Webマーケ全般

集客方法30選!オンライン・オフラインで戦略的な集客を実現するためには

売上増加を目的とした集客方法は様々あります。当記事では、30種類の集客方法をお伝えしますが、その中で自社サービス(商品)のターゲットに適した集客方法を適切に選択、あるいは組み合わせることが重要となります。

2020-12-17 2021-09-28更新

Keywordmapをご存じですか?検索からのサイト流入を増加!
分析工数を10時間から2分に削減、Webマーケティングを支援するツール
「Keywordmap」はこちらから無料トライアルで使えます

なお、集客の方法は大きく2つに分類されます。

  • リアル(オフライン)での集客方法
  • インターネット(オンライン)での集客方法

当記事を読んだみなさんが集客のポイントを掴み、自社に合った一番最適な方法を見つけていただけると嬉しいです。

集客をする上で最重要なのは顧客の購買プロセスを知ること

顧客の反応を把握する

集客方法を検討する上で、顧客の購買プロセスを把握する必要があります。

人間は遺伝的な欲求と感情的な側面でしか、買う買わないを判断しないといわれています。購買に関するアンケート結果等から顧客や消費者の反応を知ることができますが、実際のところ、購買行為は無意識的な領域での判断によるところが大きいです。

そのため、買う買わないの本質を見極めるためには、その無意識的な領域を可視化する必要があり、顧客の反応を見極めることが重要になります。

マーケティングにおける顧客の購買行動の考え方とは

それでは、顧客の購買プロセスを可視化した場合、マーケティングにおける購買行動は一定決まった法則があることに気づきます。

購買行動モデルは時代が変わるごとに変化してきており、様々なモデルが提唱されています。1920年代に提唱されたAIDMA(アイドマ)という概念から始まり、2005年に電通が提唱したAISAS(アイサス)とアンヴィコミュニケーションズによって提唱されたAISCEAS(アイシーズ・アイセアス)、直近の2015年には、電通デジタル・ホールディングスからDECAXというSNSの活用なども視野にいれたコンテンツマーケティング時代の消費者行動モデルも提唱されています。

つまり、近年の傾向では、WebサイトやSNSを通した購買行動が一般化してきている状況であり、WebサイトやSNSで集客するのは効果的であるといえます。

また一方で、商材によってはいまだオフラインの集客が有効となる場合も当然あります。そのため、様々な集客方法を理解し、その中から自社に最適な方法を選択する必要があるでしょう。

自社のターゲットユーザーとは

集客を行う場合、購買行動モデルを把握した上で、自社のターゲットユーザーの視点に立ち、購買までにたどるであろう道のりを想定します。

そのためには、以下の考え方が重要になります。

  • 自社商材の理解:自社のサービス(商品)を誰よりも知ること
  • ペルソナの設計:自社がターゲットとする具体的なユーザー像
  • カスタマージャーニーの作成:顧客がサービスを知り、商品を購入するまでのプロセス

上記3つを明らかにした上で集客を行う必要があるので、まずこちらを設定するようにしてください。

集客の目的と目標について

集客する目的は何か

まず、最初に明確にすべきは集客する目的の共通認識になります。目的の如何により、実行すべき集客方法は変わってきます。
基本的に集客の目的としては以下の2つに大別されます。

  • 利益の最大化(売上増加)
  • ブランド認知度向上(ブランディング)

売上増加のためなのか、あるいは企業の価値を高めるためなのか、企業の成長フェーズや考え方により目的は異なりますが、目的を明確にすることで行うべき施策が変わってきます。

KPI・KGIを設定

目的を明確にするだけでなく、目標を定めることも重要となります。集客のKPIとKGIを設定しましょう。

  • KPI(重要業績評価指標):目標を達成するために、達成の進捗を計測するための定量的な評価指標。中間目標
  • KGI(重要目標達成指標):最終目標を定量的に評価する指標

KPIおよびKGIを達成する上で難しいとされているのは、その目標が現実的であるか、定性的ではなく、定量的であるかという点になります。現実性がないと、実行するメンバーのモチベーション低下、過度な業務量に繋がり、企業成長の障壁が高くなります。

▼ SaaSセールス具体例

  • KGI ⇒ 月の新規MRR200万円
  • KPI ⇒ アポイント数120件、商談数100件、受注数20件

PDCAサイクルは回せるか

運用上で重要な部分になりますが、PDCAサイクルを回せるかという観点も要注意です。

如何に良い計画・実行ができても、的確な評価・改善ができていないと、継続的に効果的な施策を実行していくことはできません。
上記で述べたKPIから効果検証を繰り返し、常に改善し続け、良い施策を生み出し続けることができる組織体制を構築しましょう。

集客した後の仕組み

集客するに留まらず、ファンになってもらう仕組みを作ることも効果的です。顧客への継続的な接触を行うことで、顧客のブランド想起を勝ち取ることができるというメリットがあります。ファン化の先はリピーターであり、安定した売上利益を作ることができます。

集客方法:オフライン17選

当記事では、ここまでで「購買行動についての考え方」と「集客の目的と目標」についてお伝えしました。

ここからは、リアル・Webの各集客方法をお伝えし、それぞれの施策概要、メリット・デメリットをご紹介していきます。

まずは、オフラインでの集客方法からです。17施策厳選しておりますので、ぜひ参考にしてみてください。

展示会

展示会とは、1つの会場に出展社が集まり、そのサービスに興味のある来場者(将来的なお客)に自社サービス(商品)を直接紹介し、コミュニケーションが取れる施策です。

展示会にはテーマが設定されてあり、そのテーマに見合う企業が出展します。
そのため、そのテーマを目的とした顧客に対し直に自社サービス(商品)の魅力を伝えることができ、商談のフェーズを進めることができます。

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • 見込み顧客との直コミュニケーション
  • 大量のリード獲得(名刺交換)

【デメリット】

  • デザインや機材の手配等、準備に時間がかかる
  • 人員の配置が必要となる(交通費・宿泊費等)

ダイレクトメール(DM)

チラシ・小冊子・カタログの形で自社サービス(商品)の情報を郵送する施策です。新規・既存問わず確実に顧客に届きます。

【メリット】

  • 確実にアプローチができる
  • 一度で多くの情報を伝達できる
  • ポスティングと違い遠方の顧客にアプローチできる

【デメリット】

  • 宛名書きや封入等の作業に労力がかかる
  • 印刷代や発送費等のコストがかかる

ポスティング

チラシを郵便受けに直接入れる、特定の狭いエリアで実施する施策です。
目に留まりやすく、身近な情報であるため、効果的な方法です。

【メリット】

  • 反応率が高い
  • ターゲット層に合わせた施策が実行できる
  • 効果の高いエリアだけに絞ってアプローチできる

【デメリット】

  • 時間と労力がかかる(他業務がストップする)
  • 大量に配布できない
  • ネガティブなイメージを持たれる可能性があ

折り込みチラシ(新聞折込)

新聞に折り込ませたチラシを挟んで配布する施策です。
デザインやキャッチフレーズを工夫することで、効果が高まります。

【メリット】

  • 確実にアプローチができる
  • 自社サービス(商品)が展開される特定のエリアだけに配布できる

【デメリット】

  • ターゲットの年代属性を絞れない
  • 集客に持続性がない

FAXDM

FAXを利用して、顧客に直接届ける手法。低単価でアプローチすることができ、伝えたい情報を端的に伝えることができる施策です。

【メリット】

  • 低単価で実施できる
  • 伝えたい情報を直接届けられる
  • 時間をかけず簡単に実施できる

【デメリット】

  • 訴求する情報量が少ない(用紙1枚)
  • 施策に対する反応が得られない

無料セミナー

BtoBビジネスでよく利用される手法です。無料でセミナーで実施し、終了する際にサービス(商品)の紹介を行う施策です。セミナーの内容に満足し、信頼を得ることで、成約率を高めます。

【メリット】

  • 興味関心のあるユーザー層を集客できる
  • 信頼を得ることで成約率を高められる
  • 見込み顧客と直接コミュニケーションがとれる

【デメリット】

  • 集客してもキャンセル率が高い
  • 会場を借りる場合、費用がかかる

テレアポ

新規顧客に対し、電話でサービス(商品)の訴求をする施策です。直接顧客とコミュニケーションが取れるため、ニーズに対する訴求まで行える施策です。

【メリット】

  • 直接顧客に訴求できる
  • 顧客にニーズヒアリングできるため、的確な訴求ができる

【デメリット】

  • 担当者の精神的な負担が大きい
  • 電話のため、自社商品を訴求する時間が短い

看板広告

街頭で目につく、看板での訴求施策です。
注目を集めやすく、多くの人にアプローチすることができます。

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • サービス(商品)を直接訴求できる
  • 顧客を誘導させることができる

【デメリット】

  • 見てもらわなければ宣伝できない
  • 場合により、高額の費用が発生する

街頭配布

ティッシュ配布・チラシ配布・サンプル配布等、街頭で顧客に直接手渡しで渡す施策です。

ポスティング同様、特定のエリアに絞ったアプローチができます。また、自社サービス(商品)に合わせた属性(性別・年代)に直接アプローチすることができます。

【メリット】

  • サンプルでサービス(商品)価値を訴求できる
  • 効果の高いエリアだけに絞ってアプローチできる
  • 自社のペルソナに近い層に直接アプローチできる

【デメリット】

  • 天候が大きく影響する
  • 配布数(アプローチ数)に限りがある

新聞、雑誌広告

購読層が年配の方であれば、効果的にアプローチできる施策です。新聞という権威性の高い媒体、あるいは好きな雑誌に掲載されていることで、信頼度も高まります。

【メリット】

  • 年配層がターゲットであれば効果的
  • 信頼度が向上する

【デメリット】

  • 若年層へのアプローチが難しい
  • 継続的な効果に繋がりにくい

テレビ広告(CM)

テレビ番組の途中や番組と番組の間のCM枠内で放送される広告施策です。
高い費用がかかりますが、サービスイメージの訴求や世代や性別問わず短期間で多くの消費者に認知されます。

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • 番組内容により明確なターゲットにアプローチできる
  • 信頼感を醸成できる

【デメリット】

  • コストが他施策と比較して高い
  • 番組間のCMはチャンネル変更等、見られない傾向がある

電車・バス広告

日常利用する電車やバスへの広告を掲載する施策です。より多くの人が目にするため、興味を引きやすく、電車に乗る時間を活用した検索リーチ(その場検索)にも期待できます。

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • オンライン施策へのリーチが効果的

【デメリット】

  • 要点を絞ってのサービス紹介掲載となるため、他社との差別化が図りにくい
  • 掲載開始までに時間がかかる

顧客からの紹介

既存顧客から紹介してもらう施策です。信頼関係がある顧客を紹介してもらえるため、サービス(商品)紹介時にも信用度が高く、成約率が高まり効果的です。

【メリット】

  • 有益な繋がりになりやすい
  • 継続的な繋がりを創出できる

【デメリット】

  • 紹介者任せとなり、紹介数のコントロールができない
  • 1人の紹介数に限界がある

地域のイベント(交流会)

地域で開催されるイベントで自社を宣伝する施策です。地域内での認知度向上と地域の活性化から、イベント時の売上アップに繋がります。

【メリット】

  • 自社サービス(商品)が展開される特定のエリアだけに配布できる
  • イベント当日は大きな売上が見込める

【デメリット】

  • 準備に時間がかかる
  • 告知に労力がかかる

セット販売

自社のサービス(商品)を他社のサービス(商品)とセットで販売してもらう施策です。他社の集客力や認知度の相乗効果で、効果的に実施できます。双方のメリットを想定して実施する必要がある施策です。

【メリット】

  • サービス(商品)自体の魅力が向上する
  • 他社の集客力や認知度の効果を借りて訴求できる

【デメリット】

  • セット商品、両方のニーズがある顧客にしかアプローチできない

書籍出版

本を出版することで、購読したユーザーを見込み顧客とする施策です。
副次的にメディア露出や講演(セミナー)への登壇等、多くのメリットがあります。

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • 他施策への誘導ができる

【デメリット】

  • 思うように売れない場合、在庫を持つことになる(紙の本)
  • Webメディアに比べて紙媒体の場合、刊行まで時間と工数がかかる

プレスリリース

新聞社等にサービス(商品)を宣伝し、取材してもらうという施策です。
確実性はなく、価値があるサービス(商品)を訴求する必要があります。そのため工夫は必要ですが、宣伝効果は高いです。

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • 新聞に取材記事が掲載され、多くの顧客に訴求できる

【デメリット】

  • 掲載に確実性がない
  • 競合が多い

集客方法:Web13選

オフラインにおける集客方法17つを紹介しました。

ここからは打って変わり、オンライン上における集客について、13の方法を紹介します。DXの流れは日々加速しています。今後は、オフラインだけではアプローチできない消費者が増えていくことが予想されます。ぜひこちらを参考にして、オンライン集客をマーケティング施策に取り入れてみてください。

HP(ホームページ)・Webサイト集客

HP(ホームページ)集客とは、自社のサービス(商品)の情報や企業情報を掲載し、他Web施策やリアル施策からの窓口とする施策です。HPでは、自社サービス(商品)の魅力を訴求し、他社との差別化を図ることもできます。

検索エンジンで上位表示されることで、顕在層だけでなく潜在層や準顕在層へのアプローチもでき、他サイトからの誘導(外部リンク)で自社を知ってもらえる機会を作れる等、効果的な施策です。

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • 他社との差別化を訴求できる

【デメリット】

  • サーバーやサイトの維持にコストがかかる
  • ホームページ立ち上げは時間と知識が必要となる

Twitter集客

Twitterを活用し、自社の情報提供や顧客とのコミュニケーションを取り、身近な存在として訴求していく施策です。

いいねやリプライ等でコミュニケーションを取ることで、ユーザー側から特別な存在となり、ファン化しやすい施策でもあります。また、Twitterの匿名性の強さから、ユーザー側の本音ベースでの意見を調査することもできるため、自社サービス(商品)の強みや改善点を明確にすることができます。

Twitterは拡散性の強いSNSであり、自社の認知度向上には特に効果的な施策である。

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • ファン化しやすい
  • 直接顧客に訴求できる

【デメリット】

  • 炎上リスクがある
  • 発信できる情報量(文字数)に制限がある
  • 情報発信しても埋もれる

Facebook集客

Facebookを活用し、ブログ記事、キャンペーン、セミナー情報等を訴求していく施策です。

Facebookは実名での登録が多いため、ビジネス的なコミュニケーションが活発に行われます。繋がり形成やコミュニティ構築等、強い繋がりを作ることができます。

【メリット】

  • コミュニティマーケティングを企画実行できる
  • 直接顧客に訴求できる

【デメリット】

  • アカウント停止などのリスクがある
  • 効果が出るまで時間がかかる
  • エッジランク(アルゴリズム)に左右される

Instagram(インスタグラム)集客

Instagramを活用し、動画や画像で自社サービス(商品)の魅力を伝える施策です。

女性や若いユーザーがターゲット層の場合は有効な施策です。インスタ映えという言葉もブームになっており、魅力的な画像を掲載することで、潜在層に対してもアプローチすることも可能です。

【メリット】

  • 女性や若い人がターゲット層の場合、効果的
  • ファン化しやすい

【デメリット】

  • 他のSNS施策と比較して拡散性が低い
  • クオリティの高さが求められる
  • 世界観に合わない商材の効果が薄い

Youtube集客

Youtubeを活用して、動画で自社のノウハウ訴求やサービス(商品)訴求を行う施策です。

継続的に動画投稿していくことにより、一定のファンを獲得しやすく、コメント欄ではユーザーと直接コミュニケーションも取れます。世界で2番目に検索数が多いプラットフォームであり、かつGoogle等の検索エンジンのSERPs上でもYoutube動画が上位に掲載されるクエリも多く存在します。

また、コンテンツ記事での動画掲載等、Youtubeのプラットフォーム内だけでなく、様々な経由から集客することが可能な施策です。

【メリット】

  • ファン化しやすい
  • 視聴ユーザーに直接訴求できる
  • ユーザーから信頼が得やすい

【デメリット】

  • 個人の力量に左右される
  • 人気動画に視聴が偏るため、宣伝の難易度が高い
  • 動画撮影に工数がかかる

メルマガ(メールマガジン)

メールを通して、自社のサービス(商品)を訴求していく施策です。

新期・既存両方での活用が考えられ、新期ではサービス(商品)の魅力を端的にわかりやすく訴求し、既存ではサービスの継続的利用やアップセル訴求等を行います。顧客との継続的な接触を図ることで、サービス(商品)の継続率にも繋がります。

メールの開封率等を可視化することで効果検証等も可能なため、より効果の高いメルマガへ改善を図ることができます。

【メリット】

  • 新規、既存両方にアプローチできる
  • サービス(商品)の継続率に繋がる
  • 直接的にサービス(商品)訴求ができる
  • PDCAサイクルを回しやすい

【デメリット】

  • 迷惑メールフォルダ扱いになり、読んでもらえないことがある
  • 文章力や読んでもらうための工夫が重要となり、難易度が高い

リスティング広告(PPC広告)集客

GoogleやYahoo!等で検索されるキーワードに連動して広告出稿する施策です。
キーワードを的確に選定することで、アプローチしたい見込み顧客に対してアプローチできます。また、ユーザーの検索ありきなので、すでにニーズが顕在した層を取り込むことができます。

検索結果上に表示されるURLをクリックされることで、費用が発生する仕様になっており、成果報酬型の広告とも言われております(1クリックで費用が発生)。

購買数を最大化するために(CV)、的確なキーワードにアプローチし、検索結果上でユーザの目に触れる回数を増やし(IMP)、魅力的な訴求文(title・discription)で訴求することで、ユーザーに自社を知ってもらう機会を作り(CTR)、最適化されたLPで訴求することで商品の購買に繋げることができます(CVR)。

コストに見合った売上が上げられる場合、かなり有効な施策になります。

【メリット】

  • 強いニーズを持ったユーザーを集められる
  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • 効率的にサイト集客できる

【デメリット】

  • 調整や改善を都度行う必要がある
  • 広告配信を停止すると、サイトの流入も減少する

LP(ランディングページ)集客

LP(ランディングページ)とは、検索結果やリスティング広告・SNS経由でユーザーが一番最初に到達するサイト内のページを指します。

施策の目的(対策キーワードや想定ペルソナ)に対し、受け口となるページを作成することでユーザーに有益な情報を届けられる施策です。サービス(商品)やイベント情報を1ページで魅力的かつ分かりやすく訴求することが重要です。
Web記事、リスティング広告、SNS広告の施策等と掛け合わせて実施するケースが多いです。

ページの内容修正は可能であり、ABテストを実施し、より効果の高いページにするための工夫ができます。

【メリット】

  • ページ内でサービス(商品)のメリットが訴求できる
  • 他施策との汎用性が高い

【デメリット】

  • 都度、目的に応じたページ作成を行うと、コストと時間がかかる
  • ファーストビューでの訴求が重要となり、ユーザーに刺さらない場合直帰率が高くなる

SEO集客

自社がターゲットとするユーザーが検索するであろうキーワードに対して対策を施し、GoogleやYahoo!等の検索エンジンで対策対象のキーワードで上位表示を狙う施策です。

Googleは広告収入を得るために、検索エンジン利用者を増やし、継続し続けてもらう必要があります。そのためGoogleを利用することで、役立つ情報が手に入る状態を作ることが求められます。そこで検索結果の充実を図るため、Googleは検索順位決定の際に、各Webページに対し一定の評価基準を設けています。いわゆるランキングファクターと呼ばれるものです。SEOはこのランキングファクターを満たしていく作業になります。

SEO対策をするためには、以下のような観点が重要になります。

  • Googleの評価基準を知ること(検索アルゴリズム)
  • ユーザーニーズを把握すること(ユーザーの検索意図・興味関心)
  • 競合サイトの状況調査(Googleに評価されているサイトの傾向調査)

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • 対策後はサイトの資産となり。継続的なサイト集客が可能となる
  • ユーザー目線のサイト設計ができる

【デメリット】

  • 専門知識が必要となる
  • 効果が出るまでに時間がかかる
  • 年に数回アルゴリズム変動により、サイトの集客が安定しない可能性がある

オウンドメディア集客

すでにコンテンツマーケティング施策を実施して成果を上げているサイトに広告掲載、記事広告、記事掲載する施策です。

すでに集客力のあるサイトの力を借りることで、加速度的にサイト集客数および自社サービス(商品)を知ってもらう機会を増やします。自社が求める顧客層を取り囲んでいるメディアに掲載することで、効果が高まります。

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • 短期間で加速度的なサイト集客

【デメリット】

  • 費用対効果が合わない可能性がある
  • 記事掲載までに時間がかかる

アフィリエイト集客

アフィリエイターに自社サービス(商品)を記事で宣伝してもらい、集客してもらう広告施策です。

支払い等の取り決めは様々な方法がありますが、成果報酬型の施策となります。
実行するには、ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)※というアフィリエイトサービスに登録しているアフィリエイターに依頼する必要があります。

※ASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)とは:広告主とアフィリエイターを繋ぎ、広告配信できる仕組みを提供するサービス

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • 集客に費用がかからない

【デメリット】

  • 広告の掲載範囲がコントロールできない
  • 商品が売れなくてもASPに支払う登録・月額費用は発生する

オンラインセミナー

新型コロナの影響で、2020年に大きく注目されているのが、オンラインセミナーです。不要不急を自粛する事態の中でも、マーケティング活動は止まらず、その中で特に活躍した施策です。

会場費等の費用も抑えられ、自宅からでも参加できるため、参加者ハードルが低く気軽に視聴できることから、多くの集客数が見込めます。Web上でのアンケートも実施しやすく、登壇者と参加者のコミュニケーションも取りやすい施策です。

【メリット】

  • ブランド認知度向上(ブランディング)
  • 少ない費用で多くの集客を見込める
  • 顧客の声を集めやすい
  • 視聴者の参加ハードルが低い

【メリット】

  • 参加者側の集中力が切れやすい
  • 参加者の反応が読み取りづらい
  • 音声や映像の乱れが発生する可能性がある

オンライン展示会

オンライン展示会は、Web上のオンラインで開催する展示会であり、基調講演でセミナー形式でサービス(商品)の紹介をしたり、名刺交換をしたりと、新型コロナウイルスの影響禍でリアル展示会が行いづらい状況の中、ニーズが高まり生まれた新しい集客方法です。

出展社は参加者にチャット等の手段を活用して直接アプローチを行います。

【メリット】

  • リアル展示会と比較して低コストで実施できる
  • 時間や場所に縛られないため、参加のハードルが低い

【デメリット】

  • システム構築に時間がかかる
  • 開催のための集客にコストがかかる

Webマーケティングの集客方法におけるポイント

オフライン、オンライン問わず、30の集客方法を紹介しました。様々な集客方法がありましたが、今後その重要度を増していくのは、オンラインマーケティング・Webマーケティングです。

当記事の最後に、Webマーケティングという集客方法についてポイントとなる点について考えていきます。

Webマーケティングの重要性

新型コロナウイルスの影響を筆頭に、様々な社会情勢の変化によってリアルでのマーケティングが消極的になり、一方でWebマーケティングの積極性が増しています。

Webマーケティングに注力し始めているのは競合も同じです。そんな中、如何に効率的に集客して成功に繋げるか、競合との差別化が生み出せるかは、単純に実行するだけでなく、俯瞰的に調査し、PDCAを回して最適な運用にかかっています。Webマーケティングが重要になっている今だからこそ、データ分析の必要性が注目されているのです。

市場・顧客分析

Webマーケティングにおいて、検索需要も年々大きく変わってきており、それは業界・業種により様々です。検索需要の傾向を掴み、ユーザーの興味関心の先を見つけ、他社より先んじた施策を行うことがWebマーケティング成功のカギとなります。これは検索エンジンであってもSNS・ソーシャルメディアであっても同じです。

以下は、Webマーケティングツール(KeywordmapKeywordmap for SNS)で、ユーザーの検索ニーズを可視化したものになります。

▼ 検索エンジン(Google)利用者の検索ニーズ

集客方法

たとえば、国内旅行というキーワードに対して、最新のニーズは、「保険」「持ち物」「コロナ」という需要が高くなり、旅行者自身に関連するニーズが高い傾向にあります。実際の検索者が調べる、旅行を前提とした「顕在的なニーズ傾向」が掴めます。

▼ Twitter利用者の検索ニーズ

集客方法

一方でSNS(Twitter)の場合、国内旅行というキーワードに対して、「政府」「禁止」「新型コロナウイルス」「奨励」「補助金」「海外」「感染」という情報発信がされており、国内旅行に対する不安等、本音ベースで発信しているSNS利用者の、旅行計画段階の「潜在的なニーズ傾向」が掴めます。

このように、検索エンジンとSNSでは、ユーザーのニーズに差異があることがわかります。当然、どちらも重要であることはいうまでもありません。
様々な角度からニーズ傾向を拾い、ニーズを満たすコンテンツ記事等での情報発信や、自社が訴求していく軸を定めていくことが重要となります。

自社の商材をWebマーケティングで展開していく際は、ターゲットとその情報ニーズを想定、どの媒体でアプローチするのが一番ベストなのか、考え抜くようにしましょう。

まとめ

当記事で紹介したように、集客手法は様々あります。自社の成長フェーズやターゲットに合った集客施策を選択、あるいは組み合わせた施策実行が重要となります。

また、PDCAは回せているか、その施策は再現性があるのか、属人化せず体系化した運用ができているかという点も、今後自社ノウハウとして残していくためにも重要であり、他事業部や新規事業画策時に横展開できますので、参考にいただけると嬉しいです。

この記事を書いたライター
佐藤孝紀
Keywordmapのカスタマーサクセスチームマネージャーとして従事。地元札幌ではラッパーとして活動。週4日でサウナに通うCINCトップサウナ―。

無料メルマガ登録

Webマーケティングに役立つ情報が毎週届きます。さらにプロアナリストがまとめたGoogleアルゴリズムアップデートレポートも無料でご提供。この機会にぜひご登録ください!

ITreview LEADER 2021 Summer

Keywordmapのカスタマーレビュー

*

ツールは使いやすく、コンサルタントのサポートが手厚い

良いポイント

  • 競合他社と自社のキーワード獲得状況や想定流入数などを数クリックで確認できるので、自社の強み、弱みを把握できる
  • キーワード選定もについては、月ごとの検索Volの変化が一覧で確認できるので、検索volが最も多い時期に合わせて、記事を新規作成、リライトするかの計画が立てやすい
  • 動画やFAQ以外でわからないことや、相談ごとがあればカスタマーサポートの方に連絡すれば相談にのってくれる

*

初心者でも確実な成果につながります。サポートも充実!

良いポイント

  • 自然検索の流入数が約4倍まで増加
  • ユーザーニーズ分析でキーワード選定、見出し作成。外注先から上がってきた記事に共起語チェックを網羅度を調査することで上位表示率がアップ
  • サポートも親切で、個別に相談に乗ってもらえて、タイムリーに疑問を解決してくれる

*

機能が豊富で、ユーザーニーズ調査から競合分析まで使える

良いポイント

  • 一見すると似ているキーワードでも、実はニーズが少し違うといった細かいニーズ分析ができる
  • 競合が獲得している自然検索キーワードや広告出稿しているキーワードが抽出できるため、詳細な競合分析が可能
  • 上位サイトのコンテンツ内容を調査して、自社コンテンツには何が欠けているか分析できる共起語分析機能がすごく便利
×