動画の要素を盛り込み、動画を企画します。データをもとに、チャンネルの戦略を決めることで、再現性の高い動画制作が可能です。

ヒアリング、データ解析、戦略の提案、動画コンテンツの企画、動画公開、改善施策までトータルサポートが行なわれるコンサルティング会社のため、結果重視の人におすすめです。

【株式会社CINCの概要・料金】

会社所在地東京都港区赤坂1-9-13
三会堂ビル7階
設立年2014年4月
プラン・料金※状況により異なるため、問い合わせにて確認
問い合わせ問い合わせ・資料DLフォーム
URL会社HP:https://www.cinc-j.co.jp/
問い合わせ:https://consulting.cinc-j.co.jp/vidmarketing_document
※2022年4月 当社調べ

YouTubeコンサルティングの費用相場

「コンサルティングの費用って高そう」と気になる人も多いでしょう。YouTubeコンサルティングを依頼する目的は、チャンネルを成長させてサービス購入につなげることや、収益化することです。そのための「戦略」はとても大切で、じっくり時間をかけてこそ目的達成に近づけます。

実際にかかる費用は工数(仕上げるまでに必要とする作業量)で変わるため、依頼内容によって大きく変動します。上記で紹介した会社のコンサルティング内容別に費用相場を割り出しているため、予算と合わせて参考にしてみてください。

1.チャンネル運用のみのコンサルティング-月16万円~

チャンネル運用のみのコンサルティングの費用は、月16万円からです。なお、どのくらいの期間で依頼するかによって大きく変わります。

【チャンネル運用のみのコンサルティングの費用】

株式会社キャストダイス月16万円~
株式会社火燵初期設定20万円+月8万円~

【3ヵ月で依頼した場合】

株式会社キャストダイス月16万円×3ヵ月=48万円
株式会社火燵月8万円×3ヵ月+初期費用20万円=64万円

【1ヵ月で依頼した場合】

株式会社キャストダイス3ヵ月単位での申し込み
(1ヵ月あたり16万円)
株式会社火燵月額8万円+初期費用20万円=28万円

1ヵ月の依頼なら20万円前後、3ヵ月の依頼は48万〜64万円程かかりますが、時間をかけてじっくりサポートを受けるべきかを検討してみましょう。

2.動画制作のみのコンサルティング-3ヵ月15万円~

本記事で紹介した会社のなかで、動画制作(撮影・編集)のみのコンサルティングが行なわれるのは、株式会社BEASTERのみです。

料金は3ヵ月15万円で、撮影・編集が3本ずつと、オンラインサポートがついています。
月額にすると、月5万円で動画1本の制作ができる計算になります。

3.運用から動画制作まで全てのコンサルティング-月3万円~

株式会社フロンティアチャンネル月3万円~
株式会社キャストダイス月30万円~
BEASTAR株式会社月30万円~

動画制作からチャンネルの分析・アドバイスなど全てのコンサルティングの費用の相場は、月3万円~月30万円です。料金の幅が広いのは、会社ごとにサービス内容やプランが大きく異なるためです。依頼したい内容の見積もりをとることで、正式な料金を提示してもらえます。

4.単発でのコンサルティング-月5万円~

本記事で紹介した会社のなかで単発でのコンサルティングができるのは、株式会社キャストダイスのみです。1時間5万円で、オンラインでのコンサルティング依頼ができます。

約30万円の料金で全てのコンサルティングを利用できますが、利用回数が6回以下で「部分的にアドバイスが欲しい」といった場合は、単発のコンサルティングも視野に入れてみましょう

個人のYouTubeコンサルティングはココナラのようなスキルマーケットで探す

コンサルティング会社の費用が高いと感じる場合は、個人のYouTubeコンサルティングがおすすめです。

個人のコンサルティングはココナラのようなスキルマーケットで探せます。オンラインで全て完結するため、気軽に依頼しやすいのがポイントです。
YouTubeコンサルティングを行う個人のサービスを受けられるスキルマーケットは以下の通りです。

スキルマーケット

個人コンサルティングは費用が安く依頼しやすいメリットがありますが、1人でコンサルティングできることには限界があるのも事実です。そのため「思っていたようなサービスを受けられなかった」と後悔する可能性もあります。

依頼する際には、メリット・デメリットを理解したうえで、購入者の評価を確認することも大切なポイントです。

個人コンサルティングのメリット

  • 会社コンサルティングより費用を抑えられる
  • 依頼内容や仕事内容の融通がききやすい
  • 購入者によるリアルな評価を確認してから依頼できる

個人コンサルティングのデメリット

  • サービスに限度があり、満足いかない可能性もある
  • 人によって技術のバラつきがあり、あまり効果がみられないこともある
  • チャンネルの方向性や構成を決めていくことに、非常に時間がかかる場合もある

YouTubeコンサルティングを受けるタイミング

YouTubeコンサルティングは時間をかければかける程、費用がかかります。しかし、時間をかけた分だけ費用がかかる仕組みは、YouTubeのコンサルティングに限ったことではありません。

コンサルティングという業態自体の費用の算出方法が「工数≒調査提案に要する作業時間」で計算されています。そのため、自社に合った適切なタイミングでコンサルティングを依頼することが、費用を無駄にかけないためのポイントです。

1.YouTubeチャンネルを始めるとき

チャンネルを立ち上げる最初の段階でコンサルティングに依頼し、正しい知識を身につけることで、効率よくチャンネルを伸ばせます。

また、チャンネルのマーケティング方針全体を考えながらのチャンネル運用や、目的の整理(ビジネスゴールの設計)をしながら方針を考えて決めていけるのも、嬉しいポイントです。特に未経験の場合は、最初のうちにプロのノウハウや経験を吸収しておくと今後の運営にも役立つでしょう。

2.チャンネル運営が上手くいかないとき

すでにチャンネルをもっていて「やってみたけどうまくいかなかった」という場合も、コンサルティングを受けるタイミングとしておすすめです。

第三者からの新しい意見や動画マーケティングのプロのアドバイスを受けられるため、気が付かなかった問題点を見つけられます。社内のみで考えるよりプロに依頼することで、より早くチャンネルの伸び悩みを解消し、効率的な運営につなげられるでしょう。

3.疑問点や不安が多いとき

チャンネルを運営するなかで疑問点や不安が多いときは、動画マーケティングのプロからアドバイスをもらうことで、小さな問題も早く解決できます。

どうしていいか分からなくなったときにすぐに相談できる環境をつくっておくことで、スムーズなチャンネル運営が行えるはずです。

YouTubeコンサルティングを受ける前に準備しておくこと

YouTubeのコンサルティングを受ける前に以下を準備しておくことで、よりスムーズにコンサルティング会社と話し合いが進みます。

事前準備すべきこと

  • チャンネルの方向性やコンセプトを明確にする
  • 競合調査や市場調査をする
  • すでに分かっている問題点や疑問点をまとめる

事前準備によって、余計な時間や手間をかけずにコンサルティングを開始できるでしょう。また、「工数≒調査提案に要する作業時間」で費用が算出されることから、事前準備を行うことにより費用を抑えられます。

費用のみに着目することなく、少し費用が高くてもより戦略に特化したコンサルティング会社を選べるため、選択肢と可能性が広がるでしょう。

1.チャンネルの方向性やコンセプトを明確にする

これからYouTubeチャンネルをスタートさせる場合は、チャンネルのゴールやコンセプト、ターゲット層などを明確にしておくことで、的確なアドバイスをもらえます。

コンセプトが決まってなくても、コンサルティング会社と相談して決めることもできるため、その旨を伝えましょう。

ネタだし・企画立案・戦略策定などは、チャンネルを成長させていくうえでの大切なポイントになります。

2.競合調査や市場調査をする

運営しているチャンネルの競合チャンネルや市場を調査しておくことで、自社のチャンネルに合ったコンサルティングを受けられます。特に、チャンネルが伸び悩んでいて、差別化を図りたいと考えているときには調査が必須です。

人気のあるチャンネルや人気のないジャンルなどさまざまな角度から調査することで、自社チャンネルの戦略を立てることや、動画企画にも役立つでしょう。

ただし、競合や市場調査は事前にしておいたほうがスムーズですが、明確に分かっていなくても相談できることもあります。

3.すでに分かっている問題点や疑問点をまとめる

運営するなかで問題となっているところや分からないところを事前にまとめておくと、コンサルティングを受ける際にじっくり相談できます。

すでに問題になっているところが分かればチャンネルに合ったアドバイスを受けられるため、コンサルティングも効率よく進むはずです。

YouTubeコンサルティングを活用して運用チャンネルを伸ばそう

YouTubeのコンサルティングを依頼することで、効率よくチャンネルを伸ばせます。分からないことや困ったことがあった際にすぐ相談できる環境が整っていることで、スムーズなチャンネル運営が可能です。

コンサルティングでデータ分析や改善方法のアドバイスをもらいながら、効率よく自社のチャンネルを伸ばしていきましょう。

コンサルティング会社によって、サービス内容、料金、得意分野なども変わるため、十分検討したうえで、自社に適したサービスを提供している会社に依頼するのがおすすめです。

YouTubeチャンネルを運用している・今後運用を考えている企業マーケティング担当者様へ

このようなお悩みがありませんでしょうか?

☑再生数が思ったより伸びない
☑紹介するサービス・製品が思ったより売れない
☑制作に工数がかかりすぎてしまう
☑そもそも何をKPIにすればよいかわからない

YouTubeチャンネル運用の専門家が、貴社のYouTubeチャンネル活用や、
KPI設計、制作、企画についてご相談に乗ります。

サービス説明やお見積りについてもお気軽にご相談ください。

New call-to-action
この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。詳しくはこちら⇒https://keywordmap.jp/

無料メルマガ登録

Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

ITreview LEADER 2021 Summer

Keywordmapのカスタマーレビュー

*

ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

良いポイント

  • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
  • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
  • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

*

初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

良いポイント

  • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
  • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
  • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

*

機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

良いポイント

  • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
  • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
  • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利
×