トピッククラスターを徹底解説!SEO効果や実際の事例、作り方をわかりやすく紹介

公開日:

SEO

公開日:

SEO
当記事のアイキャッチ画像

トピッククラスターとは、ピラーページ(中心となる記事)とクラスターページ(関連記事)を内部リンクでつなぎ、コンテンツ全体のSEO評価を高める手法です。重複を防ぎながらコンテンツを整理することで、ユーザー体験やクローラーの巡回性を向上し、ミドル・ビッグワードでの上位表示を狙いやすくなります。

トピッククラスターを作る際は、中心トピック(ピラーページ)の選定、キーワード調査、内部リンク設計、コンテンツ制作が重要です。当記事では、トピッククラスターのメリット・効果や事例で基本的な知識を理解したうえで、実践的な作り方や、その際に役立つSEOツール、押さえておくべき注意点について解説します。

目次

トピッククラスターとは、戦略的な記事のグルーピングや内部リンクにより記事群全体のSEO評価を高めること

トピッククラスターというモデルが初めて提唱されたのは、2017年のhubspot(ハブスポット)の記事においてでした。熾烈なSEO競争の中で、ユーザーや検索エンジンに対して効率的に情報を提供できる新たなベストプラクティスとしてトピッククラスターモデルが紹介されました。

参考記事:Topic Clusters: The Next Evolution of SEO

では、もう少し詳しくトピッククラスターの基本構造についてみていきましょう。

トピッククラスターの基本構造は「ピラーページ」と「クラスターページ」

トピッククラスターとは、記事ページのグルーピングや内部リンクを整備することで、ユーザーと検索エンジン双方にとって理解、評価しやすいサイト構造(の一部)を構築するSEO施策のことを指します。

トピッククラスターは主に「ピラーページ(ピラーページ)」と「クラスターページ(クラスターページ)」の2つの要素で構成されます。例えば、ピラーページが「カレーライス」だとすると、クラスターページは「レシピ」「隠し味」「栄養」など、カレーライスと強く関連するキーワードで構成されます。この際、内部リンクが集約されるピラーページは検索エンジンから高く評価される傾向にあります。

【トピッククラスター例】

トピッククラスターのイメージ図

ピラーページ(ピラーページ)はクラスターの柱となるまとめ記事のこと

ピラーページとは、トピッククラスターの中心となる、まとめ記事です。特定のトピックについての概要や全体像を幅広く解説するような内容になります。

ピラーページに強く関連するクラスターページがリンクされることで、ユーザーにとって有益な情報ハブを形成できます。また、同時に内部リンク(リンクジュース)がクラスターページからピラーページに集約されるため、ピラーページの評価(PageRank)が上昇します。

ピラーコンテンツのイメージ図

クラスターページ(コンテンツ)はピラーページに紐づく関連記事のこと

クラスターページは、ピラーページに関連する個別のサブトピックについて掘り下げたページであり、それらのページからピラーページへリンクを貼ります。ピラーページで言及される内容よりも具体的、かつ専門的な情報を提供することで、ユーザーニーズを満たします。よりアクセス数の多いピラーページを訪問したユーザーが、次に知りたくなるようなコンテンツがクラスターページとして最適です。

カレーライスをテーマにしたトピッククラスター

なお、クラスターページはトピックの切り分けが重要で、うまく切り分けできなければ重複コンテンツ(カニバリ)が発生してしまい、検索エンジンからの評価が分散してしまうなどして、想定した効果が得られない可能性があります。

トピッククラスターのSEO効果やメリットは?

トピッククラスターモデルは、Webサイトのコンテンツ構造を最適化し、検索エンジンからの評価を高めるだけでなく、ユーザー体験の改善にも役立ちます。

では、トピッククラスターを実装することで得られるSEO的な効果やメリットについて、もう少し具体的に見ていきましょう。

ミドル・ビックワードで上位表示を狙いやすくなる

トピッククラスターでは、ピラーページとクラスターページの記事群全体で、幅広いユーザーのニーズに応えられるだけでなく、単一の記事で上位表示の難しいミドル・ビッグワードの上位表示を狙うことが可能です。

これは、クラスターページからピラーページへの内部リンクによって、「リンクジュース(リンクを介して他ページからSEO評価が移行すること)」がピラーページに集中するためです。傾向として検索エンジンはリンクジュースが多いほど高く評価します。したがって、ピラーページとしてミドル・ビッグキーワードを対策することで、それらの上位表示を後押しすることができます。

カレーライスをテーマにしたトピッククラスター例

サイト構造が整理されてクローラーが巡回しやすくなる

トピッククラスターにより、Webサイトのリンク構造が整備されるため、クローラーが効率的にサイト内を巡回することが可能です。

Googleをはじめとした検索エンジンのクローラーは、リンクを辿ってページの巡回を行っていますが、この巡回がスムーズになることで、これまでインデックスされていなかったページがインデックスされたり、新規コンテンツやリライトしたコンテンツのインデックス最短化に繋がったりします。

トピッククラスターモデルは、内部リンクの整備が必須であり、関連性の高いコンテンツ同士をつなぐという特徴から、クローラーの巡回や、サイトのテーマ性・構造の理解を促します。

ユーザーが関連する情報にアクセスしやすくなる

Webサイトを訪れたユーザーが、関連コンテンツの中から目的のページを発見しやすくなったり、検索結果に戻って再検索する手間を省けたりします。

ミドル・ビッグキーワードで対策されたピラーページへの流入から、次に知りたいトピックを扱ったクラスターページにたどり着くことも考えられます。トピッククラスターを適切に構築していれば、このようにして関連情報にアクセスしやすくなるため、ユーザー体験が向上し、サイト内回遊を促すことができるでしょう。ユーザーのWebサイトに対する評価が上がり、ひいては検索エンジンの評価も高まると考えられます。

コンテンツが整理されるため重複(カニバリ)の防止になる

トピッククラスターではコンテンツが体系的に整理されるため、同一キーワードに対する重複したコンテンツ(カニバリ)が生じにくくなります。というのも、そもそもトピッククラスターを構築する際には、以下のようなリストを作成して、対策キーワードと記事ページの対応を明確にするからです。

トピッククラスターを管理するためのキーワードリスト

自社サイト内における重複コンテンツは、それ自体ペナルティを受けるようなものではありませんが、検索エンジンで表示されなかったり、評価が分散され、SEOにおいては悪手とされています。そのため、クラスターページ同士は被らないよう切り分けることが大切です。重複コンテンツによるSEOへの影響を詳しく知りたい方は、こちらの記事も参考にしてください。

トピッククラスターの事例

トピッククラスターについて基本的な知識や効果について見てきましたが、より深く理解するためには実例を見るのが一番です。百聞は一見に如かずということで、実際にトピッククラスターモデルを活用しているWebサイトの事例を2つ紹介しましょう。

引っ越し侍

株式会社エイチームが運営する引っ越しに関する総合情報サイト『引っ越し侍』は、トピッククラスターモデルでWebサイトを構造化して、SEO評価を高めることに成功している典型的なメディアです。

「引っ越し 相場」「引っ越し 費用」といったビッグキーワードでピラーページが上位にヒットします。クラスターページ群とピラーページでリンク集約・コンテンツのハブを作り、評価を押し上げていることが奏功していると考えられます。

ピラーページ①キーワード「引っ越し 相場」引っ越し侍のピラーページ
出典:https://hikkoshizamurai.jp/price/
ピラーページ②キーワード「引っ越し 費用」引っ越し侍のピラーページ
出典:https://hikkoshizamurai.jp/price/almost/
クラスターページの例⇒ピラーページ①へ引っ越し侍のクラスターページ
出典:https://hikkoshizamurai.jp/price/single-rate/
クラスターページの例⇒ピラーページ②へ引っ越し侍のクラスターページ
出典:https://hikkoshizamurai.jp/price/timing/
構造パンくずリストによるリンク集約:①コンテンツ内からリンク集約:①、②

引っ越し侍のピラーページは2つ以上あると見られますが、上記の表で取り上げた2つのピラーページには、少なくとも3記事以上のクラスターページからリンクが向けられています。一方で、すべてのページに共通のヘッダーがあり、そこに設けられたドロップメニューには、ピラーページとクラスターページ群がまとめられています。

引っ越し侍のトピッククラスター

ピラーページが複数存在するというのは何もおかしなことではありませんが、引っ越し侍が特徴的なのは、おなじ「費用」というトピック内で2つのピラーページが共存していることです。これはおそらく、単一ページで「引っ越し 相場」と「引っ越し 費用」という2つのビッグキーワードを獲得することができないから(あくまでも現状において)ではないかと思われます。実際に検索してみると、それぞれのキーワードで別々のピラーページが上位にヒットしていることがわかります。

内部リンク集約の方法

引っ越し侍のパンくずリストのキャプチャ

内部リンクを集約する際に重宝する「パンくずリスト」は、トピッククラスターを構築する際にもよく用いられます。引っ越し侍も「パンくずリスト」を利用してピラーページに内部リンクを集約しています。ただし、ピラーページが2つあることから、一方はパンくずリストを用いず、コンテンツ内部からのアンカーテキストだけで内部リンクを集約しています。

引っ越し侍のアンカーテキスト例

後述しますが、基本的にトピッククラスターを構成する際の内部リンクは、パンくずリストやコンテンツ内におけるアンカーテキストが用いられます。ほかにも、右カラムの関連記事や人気記事としてピラーページにリンクを向ける場合もあり、トピッククラスターの内部リンクの繋げ方は多種多様です。

UCC

コーヒーメーカーのUCCのWebサイトでも、トピッククラスターモデル型にコンテンツが整備されています。

UCCのピラーページは、「コーヒー 淹れ方」などのビッグキーワードで上位表示されますが、引っ越し侍のような記事コンテンツではありません。代わりに、ピラーページが各クラスターページへの入口となるポータルページ(一覧ページ)になっています。

ピラーページキーワード「コーヒー 淹れ方」UCCのピラーページ
出典:https://www.ucc.co.jp/enjoy/brew/howto-drip.html
クラスターページの例UCCのクラスターページ
出典:https://www.ucc.co.jp/enjoy/brew/howto-drip_01.html
クラスターページの例UCCのクラスターページ
出典:https://www.ucc.co.jp/enjoy/brew/howto-drip_02.html

※クラスターページのURLは、ピラーページのURLの末尾に01、02とナンバリングされるかたちで構成される

クラスターページでは、「ペーパードリップ」や「金属フィルター」などコーヒーの淹れ方を器具別に解説。ピラーページへの内部リンク集約はパンくずリストを用いておらず、各ページ上部には「器具別の淹れ方」へのリンクが設置され、ピラーページへ誘導されるようになっています。

UCCのトピッククラスター分析図

UCCの例のように、ピラーページは記事コンテンツである必要はありません。テキストがほとんどない一覧ページであっても十分に機能しますし、上位表示されることもあります。記事コンテンツにするかUCCのような一覧ページにするかの判断軸は、検索結果のラインナップから導くことができます。検索結果が記事コンテンツのみだった場合、一覧ページのようなピラーページを作るのは避けた方がいいでしょう。逆に、一つでも一覧ページが上位表示されていれば対策は可能だと判断できます。

トピッククラスターの作り方

ピッククラスターモデルの具体例について触れたところで、実際の構造や用いられ方がイメージができたと思います。では、改めてさらに詳しくトピッククラスターを構築する流れについてみていきましょう。

トピッククラスターは以下のステップを踏むながら作っていくのがおすすめです。なお、以下の動画でも解説していますのであわせて参考にしてみてください。

柱となるトピックを選定する

Webサイトの目的に沿い、ユーザーにとって価値や関心の高い中心的なトピックを1つ選びましょう。なお、ここでいうトピックとはたくさんの似たようなキーワードを一つにまとめて、それを一言で総称した言葉のことです。トピックはテーマと言い換えることもでき、※場合にもよりますが、抽象度は比較的高めのキーワードと言えるでしょう。このトピックを中心にして、トピッククラスター構造を構築していきます。

ビジネスとしてトピッククラスターを構築するのであれば、特に重視すべきはコンバージョンです。自社商品・サービスに対するコンバージョンを明確に設定し、コンバージョンさせたいユーザー像を定め、彼らがどのようなトピックに興味関心を持つかを考えることを推奨します。

※狙いたいキーワードありきでトピッククラスターを構築する場合もあります。たとえば、上記で紹介した引っ越し侍では、トピッククラスターのピラーページに「引っ越し 費用」や「引っ越し 相場」という対策キーワードが設定されていると考えられますが、これらは検索意図がハッキリ表れており抽象度は低いです。このように、上位を獲得したい・コンバージョンを獲得したい具体的なキーワードからトピッククラスターを構築することも可能です。

ピラーページのキーワードを選定する

トピックからピラーページとなるキーワードを探しましょう。検索ボリュームを考慮にいれつつ、「問い合わせを獲得する」「商品を購買してもらう」といった観点にも注意してキーワードを選定します。

たとえば、トピックが「クレジットカード」であれば、そのまま「クレジットカード」をピラーページのキーワードにすることができます。また、少し検索意図を絞って「クレジットカード おすすめ」としても良いかもしれません。

なお、立ち上げたばかりのWebサイトでビッグキーワードを狙うと、なかなか上位表示されず、成果につながらない可能性があります。まずは競合が比較的少なく、対策難易度が低めのミドル・スモールキーワードを狙っていくことをおすすめします。

トピックを軸にキーワード調査を行う

設定したトピック、あるいはピラーページのキーワードを起点にして調査を行います。まずはキーワードを広げるところから始めましょう。広げたキーワードがクラスターページ群の対策キーワードになります。

キーワードツールで関連キーワードを拾ったり、実際に検索してみて関連性の高いキーワードを探したりしましょう。Keywordmapというツールを使って「クレジットカード」に関連するキーワードを洗い出してみました。

Keywordmap:検索キーワード分析機能

Keywordmapのツール画面

ポイントは、可能な限り多くの関連キーワードを洗い出すことです。「クレジットカード×○○」という掛け合わせキーワードだけでなく、「クレジットカード」という主軸キーワードを含まない関連キーワードも洗い出しましょう。(「クレジットカード おすすめ」の検索結果が「visa おすすめ」の検索結果と近いなど、主軸が含まれていなくてもクラスターページの対象キーワードになり得る)

クラスターページ向けにグルーピングする

洗い出したキーワードのすべてに対して個別に記事を作ることはできません。というのも、複数の対策キーワードの検索結果が重複する、いわゆるカニバる可能性が非常に高いためです。クラスターページの対策キーワードを決めるために、洗い出したキーワード群がカニバらないようにグルーピングしましょう。

グルーピングは一つ一つキーワードを検索して、検索結果が重複しないかどうか手動・目検で行うこともできますが、とにかく膨大な時間がかかってしまいます。工数を削減するためにも便利なツールを活用することをおすすめします。

キーワード難易度/キーワードグルーピング」ツールは、無料で使えるグルーピングツールです。以下図のようにトピッククラスターを作る際にとても役立ちます。

キーワード難易度/キーワードグルーピングのツール画面

トピッククラスターをリスト化する

ピラーページとクラスターページに当てはめるキーワードを一通り洗い出せたら、それらをまとめたリストを作ります。

ピラーページのキーワードとクラスターページのキーワード、さらに紐づく記事をリストとしてまとめます。キーワードの中にはすでに記事ページが存在することもありますが、そういう場合はリライトの可否を判断してリストの情報を更新していきます。

トピッククラスターを管理するシート例

上図のようにピラーページとクラスターページのキーワード、さらに新記事なのかリライトなのか対策方法を記載してリスト化しておけば、優先順位をつけて迷わずにトピッククラスター制作に取り掛かることができます。

リストを基に内部リンク構造を設計する

リストを基に、ピラーページとクラスターページの内部リンク構造を設計します。すべてのクラスターページからピラーページへ、それぞれどのように内部リンクを設置するかを決めます。

基本的に、Step5でまとめたリストがあれば、どのクラスターページからどのピラーページへ内部リンクをつなげるか判断することができます。より分かりやすくトピッククラスターを図式化したい場合、Xmindという無料ツールを活用してみましょう。洗い出したキーワードリストを使って以下のようなワードマップを出力できます。

Xmindで作成したトピッククラスターの構築例

このようにトピッククラスターの構造図を作成しておくと、後の作業がスムーズに進みます。図を見ながら指示を出せば、誰が実装しても統一性が保たれます。

クラスターページを作成する

リストに基づいて、クラスターページの作成に着手しましょう。クラスターページごとに狙ったキーワードで上位表示できるよう、ユーザーと検索エンジンから高く評価されるコンテンツを作成します。また、既に対策してある記事に関しては、リライトを行って品質を高めるようにしましょう。

新記事やリライトのコンテンツ制作に関しては以下の記事を参考にしてみてください。

設計図に沿って内部リンクを設置する

制作したトピッククラスターリスト・設計図に沿って、実際にリンクをつないでいきましょう。上述でも簡単に触れましたが、ピラーページへのリンクとして主に以下が用いられます。

  • コンテンツ内のリンク(アンカーテキストなど)
  • パンくずリスト
  • ヘッダー
  • 右カラム
  • 人気記事・関連記事

パンくずリストで内部リンクをつなぐ場合、ピラーページを一つ上の階層(ディレクトリ)として切り出す必要が生じることもありますのであらかじめ注意しておきましょう。たとえば、以下のURL構造では、「トップ > クレジットカード > クレジットカード おすすめ」というようなパンくずリスト設置が一般的です。

https://example.jp/creditcard/creditcard-osusume/

既存ページにリンクが設置されている場合は、リライトの際に本当に必要かどうか判断して、残すかどうか決めていきます。基本的にはピラーページへのリンクを優先します。リーズナブルサーファーモデルを考慮に入れれば、重要度や関連性の低いリンクはなるべく省いた方がいいかもしれません。リンクジュースの配分だけでなく、ユーザー体験を損ねたり、クローラーの巡回に不利な影響を与える可能性があります。

トピッククラスターの構築に役立つツールは?

トピッククラスターを作る際には、適切なキーワード選定やリンク構造の把握が重要になります。以下のようなツールを活用すると、効率的な作業が可能です。

Keywordmap|キーワード選定からトピックの選定、コンテンツ制作まで総合的に利用できる有料ツール

Keywordmapのサービスページ画像

Keywordmapは、競合サイトの分析にも強く、競合調査から市場調査、ニーズ調査、キーワード調査、さらにはAIライティング機能まで備えたオールインワンSEOツールです。

上記でも触れた通り、トピッククラスターを構築する上で必要なキーワード選定を行うことができます。キーワードは競合サイトや検索市場から網羅的に洗い出すことができるため、上位表示のための強固なトピッククラスター構築に役立ちます。

また、AIによる記事構成案制作やライティング機能があるため、圧倒的に工数を削減しながらピラーページやクラスターページの作成を行うことが可能です。

【このツールでできること】

  • トピッククラスターのキーワード選定
  • ピラー・クラスターページの作成
  • 競合サイト分析
  • 記事ページの効果測定
費用要問い合わせ
トライアルの有無1週間
公式サイトKeywordmap

GetKeyword|検索ボリュームから関連ワード、再検索キーワードまで調査できる無料ツール

GetKeywordのサービスページ画像

GetKeywordは無料で使えるキーワード調査ツールです。トピッククラスター構築のためのキーワード選定において、検索ボリューム、関連キーワード、再検索キーワードまで幅広く調べられます。

【このツールでできること】

  • トピッククラスターのキーワード選定
  • 再検索ワードの調査
  • 検索ボリューム調査
費用無料
トライアルの有無なし
公式サイトGetKeyword

キーワード難易度分析&グルーピングツール|キーワードのSEO難易度から類似キーワードを1つのトピックにグルーピングできる無料ツール

キーワード難易度分析&グルーピングツールのサービスページ画像

キーワード難易度分析&グルーピングツールは、トピッククラスターのためのキーワードグルーピング機能を搭載しています。当記事でも紹介しましたが、トピッククラスターの設計図を作るには膨大な工数がかかりますが、このツールを使えば大幅に工数を削減することができます。また入力したキーワード(最大50キーワード)のSEO難易度やE-A-T-T度合いを分析することができるため、ページの対策優先度付けにも役立ちます。

【このツールでできること】

  • トピッククラスターのためのキーワードグルーピング
  • キーワードの難易度分析
費用無料
トライアルの有無なし
公式サイトキーワード難易度分析&グルーピングツール

Ahrefs|競合サイトの獲得キーワードや被リンク状況を調査できる有料ツール

Ahrefsのサービスページ画像

Ahrefs(エイチレフス)は、被リンクの調査・分析ツールです。競合サイトの被リンク獲得状況について、使用されているアンカーテキストまで細かく把握できます。世界最大級の被リンクデータ量を保有し、約15分ごとにインデックスを更新できるほか、SNSで拡散されやすいWebページの傾向を分析可能です。

すでにトピッククラスターを構築している競合サイトを分析することができます。リンクを起点にピラーページやクラスターページ群を特定できるため、自社におけるトピッククラスター構築の参考になるでしょう。

【このツールでできること】

  • トピッククラスターのリンク分析
  • 被リンク分析
  • トラフィック分析
費用要問い合わせ
トライアルの有無なし
公式サイトAhrefs

Googleキーワードプランナー|検索ボリュームや関連キーワードの取得に活用できる無料のキーワード調査ツール

キーワードプランナーのサービスページ画像

Googleキーワードプランナーは、Google公式の無料キーワード調査ツールです。キーワードを入力すると、検索ボリューム、入札単価、関連キーワードを調べることができます。トピッククラスターのキーワード洗い出しにおいて活用することができます。なお、GoogleアカウントでのログインとGoogle広告の設定が必須です。

【このツールでできること】

  • トピッククラスターのキーワード洗い出し
  • 検索ボリュームの調査
  • CPCの調査 など
費用無料
トライアルの有無なし
公式サイトキーワードプランナー

トピッククラスターを構築するときの注意点

最後にトピッククラスターを導入する際に注意すべき点について紹介します。工数やSEO成果という観点からも、トピッククラスターに取り組む前にあらかじめチェックしておきましょう。

記事数が少ないサイトにはトピッククラスターモデルは向いていない

トピッククラスターモデルは、記事数が多く、さまざまなロングテールキーワードへの対応が求められるWebサイトに適しています。先ほど紹介したHubSpotの記事でも、大規模で膨大な数のコンテンツがあるサイトを想定しています。ある程度のページ数を担保できている方が、渡せるリンクジュースの総量も大きくなるため、SEO評価という観点からも断然有利になります。

一方、記事数が少ないニッチな領域のサイトでは、関連するロングテールキーワードそのものが限られています。小規模なサイトでは、トピッククラスターによって解決すべき重複コンテンツや、コンテンツの優先順位(どのコンテンツを優先的に作成すべきか)、クローラビリティの低下などが起こりにくいため、あえてトピッククラスターを導入する必要性は低くなるためです。

記事数が少ないWebサイトは、まずページ数を担保するところから始めるのが良いでしょう。

トピックが分散するため別のトピックのクラスター同士は内部リンクでつながない

複数のトピッククラスターを構築する場合、異なるピラーページやクラスターページの内部リンクでつなぐ必要はありません。トピックが分散することでユーザーの利便性が下がったり、関連性の低いページ同士のリンクということで、SEO順位を落とす可能性があるためです。

このようにトピッククラスターを活用するには、サイトの規模感やコンテンツの棲み分け方など、事前に十分検討しておく必要があります。適切に運用できればメリットを期待できますが、無理に導入するとかえってマイナスの影響を及ぼす可能性があることを覚えておきましょう。

まとめ:トピッククラスターでサイト構造を最適化し、ミドル・ビッグキーワードでの上位表示を狙おう

今回は、トピッククラスターのメリット・効果や事例、作り方、お役立ちツール、注意点について解説しました。

トピッククラスターのメリット・効果は以下の通りです。

  • ミドル・ビックワードで上位表示を狙いやすくなる
  • サイト構造が整理されてクローラーが巡回しやすくなる
  • ユーザーが関連する情報にアクセスしやすくなる
  • コンテンツが整理されるため重複(カニバリ)の防止になる

また、トピッククラスターの作り方は以下の通りです。

  1. 柱となるトピックを選定する
  2. ピラーページのキーワードを選定する
  3. ピラーページを軸にキーワード調査を行う
  4. リストを基に内部リンク構造を設計する
  5. クラスターページを作成する
  6. 設計図に沿って内部リンクを設置する

Webサイトの目的やコンバージョンに応じたトピックを選定し、ピラーページとクラスターページを設けてサイトを分かりやすく構造化することが重要です。小規模なサイトでは効果を発揮しない可能性もあるので、実施前の検討をおすすめします。

この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。
詳しくはこちら

無料メルマガ登録

Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

ITreview LEADER 2021 Summer

Keywordmapのカスタマーレビュー

*

ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

良いポイント

  • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
  • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
  • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

*

初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

良いポイント

  • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
  • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
  • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

*

機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

良いポイント

  • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
  • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
  • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利