Webマーケ全般

競合調査ツール“Keywordmap”を使って自社と競合の強みを徹底分析!【完全ガイド】

「コンテンツで対策しているのになかなか順位が上がらない」「SEOでどんなキーワードを対策すればいいかわからない」そんな悩みをお持ちのWebマーケターやコンテンツ・オウンドメディア担当者の方のために、弊社ツールKeywordmap(キーワードマップ)をご紹介いたします。

Keywordmapは、Googleが評価するコンテンツ要素が一目でわかるキーワードマーケティングツールです。コンテンツ向きのキーワードの抽出から自社・競合サイトの分析、どんなコンテンツを作成すれば掲載順位が上昇しやすくなるかなどを、一度に分析することが可能です。また、SEO初心者の方にも使いやすく、わかりやすい操作性が特長で、難しい設定や知識などがなくても簡単にコンテンツの作成に必要な要素を抽出することができます。

そのため、マーケティング担当者だけでなく、ライターやブログ編集者の方にもご好評をいただいている便利ツールです。

▼Keywordmapでできること

  • 自社サイト・競合サイトのSEO調査分析
    ∟自社・競合の流入キーワードや順位比較が可能です。
  • コンテンツの設計支援
    ∟集客につながるコンテンツ設計に必要な要素を定量的に抽出します。
  • Web広告の調査分析
    ∟リスティング広告やディスプレイ広告のキーワード・クリエイティブ・LPが調査分析できます。
  • ユーザーニーズの可視化
    ∟検索ワードの背景にあるユーザーの悩みや興味関心などを視覚的に理解できます。

10時間の作業を2分に!SEO流入増の対策ツール「Keywordmap」7日間の無料トライアルはこちらから

cta

競合調査で見るべき指標

「いざ競合調査を行おうとしても、競合サイトのどこを見れば良いのか?」という疑問を抱いている方もいらっしゃるかと思います。

一般的にWebマーケティングの競合調査においては、最低限として以下の4つの指標を分析していく必要があります。

検索流入キーワード

競合サイトが獲得しているキーワードを把握することは、非常に有効になります。
競合を調査することによって、自社では対策していなかったキーワードなど、重要な抜け漏れを防ぐことができるため、これまでアプローチできていなかった顧客の獲得につながります。

アクセス数(流入数)

アクセス数の数え方には、PV数やセッション数、UU(ユニークユーザー数)といった指標が存在します。競合サイトのこのような指標を見ることで、そもそもベンチマークするべきサイトなのかどうかを判断することができます。

流入経路

昨今では、何がきっかけで購買に至ったのかが予測しづらく、検索ページだけではなく、広告やSNSで見かけたなど、知るきっかけが多様化しています。
商材やコンテンツによってはチャネルを使い分けたり、さらにはチャネルを掛け合わせる施策なども珍しくはありません。
まずは競合の成功している集客方法を調査し、自社の戦略に落とし込んでいくことを意識しましょう。

滞在時間

滞在時間が長いページというのは、それだけユーザーにとって有益なコンテンツである可能性が高いです。滞在時間を比較した際に、自社の方が短かった場合、自社のコンテンツには何かの情報が足りないというサインでもあります。コンテンツを作ったら終わりではなく、きちんと見直すことが大切です。

Keywordmapでは、競合の検索流入キーワードや、Webサイトへの想定流入数を把握することができます。

自社・競合サイトが獲得しているキーワードを分析したい

自社サイトの“強み”ってなに?

Webマーケティングの担当者ならば、自社やクライアントのWebサイトの集客やCV数、売り上げ向上のために日々思案している方も多いでしょう。

Webサイトがどんな領域のキーワードを獲得しているかを分析することで、そのWebサイトの強いキーワード領域と弱い(獲得できていない)キーワード領域を知ることができます。

たとえばECサイトの場合、Keywordmapを活用すれば

  • ユーザーがどのようなキーワードで自社サイトの商品を検索しているのか、明確に知ることが可能
  • 獲得済みのキーワードを抽出
  • テーマ性の強化によるページの順位上昇を目的としたSEOテキストをページ内に加筆する

自社のキーワード領域が把握できていれば、以上のような改善が容易に行えるようになります。また、15位(2ページ以降)のコンテンツであれば、対象のキーワードにそってテキストを加筆することで、コンテンツがGoogleから再評価され、順位上昇につながるといった効果も期待できます。

競合調査、Keywordmap

それでは、実際に自社Webサイトの強いキーワード領域、対策できていない(弱い)キーワード領域の抽出方法についてみていきましょう。

自社Webサイトが検索順位で何位に表示されるかが知りたい

Keywordmapの「自然検索ワード」機能を使用することで、自社サイトが獲得できているキーワードを調査できることはもちろんのこと、検索ボリュームや順位、CPCなどを一括で抽出可能です。これにより、キーワードが以下のどのページで獲得しているのか判明します。

  • サイトTOPページ
  • 商品詳細ページ
  • 記事ページ
  • 商品一覧ページ

上記のような、どこのページで獲得しているキーワードなのか把握できるので、そのキーワードの順位や検索ボリュームと照らし合わせながらコンテンツの順位上昇施策を計画、実行に移すことができます。
キーワードによっては、リスティング広告などでCPCの金額も考慮したキーワード選定に役立ち、短期間での順位上昇も期待できます。

競合調査、Keywordmap

自然検索ワードで抽出できる値

  • 検索Vol
    キーワードの月間平均検索回数
  • CPC
    Click Per Costの略。リスティング広告に出稿しているキーワードのクリック単価
  • 競合性
    リスティング広告などにおいて、1キーワードあたりのクリック単価の指標(この数値が高いと1クリックあたりの単価が高くなり、低いと単価自体は低くなる)
  • ランディングURL
    ユーザーが自然検索して最初に訪れたページのURL
  • 更新日
    キーワードの順位取得日

<自然検索キーワード機能の使い方>

自然検索獲得キーワード機能の使い方をご紹介します。

①左側のサイドバー〈サイト流入分析〉から自然検索ワードをクリックします。

②入力欄に調査したいドメインを入力し、「検索する」をクリックします。

③ Webサイトで獲得しているキーワードの掲載順位と検索ボリューム、CPC、競合性、想定流入数とランディングURL、更新日のデータが一覧形式で表示されます。

調査データはCSVデータで最大5万件分取得することが可能で、順位や検索ボリュームなどの項目別に降順・昇順で並び替えられます。

<特定のディレクトリ・URLに絞って調査したい場合>

自然検索獲得キーワードの「絞込プルダウン」から条件を選び、入力欄に調査対象の特定のディレクトリ、またはURLを入力すると、そのディレクトリ・URLで獲得しているキーワードが表示されます。

<特定の順位に絞って絞り込む場合>

掲載順位の上下限を設定し、検索ボタンを押します。これにより、絞り込み条件に合致したキーワード検索結果のみを抽出して取得することが可能です。

競合調査、Keywordmap

この取得結果から、キーワードやランディングページのURL、順位条件等を絞り込み検索することで、SERPsの検索結果での自社サイトの優位性・劣位性が瞬時に把握でき、一気に工数の削減へつながります。

こちらのドメインに自社サイトでなく競合サイトのドメインを入力すれば、競合サイトを単独で分析することも可能です。

また、対策したはずのキーワードが順位上昇してなかったり、下落していたりするかどうかも一度に確認することができます。
まずはどのテーマ性のキーワードが獲得できていないか、について確認してみてはいかがでしょうか?

7日間無料でご利用いただけます。まずはお気軽にお試しください。

New call-to-action

競合サイトの強みを知りたい

Webサイトを運営していると、競合となるベンチマークサイトを意識している方が多いでしょう。その際に気になるのが、競合はどんなキーワード領域にアドバンテージを持っているのかという点です。

競合サイトを分析するとどんなメリットがあるの?

たとえば、ECサイトの場合は「水着 かわいい」や「加湿器 おすすめ」など、複数のコンバージョン系キーワードやビッグキーワードで検索上位を獲得しているかどうかが、CV数や売り上げにつながると単純に考えることができます。
そんなときに、競合サイトがどのようなキーワードに強く、自社が今後競合に対抗するためにどういったキーワードで対策していくべきなのか、一発で把握することができれば便利ですよね?

⇒大手ECが上位に複数いるようなキーワードで勝負するのは避けるべき、あるいは、このキーワードは大手ECが少ないから勝負できる、といったような判断

Keywordmapの「競合獲得ワード」機能をマスターするだけで競合サイトと自社サイトの強みと弱みを獲得することができます。

<競合獲得ワード機能の使い方>

① 画面左側のサイドバーの自然検索ワードの下にある「競合獲得ワード」をクリックします。

② 比較したい競合サイトのドメインを左側の入力欄(競合)に入力します。

Keywordmap、競合調査

③ 対象サイトのドメインを右側の入力欄(自社)に入れて、検索するボタンを押します。

④ 検索結果が表示されます。表示される項目は先ほどの自然検索ワードと同じですが、そこに、自社と競合の順位が表示されます。ソートしたい項目をクリックすることで、項目ごとに並び替えが可能です。

Keywordmap、競合調査

傾向分析結果をデータとしてダウンロードしたいときは、CSV形式でファイルをダウンロードすることもできます。

競合獲得ワード機能で、競合サイトが獲得していて、自社サイトが獲得できていないキーワードがどれかを瞬時に把握(逆もまたしかり)できます。そのため、自社サイトが競合サイトに対してどのキーワードで対策しなければならないかを、客観的かつ定量的なデータを基に分析することが可能です。

自社と競合の強みをキーワード軸で探る~Keywordmap7日間の無料トライアルはこちらから~

サジェストワード(関連するワード)を一気に抽出したい

関連ワード・類似テーマのキーワードを一括で取得する方法

「関連ワード」機能を使うと、対策したい主軸キーワードに関連のある掛け合わせキーワードを一度に抽出することができます。使い方はいたって簡単。
キーワードを入力するだけで、そのキーワードに関連性のあるキーワードと検索ボリューム、CPC、競合性、関連性を一度に抽出することができます。

たとえば、「SEO」というキーワードであれば、「SEO最適化ツール」「SEO 解析 ツール」など、SEOの関連ワードを一挙に取得することが可能です。

<関連ワードの使い方>

① SEOリサーチのホーム画面より、「関連ワード」をクリックします。

② キーワード入力欄に検索したい主軸キーワードを入力し、関連ワード抽出ボタンを押します。

③ 検索結果が表示されます。

競合調査、関連ワード

こちらの機能も項目ごとのソートが可能になっており、CSVデータとして検索結果の取得が可能です。

キーワードDBでサジェストワードを抽出する

対策したいキーワードが決まっていて、その対策キーワードのサジェストワードと年間の検索ボリュームを取得したいときは、「キーワードDB」機能を使用します。

この機能からは、絞り込み検索のフィルターの要素として、検索ボリュームや検索ボリュームの伸び率、CPCとCMP(競合性)の範囲指定を行うことが可能となっており、リスティング広告出稿キーワードの分析工数の大幅削減が期待できます。

また、キーワードによるフィルタリングも可能となっているため、検索意図と異なるワードを除外することで質の高いキーワード分析が可能です。

<キーワードDB機能の使い方>

①左側のサイドバーから「キーワードDB」をクリックします。

② キーワード検索の入力欄に検索したいキーワードを入力し、検索ボタンをクリックします。

③ 検索結果が表示され、該当するキーワードのサジェストと、年間を通した検索ボリュームの推移が表

<抽出データのフィルタリングを高度に指定したい場合>

たとえば、上記の抽出結果から、キーワードの中に「リサイクル」が含まれているキーワードを除外し、検索ボリュームが50以上のキーワードのみを抽出してデータの取得を行いたいときは、「家電」が入力されているキーワードの上方の入力欄に「リサイクル」を入力し、プルダウンを除外で設定します。

検索ボリュームの下限値を50以上に設定することで検索条件に合致するサジェストワードのみを抽出して取得することもできます。

Keywordmap、キーワードDB

検索ボリュームの上限と下限を指定することで上記のような抽出結果が取得でき、検索ボリュームが絞り込まれ、かつランキング要素を含まないキーワードの検索結果のみを抽出して取得することが可能です。

季節によって検索ボリュームが変動するキーワードを分析するメリット

季節によって、検索ボリュームが変動するキーワードを見つけることで、ECサイトのキャンペーンや商品特集の公開の時期に流入数が大きく上がるようなコンテンツ対策ができます。

たとえば、レディース向けファッションECサイトを運営している場合、夏なら水着、冬なら防寒機能のついたロングコートなど季節によって売れる商品は異なるため、特集LPで対策する商品(対策キーワード)も変わってきます。特定の商品に対して、その時期に最も検索ボリュームが大きくなるキーワードで特集コンテンツを作ることで、タイミングを逃さずに商品の売り上げを伸ばすことができます。

<キーワードDBで変動するキーワードを見つける方法>

特定の季節別に対策したいときは、キーワードDB機能を使います。どんなキーワードで対策すれば良いのかが客観的な数値データを通して、分析できます。

例えば、「水着」について知りたいとき、「水着」というキーワードを含んで検索します。

この結果から、「スクール」や「競泳」といった水着の検索ボリュームが大きいことがわかります。

また、検索ボリューム推移グラフを開くと、キーワード検索が夏季にのみ集中しており、春秋冬には検索ボリュームが大きく減少していることを視覚的に理解できます。

上記のデータから特定のキーワードを除外して抽出することができます。例えば、「スクール」「競技」「競泳」というキーワードを除外する場合、キーワード検索のフィルター入力欄には「スクール」「競技」「競泳」を除外設定して検索します。

Keywordmap、競合調査

除外機能で、簡単に「スクール」「競技」「競泳」のキーワードを除外して傾向分析を出すことができます。

まずは7日間の無料トライアルでお試しください!

New call-to-action

競合のリスティング広告調査

いまだ広告の集客力は強力で、顕在ニーズを獲得できるという武器として、Webマーケティングになくてはならないメディアであり施策です。
リスティング広告を効果的に運用することができれば、ビジネスゴールの達成にぐっと近づくことが可能でしょう。

しかしながら、リターンが大きい代わりに、運用の難しいのが広告です。
広告出稿するキーワードを抽出し、選定、さらには広告クリエイティブの作成といった必須のプロセスですが、施策の肝なだけあって一筋縄ではいきません。
相応の工数や時間がかかってくるでしょう。

さて、そこで活用できるのがKeywordmapの広告出稿分析です。

出稿キーワードの抽出、選定

キーワードの抽出や選定には、キーワード領域や競合の調査が必要不可欠です。

PPC広告ワード」機能を利用することで、競合の出稿キーワードを瞬時に調べることができます。

使い方は非常に簡単です。調査したいドメインのURLを入力することで、当該ドメインが出稿しているキーワードが一覧で表示されます

出稿しているキーワードのほかにも

  • 検索Vol
  • CPC
  • 競合性
  • 想定費用
  • 表示URL(広告をクリックした際に遷移するページ)
  • 入稿URL
  • 更新日

が一括で表示されます。

競合サイトが出稿しているキーワードや広告クリエイティブを一つ一つ手打ちで探す必要がないため、抽出したキーワードの検索Vol.やCPC、競合性を調べる手間やキーワードプランナーに入力する手間を省略することができます。

また、ドメインからではなく、キーワードベースで出稿キーワードの調査を行うことも可能です。

〈PPC出稿サイト〉

PPC広告ワードはドメインベースでしたが、「PPC出稿サイト」は特定のキーワードを入力すると、そのキーワードで広告を出稿しているWebサイトがどこなのか、またその広告クリエイティブを調べられます。

上述した、PPC広告ワード機能と併用することで、より効果的な広告キーワードの調査が可能です。
⇒キーワードから抽出したWebサイトのドメインをPPC広告ワードの検索窓に入れるだけで、競合が出稿しているキーワードをすぐに抽出できます。

競合が注力しているキーワードを知ることは、コンバージョンしている可能性が高いキーワードを知ることと同義です。自社でアプローチできていない出稿キーワードを、競合調査から把握することができれば、より効果的な広告運用が可能になります。

なお、Keywordmapを活用した広告運用最適化に関しては、こちらの記事で詳しく紹介ていますので、ぜひ参考にしてみてください。

コンバージョン率を高める広告出稿ならKeywordmap~無料トライアル受付中~

Keywordmapトライアル

Keywordmapでユーザーの検索意図を抽出

掲載順位で上位に表示されるためには、ユーザーニーズを満たした(ユーザーの検索意図を網羅した)コンテンツがあるかどうかが重要です。そのためには、対象となっているキーワードに対して、ユーザーが持つ疑問や興味・関心が何かを把握しておく必要があります。

Googleが評価するコンテンツとは?

Googleから評価されるコンテンツとは「ユーザーの役に立つコンテンツ」です。これはユーザーの検索意図に沿ったものであることが重要であると同時に、網羅性と専門性の高いコンテンツである必要があります。これらの情報を兼ね備えたページが掲載順位の上位に表示されます。
これらの情報を把握するには、Keywordmapのワードマップ機能が存分にお役立ていただけます。

ユーザーニーズを把握して、コンテンツの順位を上げよう

Keywordmap のユーザーニーズ分析「ワードマップ」機能で簡単かつ素早くユーザーニースを把握することができます。
調査したいキーワードを検索すると、そのキーワードを検索するユーザーの検索意図が抽出され、ユーザーの検索意図と関係性の高いキーワード同士が線でつながったワードマップが表示されます。

では、実際にワードマップ機能を活かす具体例をみていきましょう。
「ジャケット」で検索してみます。すると以下のようなキーワードを中心にしたマップが表示されます。

Keywordmap、競合調査

「メンズ」や「レディース」というキーワードが特に太い線でつながっていることがわかります。

これらのキーワードは、「ジャケット」で検索したユーザーが「メンズ」や「レディース」との掛け合わせで検索する頻度が高いということを示しています。
したがって、「ジャケット」をメインキーワードに設定してコンテンツを制作する際は、キーワードの検索意図と考えられる「メンズ」「レディース」に関するテーマを見出し案として記事構成案に追加していきましょう。

重複しますが、Googleはユーザーの不安や疑問の解決、興味・関心を満たす内容のコンテンツほど、掲載順位の上位に表示する傾向があります。
それゆえ、「メンズ」や「レディース」の情報を含んだ「ジャケット」コンテンツは、「ユーザーの検索意図と一致したテーマ性の高いテキストコンテンツである」と評価され、ユーザーにとって価値の高いコンテンツであると判断される可能性が高まります。

いささか単純化してはいますが、ユーザーニーズを抽出、コンテンツに反映するという大まかな流れは、実際の施策においても変わりません。

※抽出するデータが多いため、ワードマップには、作成するコンテンツ記事と関連性がないキーワードが表示されることがあります。その場合、ワードマップの分析対象から必要のないキーワードを除外することができます。(ワード非表示機能⇒以下図がそのフロー)

コンテンツのリライト

記事コンテンツをリライトする際にも、当機能ワードマップをご活用いただけます。

自社記事コンテンツに足りていない要素を、ワードマップで把握し、既存コンテンツに追加するだけでもユーザーニーズをより満たすことができます。

とはいえ、表示されたワードマップとコンテンツを照らし合わせて、(必要なキーワードを判別するために)どのキーワードが含有されていないのかを一つ一つ確認することは非常に手間がかかる作業です。順位上昇に必要なことではありますが、時間や工数などのリソースが障壁になってくるでしょう。

そこで、Keywordmapの「網羅性チェック」機能が役立ちます。

<網羅性チェック機能>

ワードマップには、作成したコンテンツがユーザーの検索意図を適切に網羅しているかを確認できる網羅性チェック機能が付けられています。

① Keywordmapのメニュー画面で調べたいキーワードを入力し、ワードマップの分析結果を表示します。ワードマップ画面右上にある「網羅チェック」ボタンをクリックします。

Keywordmap,競合調査

② 「▼文字列を入力」の下に、調査したいページのテキストコンテンツをコピペで貼り付け、チェックするボタンを押します。コンテンツ内に右側の検索語句内に含有されているキーワードが網羅されているかどうかを確認できます。

競合調査、Keywordmap
cta

コンテンツの共起語の含有調査

コンテンツページのテーマ性を強調するためには、共起語の含有が必要です。
共起とは、「複数の言語現象が同一の発話・文・文脈などの言語的環境において生起すること(大辞林 第三版より引用)」と説明されており、別々のキーワードが一つの文、あるいは文章内で同じ意味で出てきたときにそれらのキーワードのことを共起語と呼びます。

例えば、「トースト」の共起語には「食パン」「バター」「ジャム」「チーズ」などが挙げられます。

Keywordmapでは共起語にはそれぞれ重要度が付与されていて、より重要度の高い共起語を多くテキスト内に設置することで、テーマ性の高いテキストを作成することができます。重要度の高い共起語をコンテンツ内に多く含有させることで、Googleから「対策キーワード、あるいは検索クエリに対するテーマ性や関連性の高いコンテンツ」として評価され、順位上昇力のある専門性の高いコンテンツの作成が可能です。ただし、共起語の詰め込み、羅列を行うだけのコンテンツをページ内に設置していた場合、オーバーSEOとみなされ、Googleからスパム行為としてペナルティを受ける可能性が考えられますので、あくまでユーザー目線の「読みやすさ」を優先し、読んでいて違和感を覚えない自然な形でコンテンツ内に含有させることが大切です。

すでに掲載済みの記事に関しては、共起語機能を用いて記事のリライトを行い、見出しの追加や使用している文言を共起語に変更したりするだけで、テーマ性の向上が期待できます。

共起語分析の調査手順

それでは、Keywordmapでできる共起語分析の調査手順をご紹介します。

①対策したいキーワードを共起語分析の入力欄に入力し、分析するボタンをクリックします。

Keywordmap、競合調査

② 分析結果表示画面に移行し、全ての共起語と、検索結果の上位5位以内のページのうち、40%以上が含む共起語が表示されます。「共起語の含有チェック」をクリックします。

Keywordmap、競合調査

③示されたポップアップの「文字列を入力」の入力欄に、確認したいテキストを張り付けることで、共起語の有無が表示され、文中内に入っていない共起語の特定が可能です。つまり、ページに掲載されている共起語の含有率を調査することができます。

Keywordmap、競合調査

共起語の含有率が高ければ高いほど、対策しているキーワードで検索された際に上位表示されやすい傾向にあります。

自社記事比較機能の使い方

共起語の自社記事比較機能を使えば、コンテンツ内に共起語がどれだけ含有しているかを数値データで出すことも可能です。

先ほどの共起語分析結果画面を表示します。
「自社記事比較」タブを選択し、自社記事の本文の入力欄に確認したいテキストを貼り付け、解析するボタンをクリックします。

Keywordmap、競合調査

記事内に含有されているキーワードと非含有キーワードを分離して検索結果を得ることができます。

Keywordmapの長所

これまで、キーワード分析の魅力や記事コンテンツの掲載順位上位を狙うためのコツについて、Keywordmapを用いて説明してきました。このほかにもメリットは数多くあります。

なんといってもKeywordmap の最大の強みは、キーワードマーケティングからコンテンツの執筆・リライトまで、コンテンツ作成に必要な機能がすべて揃っている点です。

Keywordmapのワードマップ分析を使用することで、「コンテンツを書きたいけれど、どう書けばいいのかわからない」「どんなキーワード領域でコンテンツを作成すれば効果が出るのか」などの疑問や悩みを瞬時に把握することができます。また、テキスト内に設置すべきキーワードを視覚的に把握できるため、より関連性の高いキーワードとの掛け合わせを基に章立てを行うことで、ユーザーの検索意図を網羅したテキストを作成することが可能です。

キーワードマーケティングにおいても、キーワードDBを用いてキーワードの季節別の特徴からリスティング広告の出稿キーワードの選定、キャンペーンページ用の対策キーワードの選定まで、一度に対策することができます。

まとめ

質の高いコンテンツを作成するための方法として、網羅性・専門性の確認方法をご紹介しました。Keywordmapを使用することで、簡単に自社と競合の強み・弱みを分析でき、操作性や処理速度などのユーザビリティの観点からも快適にご利用いただけます。

弊社では、Keywordmapを用いた分析結果を、自社APIを経由したカスタマイズデータとしてCSVデータ形式での提供もしております。大量の検索結果データを取得したい場合や、競合サイトのすべての獲得キーワードを取得したいときなどに活用できます。Keywordmapにご興味をお持ちの方は、ぜひ、まずは無料トライアルからお試しください!

7日間無料で全機能ご利用いただけます!まずはトライアルでお試しください。

New call-to-action
SHARE
この記事を書いたライター
Keywordmap編集部
デジタルマーケティングに役立つ情報を発信していきます。KeywormdapとはコンテンツマーケティングやSEO、SNSマーケティングの調査、分析ツールです。詳しくはこちら⇒https://keywordmap.jp/