SEO

おすすめリライトツール6選!無料から有料までSEOに効果的なツールを紹介

オウンドメディアの運営においてリライトは必要不可欠です。検索エンジンはユーザーの利便性を第一に考えているため、記事内の情報を最新のものに更新したり、検索ニーズの変化に対応したコンテンツの追加といった、記事の中身をアップデート(リライト)していくことが求められます。

リライトは新記事を作成するよりも工数がかからず、それでいて効果が出やすい施策です。とはいえ、準備から実際に手を動かす作業まで、難易度が高い工程がいくつかあり、時間もそれなりにかかります。そこでおすすめするのが、効果的なリライトを補助する各種ツールの活用です。

今回は、そんなリライトツールの中から、一般的に語られる文章を書き換えるだけのツールではなく、検索上位を狙うために役立つSEOツールについて解説します。

当記事を参考に目的に合うリライトツールを探してみてください。

SEO効果のあるリライトとは

「リライト」とは文字どおり文章を書き直すことですが、SEO対策におけるリライトとは、ただ文章の言い回しや見映えを変えてみることではなく、「検索順位を上げる」ためにおこないます。特に意味もなく漠然と文章を書き直したとしても、検索エンジンからの評価が上がることはないため注意が必要です。

リライトをする際は明確な目的を持ち、解決したい課題と適切な施策を考える必要があります。課題によって、リライトの方針は大きく次の2つに区別することができます。 

  • 検索順位を上げるためのリライト
  • CTRを上げるためのリライト

 簡潔に言うと、前者はより効果的に情報を「届ける」ために行い、後者は、届けた情報を「クリックしてもらう」ために行うという点で異なります。それぞれ施策例も交えて、具体的に見ていきましょう。

検索順位を上げるリライト

1つ目のリライトは、ユーザーの利便性を高めることで、「検索順位を上げること」を目的にしています。CTR以前に、そもそもユーザーに情報が届けられていない場合、つまり検索順位が低い場合には、このリライトが必要でしょう。

 具体的には以下のような施策が挙げられます。

  • 検索意図(ユーザーニーズ)に応えたトピックの追加
  • 古くなった情報の削除や更新
  • 見出し(トピック)の順序変更
  • titleタグ(タイトル)を変更
  • Googleアナリティクスで滞在時間・直帰率を把握。トピックの順番の入れ替えや、関連している詳細記事などへの内部リンクを張る

なお、リライトについては以下の記事でさらに詳しく解説していますので、あわせて参考にしてみて下さい。
リライトとは?記事コンテンツのSEO効果を高める方法

CTRを上げるリライト

2つ目のリライトは、CTR(表示されたうちクリックされた割合。クリック率)を改善することを目的にするものです。インプレッションはあるけれど、ユーザーから思うような反応が得られていない場合、クリックしてもらうための工夫が不足しているのだと考えられます。

CTRを上げるリライトは大きく2つに分けられ、

  1. 検索結果でのクリック率を高めるリライト
  2. コンテンツ内でCTAのなどのクリック率を上げるリライト

となります。

具体的な施策としては以下があげられます。 

  • 魅力的なタイトル・ディスクリプションにする
  • CTA(ボタン)の設置・調整

前提として、「Microsoft Clarity」などのヒートマップツールによって、ページ内のユーザージャーニーを把握し、ページ内のどこにCTRの課題があるのかを理解することが不可欠です。こちらの方法は後述します。

リライト対象となるページを正確に選ぶ

以上の2点が、リライトの方針として注視すべきポイントになります。一方で、忘れてはならないのがリライト対象となるページの選び方です。

当記事のテーマから少しずれるため、ここでは詳しく言及しませんが、リライト対象ページを正確に選ぶためには、日々の検索順位チェックや、競合ページの流入キーワード状況の把握が必要不可欠です。

検索順位をモニタリングしておくことで、順位下落にあわせて迅速にリライト対応ができ、競合の流入キーワード状況は、リライト対応ページの優先順位付け、および追加テーマの策定に活用できます。

Keywordmap:「検索順位レポート」機能

リライトツール_Keywordmap

リライト対象となるページの選択ミスは、見返りのない無駄コストになってしまうので、上述した方法で正しいページを選ぶようにしてください。

文章を書き換えるだけのリライトは避けよう

繰り返しになりますが、SEO対策において、文章をなんとなく書き換えるだけのリライトは効果的ではありません。課題に基づいた戦略がないと、検索エンジンからの評価を偶然に頼り続けることになります。

 また、他人の書いたコンテンツを言い回しを少し変えて書き直す、間違った意味での「リライト」が行われている場合もあります。Googleの検索エンジンが文脈を理解する精度は日に日に増しており、多少言い回しを変えた程度では、元のコンテンツとの類似性は見抜かれてしまいます。ペナルティとまではいかずとも、他の有益なページが台頭してきた際には、相対的に順位が下落してしまうでしょう。

加えて、他人の著作物をほとんどそのままコピーして使用することは著作権の侵害にあたる場合もあります。SEOにおいても法律上においてもリスクのある行為なので、「参考」の域を超えて他人の文章を使用するのは避けるべきです。

SEOに役立つリライトツール3選(有料)

リライトの基本について簡単におさらいしました。さらに詳しいリライト方法については別記事で解説していますので、そちらを参考にしてみてください。リライトの基本が理解したところで、当記事の本題でもあるリライトツールについて触れていきます。

まずは、本格的なリライトを行う際に活用したい、有料ツールから紹介します。

Keywordmap

Keywordmap

Keywordmapは、ユーザーニーズ分析、共起語分析、競合サイトの獲得キーワードの調査が可能であり、合理的かつ定量的なデータに基づいたリライトをサポートするのが特徴的です。

ユーザーニーズ(検索意図)に対する回答を加筆することが、リライトにとって重要なのは言うまでもないでしょう。共起語ですが、これは特定のキーワードと一緒に使われる・出現することの多いキーワードを指します。例えば、「京都 観光」というキーワードであれば、「徒歩」「スポット」「紅葉」などが当てはまります。リライトの際に共起語をページに取り入れることで、ユーザーの知りたい情報が網羅された記事に仕上げることができます。

Keywordmap:「ワードマップ」「共起語分析」機能

Keywordmap_ワードマップ機能&共起語分析機能_リライトツール

また、競合サイトに流入しているキーワードを調査、自社と比較することで、リライト対象ページの選定や、コンテンツとして取り入れるべきテーマ・トピックの関連事項が見えてきます。なお、新記事のキーワード選定の際にも活用できます。

Keywordmap:「競合獲得キーワード分析」機能

Keywordmap:競合サイト比較機能

EmmaTools

EmmaTools

EmmaToolsは、リライトに際して必要なチェックを、AIを用いてリアルタイムで自動的に行ってくれるツールです。ライティング編集画面では、EmmaToolsが独自に設定する「コンテンツスコア」や、関連キーワードと使用率、コピー率チェックなどを随時確認できるため、方向性に迷うことなくリライトを進めることができます。

EmmaTools機能
出典:https://emma.tools/magazine/rewrite-tool/

執筆のほかに、キーワードでの順位をPC・モバイルに分けて調べられる「順位チェッカー」や競合サイトのキーワード比率・文字数などが分かる「ライバルサイト分析」など、分析・戦略立案にも活躍するツールです。3ヶ月間の導入支援プログラムや電話・チャットによるサポートもある点も安心です。

AIアナリスト

AIアナリスト

AIアナリストは、コンテンツのパフォーマンス分析や改善提案を、AIが自動的に行うツールです。定量的なデータにもとづくロジカルな提案が強みで、たとえば、コンバージョンへの貢献度を各ページごとに測定し、貢献度の高いものを経由ページに加えた導線を提案してくれます。そのため、「CTRを上げるリライト」で特に活躍するといえます。

AIアナリスト機能
出典:https://wacul-ai.com/

改善施策の根拠やポイントが分かりやすく箇条書きで示され、実行した場合にCVがどの程度増加するかの予測値も見られるので、属人的な勘や経験に頼った施策ではなく、明確な課題と方針を持ってリライトを行うことができます。

SEOに役立つリライトツール3選(無料)

本格的にリライトに注力するなら有料ツールの活用が推奨されますが、無料でも十分に役立つ(有料と併用すべき)ツールがあります。リライトの際には、以下で紹介する三つのツールを是非活用するようにしましょう。

Microsoft Clarity

Microsoft Clarity

Microsoft Clarityは、完全無料で使えるヒートマップツールです。コンテンツ内におけるCTAやアンカーテキストのクリック率を上げるためのリライトに活用できます。そのため、特にCVR(コンバージョン率)の改善をしたい方におすすめのツールです。

具体的には、ユーザーのクリック率が高いポイントが可視化されます(「赤」に近づくほど高い)。

たとえば、以下図のようにクリックされやすい箇所(この場合目次の見出し)を把握することができます。そこから、「クリック率の高い見出し配下にCTAを挿入し、コンバージョンにつなげよう」といったような改善提案を導くことが可能です。

Microsoft Clarity機能

Googleアナリティクス

言わずと知れたGoogleの無料アクセス解析ツール「Googleアナリティクス」。

単純にセッション数が落ちたページをリライト対象ページとして抽出する際に用いることができますが、ページごとの直帰率や離脱率を指標にした、ユーザー体験の向上を目的にしたリライトにも役立ちます。(離脱率などを調べるには、Googleアナリティクスを開き、タブの「行動」→「サイトコンテンツ」→「すべてのページ」をクリックします。)

直帰率(サイトとの最初の接点となるページからの離脱する率)が著しく高い記事は、ニーズに応えられていない、もしくは途中で飽きられてしまっている可能性があります。

そこで行うべき施策としては見出しの順序変更などがあげられます。ユーザーが特に興味のある見出しを先に持っていくことで、満足度が向上し、滞在時間の増加、直帰率の低下など間接的なSEO効果が見込めます。また、ページ冒頭には、その記事を読むことで得られるベネフィットが記載されていると、滞在時間や読了率が高まります。

こうした施策を行うための現状分析に役立つのがGoogleアナリティクスです。

Googleアナリティクス

(上図はユニバーサルアナリティクスであり、Googleアナリティクス4においては、また違った手順が必要になりますのでご注意ください。)

Googleサーチコンソール

Googleサーチコンソールはサイト運用者にとって有用な様々な機能を揃えており、Webサイト・ページにおける以下の指標が把握できるため、リライトに役立ちます。

  • キーワード
  • 検索結果での合計クリック回数
  • 検索結果での表示回数
  • 平均CTR
  • 平均検索順位

一般的には、期間で順位を比較して、下落しているキーワードのページをリライトする、というリライト対象ページの抽出に使えます。

一方で、サーチコンソールでは、対策キーワード以外で流入しているキーワード(副次キーワード)も発見できます。したがって、リライトの際は、副次キーワードに関するトピックをタイトルやコンテンツに含めることで、副次キーワードの順位上昇に寄与し、流入増加に効果があります。ただし、対策キーワードのテーマとは内容があまりにも異なる副次キーワードで加筆すると、対策キーワードの順位が落ちてしまうため、なるべく関連性の高い副次キーワードを選ぶことをお勧めします。

以下の「Z世代」に関する記事に関しては、ミレニアル世代との掛け合わせで検索される傾向が見られます。もし、ミレニアル世代との違いについて解説しているトピックがないのであれば、加筆するようなリライトをおこなうと効果が見込めます。

Googleサーチコンソール

リライトを行うポイント

上記で紹介した複数のツールを元に、リライトを行うことで、効率的に順位上昇・CTR改善を行えます。ツールの特徴と基本的な事例は説明しましたが、ここからは、実際にどのようにリライトを進めていけばよいか、ポイントとなるような対策法のいくつかを見ていきます。

関連キーワードをもとにニーズを把握する

Google検索ページ最下部に表示されている「関連キーワード」は、膨大な数の検索データにもとづきGoogleによって提示されている「ユーザーニーズ」そのものです。したがって、多くのユーザーにとってニーズのあるトピックを知ることができるため、リライトにとても役立ちます。

たとえば、以下は「新宿 洋菓子」と検索したときの関連キーワードです。

リライトツール_関連キーワード「他のキーワード」

「新宿でおいしい洋菓子を知りたい」という検索ニーズを想定していましたが、関連キーワードを見てみると、さらに深掘られた以下のようなニーズがあると新たに推測できます。

  • 場所:「新宿 デパ地下 スイーツ」
  • 値段帯:「新宿 お菓子 安い」
  • 人気順:「新宿伊勢丹 手土産 ランキング」

発見したキーワードをリサーチツールで詳細に見てみることで、コンテンツの新たな切り口を得られるでしょう。

競合サイトを調査する

対策キーワードで上位表示されている競合サイトを調べることは、もっとも効果的なリライト調査の一つです。実際にGoogleから評価されている一つの「正解」、つまりユーザーからも支持されているコンテンツの詳細を知ることができるからです。

コンテンツのコピーはもちろん厳禁ですが、内容や構成の順序、言葉の選び方などを丁寧に調べていくと、自社サイトに活かせる工夫が必ず見つかるはずです。

 調査する際は、特に以下のような点を注意深く見るとよいでしょう。

  • タイトル:含めているキーワード、キーワードの位置、訴求の仕方
  • 見出し:見出しごとの長さ、トピックの順番
  • リード文:長さ、権威性や独自性の伝え方、記事のどこを主軸にしているか

読みやすい文章にする

読みにくい文章は、読者にストレスを与え、離脱率の上昇・滞在時間の減少につながります。また、正しい情報を伝えていたとしても誤字脱字が多いと、情報の信頼性を疑われてしまう可能性もあるでしょう。これらは、ユーザー体験を損なう行為であるため、SEOに悪影響を及ぼします。

 自分では読みやすいと感じる文章であっても、第三者視点に立って下記の点をチェックしてみると良いでしょう。

  • 難読漢字・専門用語が多すぎないか
  • 漢字とひらがなのバランスはよいか
  • 誤字・脱字はないか
  • 一文が長すぎないか
  • 指示語(これそれどれ)が多すぎないか

MicrosoftのWordのような校正ツールを活用する、あるいは声に出して読んでみるなどすれば、ミスは簡単に減らすことできます。

共起語分析でトピックの抜け漏れを防ぐ

ニーズのあるトピックを把握する際には、共起語が役立ちます。上述したように共起語とは、主軸キーワードと一緒によく登場する単語のことです。たとえば、キーワード「フライパン」に対して「IH」「チタン」などが共起語になりえます。

共起語の数や出現頻度が、検索エンジンからの評価に直接的にプラスになるわけではありませんが、共起語を多く含んでいる記事は、主軸キーワードについての情報網羅性・専門性が高い記事だと言える可能性は大きいでしょう。情報網羅性や専門性はSEOにおいて高評価の材料となるため、積極的に参考にするべきです。

 ツールなどで発見した共起語をヒントに内容を追加することで、情報の抜け漏れを防ぎやすくなります。

なお、共起語の調査・分析、リライトへの活用なら上記でも紹介したKeywordmapがオススメです。無料トライアル実施中ですので、お気軽にお試しください。 

まとめ

SEO対策に役立つリライトツールは以下の3つです。 

 無料だと以下のツールがリライトに活かせます。 

  • Microsoft Clarity 
  • Googleアナリティクス
  • Googleサーチコンソール

各ツールの特徴や、リライトへの活用方法は本文で紹介しました。

新規コンテンツを作成するよりも、既存のコンテンツをリライトした方が効率が良い、という場合は多々あります。トラフィックの改善を低コスト、少ない工数で行いたいのであれば、既存コンテンツの更新は選択肢の一つとして非常に有意義です。

当記事を参考にして、まずは無料ツールから早速リライトを始めてみましょう。

この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。詳しくはこちら⇒https://keywordmap.jp/

無料メルマガ登録

Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

ITreview LEADER 2021 Summer

Keywordmapのカスタマーレビュー

*

ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

良いポイント

  • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
  • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
  • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

*

初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

良いポイント

  • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
  • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
  • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

*

機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

良いポイント

  • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
  • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
  • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利
×