2020.05.19

「競合獲得ワード機能」が大幅機能拡張!4ドメインで流入キーワードを一括比較

いつも弊社Keywordmapをご利用頂きまして、誠にありがとうございます。
今回は、競合獲得ワード機能にて行われた、機能拡張について詳細を提供いたします。

新しい競合獲得ワードを試してみる

貴社ビジネスのますますの発展へお役立ていただければ幸いです。

自社サイトの弱み、対策箇所がすぐわかる!

【目次】
■機能拡張の概要
■活用シーンのご紹介

機能拡張の概要

2020年5月12日(火)より競合獲得ワード機能で、一度に比較できる対象サイト数を拡張し、またキーワードを指定することで、対象サイトがいずれも上位獲得できていない未対策キーワードの抽出が可能になりました。

主に以下の観点でお役立ていただけます。

・競合と比較した相対的な自社の強み・弱みを把握
・社内やクライアントへのSEOにおける競合比較レポート
・自社・競合が対策できていないキーワードを抽出

競合獲得ワードの新機能

機能拡張後の競合獲得ワードは、以下のような活用シーンでご活用いただけます。

 

■活用シーンのご紹介

①キーワード指定し、改善が必要なキーワード領域を特定

競合獲得ワードの新機能

サイト全体のキーワード数は多いが、特定のキーワード領域だと競合に負けている状況。
競合と相対比較することで、改善が必要なキーワード領域の判断ができます。

②市場を軸に自社と競合が対策漏れしているキーワードを抽出

競合獲得ワードの新機能

自社・競合がいずれも対策できていない未対策キーワードの抽出が可能です。

・未対策キーワードを対策 → 競合との差を広げる

③キーワード別でベンチマークサイトを特定

競合獲得ワードの新機能

指定した競合サイト以外にベンチマークするべきキーワード上の競合サイトを抽出できます。キーワード軸での競合サイトを特定することで、より効率的な競合調査を行えます。

まとめ

・3C観点で市場に対する自社の状況把握・競合との相対比較が可能
・未対策キーワードの把握により、競合に対して先手を打てる
・キーワード軸で本質的なベンチマークサイトの特定ができる

機能拡張のご紹介は以上になります! 使い方についてのオンラインセミナーも企画しておりますのでご期待ください。


Webマーケティング施策においての課題や運用のお悩みがございましたら、何なりと弊社CS担当までお問い合わせください!

お問い合わせ先:km_cs@cinc-j.co.jp