アフィリエイターからの信頼を獲得!充実した機能と分析で課題を解決

インフォニア株式会社
AFRo事業部 マネージャー 齋 崇之 様
AFRo事業部 アカウントプランナー 竹田 桃菜 様

Keywordmapを使って競合他社との差別化を

弊社ツール「Keywordmap」を導入していただいているインフォニア株式会社様。自社メディアの運用やアフィリエイターさんのサポート等にご利用いただいております。当初は、一部の部署内でのみ使用する目的で導入していただきましたが、現在ではほかの部署の方々にも広くご活用いただいております。

今回は、AFRo事業部マネージャーの齋さま、AFRo事業部の竹田さまにKeywordmapをご利用いただいた感想と効果についてお話を伺いました。(以下、敬称略)

欲しい情報をすぐ得るためにはツールが最適

――そもそも貴社で外部のツールを導入しようとされたきっかけはなんでしょうか?

  外部ツールを導入しようと思った大きなきっかけは、Googleアルゴリズムの変動です。 アルゴリズムが変動した際に、自社で運営しているメディアだけではなく、アフィリエイト広告サービス「AFRo」のアフィリエイターさん達のサイトも順位が下がってしまいました。そのときに、私たちもSEOの知識があまりなく、どう対応したらいいかがわからなかったことがきっかけで、何か良いツールはないかと探し始めました。

また、アフィリエイターさんが新しいメディアでキーワードを決める際に、ターゲットユーザーやニーズを調査するためにも、なにかわかりやすいツールを導入したいと考えていました。

――コンサルティングではなく、ツールを選ばれた理由はなにかありますか?

  かつてSEOのコンサルティングを入れていたことがあります。 その際、コンサルタントにアルゴリズムの近年の動向などを聞いてはいたのですが、私たちが欲しい回答があまり得られず、順位が下がってしまったアフィリエイターさんに対するアドバイスを聞いても、追加料金がかかると言われてしまいました。 情報が欲しいときに回答がない、アフィリエイターさんに対する回答が来たとしても、どういったロジックで順位を上げていくのかという具体的な説明がなく、どうすればいいかわからないという状態が続きました。 しかし、ツールならば自分たちで分析することができます。情報が欲しいときに、現在の状況や順位をすぐに見ることができるという点でツールを選びました。

――ツールのメリットはどこだと思いますか?

  営業担当がクライアントやメディアに対応する際に、知識は自分で付けられても、その後の経験値についてはどうしても人に依存してしまいがちです。どのように経験の差を縮めて、一定のパフォーマンスをクライアントやメディアに出していくかが課題でした。 その点ツールならば、自分でクライアントやメディアの調査ができるので、経験値に頼らなくても課題を一人で解消できるようになったことが大きなメリットですね。

Keywordmapの充実した機能とワードマップに感動

――最初にKeywordmapを使った感想はいかがでしたか?

  別の部署が実際に導入していて、使い勝手が良いと勧められたので、私も試しに使ってみました。使ってみると機能が非常に充実していたので、初めてKeywordmapを触ったときは、「なんだこれは!」と感動しました。 これまで知識や経験値に頼っていたものが、しっかりとデータで出てきて、過去の順位変動なども見ることができます。 他社のSEOコンサルティングでは、調査結果が具体的な数値や根拠に基づいていないことがありましたが、Keywordmapの場合はデータや根拠を具体的に説明していただけているので非常に信用度が高く、調査結果をそのままクライアントに提示しながら説明することができます。

竹田  私もKeywordmapのワードマップ機能にとても感動しました。 アフィリエイターさんにはSEOが必須なので、視覚的に必要なキーワードが見られて良いと思います。 SEOの知識がついたことで、AFRo事業部としてはメディア担当営業の方に向けてサポートができるようになりました。自社で何かを始める際に、必要な知識を付けておければと思いながら使っています。

――他社のツールは検討されましたか?

  個人的に他社のツールもいくつか使っていました。他社のツールは、少し調べる際には良いのですが、継続的なサービスではないという印象です。これまで、機能ごとにさまざまなツールを使い分けていたので、Keywordmapですべてを網羅できたのは非常に良かったです。

SEOの知識を得たことで、アフィリエイターからの信頼を獲得

――特によくお使いになられているKeywordmapの機能はなんですか?

  私は、アフィリエイターさんのサイトの順位やどのようなキーワードで順位が獲得できているかというのを知るときに使っていて、順位変動はホーム画面の「自然検索順位変動推移」のグラフをよく見ています。 実際にGoogleがどのような動きをしているのかといったところは、やはり気になりますね。 あとは、上位のアフィリエイターさんのデータは必ず見るようにしています。他社とどのような差があるのかを分析して、アフィリエイターさんにすぐ伝えるようにしています。

検索結果順位変動のモニタリンググラフ
SERPsを計測し、変動した幅を表している。
アルゴリズム変更内容の詳細を読むこともできる。

竹田  私は、コンテンツを作成するときは、共起語をよく使っていました。どのようなキーワードを入れれば良いのかを検索することで、記事の方針やコンテンツの内容も合わせて決められるのでありがたいです。

――Keywordmapを使用することでの効果や数値的に目に見える成果はありましたか?

  アフィリエイターさんに、アドバイスができるようになったことが、大きな成果だと思います。アフィリエイターさんにとっては、アドバイスがもらえるだけで大きな違いがあります。 順位が落ちたときに、自分が何をしなければいけないかという課題を自身で把握できるところが良い、とアフィリエイターさんに言ってもらえました。私たちにとっても、アフィリエイターさんから信頼を得られ、関係が密になったという感覚があります。

――弊社ではアルゴリズムレポートを出させて頂いております。ご覧になられていますか?

  私たちはもちろんよく見ているのですが、それ以外にも、このレポートを知識として身に着け、クライアントやメディアとお話する際に役立てています。 具体的に、アルゴリズム変動の原因が解説してもらえるというのは大きいです。 御社でしっかりと分析された内容なので、クライアントやメディアにも非常に喜んでもらえて、「ありがとう」と感謝されています。 Googleのアルゴリズム変動に関してはさまざまな見解があるので、正確な分析を出せるのはWebマーケティングのコンサルをしている会社さんだけだと思います。

Keywordmapをもっと使いこなして、さらなるアピールを目指す

――将来的にKeywordmapはどのように活用していこうと考えていらっしゃいますか?

  Keywordmapがないと作業ができないというくらいまで、使いこなしたいですね。 現在も使っているのですが、まだ使い切れておらずもったいないと思っています。サイトの順位を上げるために、常に横に置いて見ながら作業し続けられるようになることを目指しています。

――Keywordmapを活用した、将来的な事業の課題や展望があればぜひ。

  「AFRo」の課題は、アフィリエイターさんを育てることです。 現在トップアフィリエイターの方も、明日には収入がゼロになっているかもしれないという世界です。そのため、常に支援を続けられるようなASPにしていきたいですし、アフィリエイターさんにとっても稼ぐための知識を与えてくれるASPと思ってもらえるようになりたいです。 今後は御社とタッグを組みながら、SEOの知識をアフィリエイターさんに提供するセミナーを開催するのも良いかと思います。

竹田  他社との差別化をして、「AFRo」だけの強みを作っていきたいと思っています。 大手のアフィリエイトサイトを目指していても、実際にアフィリエイターさんが求めることは異なると思うので、「AFRo」では大手は手が回らないような小回りの利く対応を細かくやっていきたいと考えています。 また、御社とタッグを組んでいることによって、強みをさらにアピールできたらとも思っています。

簡単にあらゆる情報を手に入れ、世界中の人とつながることができるインターネット。 その可能性を広げるために、インターネットマーケティングを総合的に展開しています。自社サイトの運用・管理や広告サイトの提案、アフィリエイトサービス(ASP)など、インターネットの力で人と情報と未来をつなぐために、常に情報の最先端に立ち、全ての人々にとって未来への架け橋となることを目指しています。