施策提案時の裏付けデータとして活用することで、
調査分析の工数削減とクオリティUPに繋がっています!

クロスフィニティ株式会社 村松様、石井様

調査分析の時間が1/10に減りました。

keywordmap導入前は、どのような課題を抱えていましたか?

課題は2つありました。

1つ目は検索ニーズの可視化というところ。

Keywordmapの導入当初はコンテンツ施策の提案が多くなってきているタイミングだったのですが、いざコンテンツを作りましょうとなっても、なかなかスムーズに動けないクライアント様が多くおりました。
元々、検索ニーズを数値化したようなマップを出すツールは自社でも持っていたのですが、
クライアント様に説明しても、なかなか伝わりにくく、検索ニーズをご理解いただけない事もありました。
そこで、ワードマップのように、もっと視覚的にわかりやすいツールが欲しいという話になっていました。

2つ目は追加提案についてです。

クライアント様に対して内部のテクニカルな施策が終わった後に、『取りこぼしているキーワードを取れるページを作りましょう』という提案をすることがあります。
もちろん、自社でもデータを持っているのですが、もう少し説得力が増すような裏付けデータが欲しいというのはありました。

なぜkeywordmap導入頂いたのでしょうか?

前段でお話した、課題を解決出来るツールがkeywordmapだったからです。
元々、自社でも開発をしようとしていたのですが、設計面で難航していたのと、開発スピード、費用等を考慮して、keywordmapを入れようという話になりました。

keywordmapでは『このキーワードにはこれだけニーズがある』という事を視覚的に理解出来る為、まさしく必要としているものが備わっていると思いました。
結果として、クライアント様にはご理解頂ける事が非常に多くなりました。

また、追加施策の裏付けデータを定量的にわかりやすく出せるので、我々が持っているデータと合わせることで、『こういうページを作りましょう』『記事にこういうものを追加しましょう』という事がとても言いやすくなりましたね。

導入後はどのような効果が見られましたか?

調査分析の工数削減とクオリティUPに繋がっています。
Keywordmap導入前と大枠の調査分析手法は変わっていないのですが、今までは直接検索結果を調査していたので、クライアント様によっては、調査分析の時間が1/10に減りました。

また、時間工数が削減されただけではなく、今までより大量のデータを分析出来る点と、それをパッと一枚の絵で見せられるという点で、クオリティも向上しており非常に助かっています。

よく使う機能や利用に関して工夫されたポイントはありますか?

一番はコンテンツ提案で利用することが多いですね。
前段でもお話しましたが、ユーザーニーズを調査から共起語の調査をして、新規コンテンツから既存コンテンツのリライト提案に使います。
クライアント様には、提案の根拠を様々な観点から定量的に説明する為に、抽出したデータをそのまま見せることもあります。

また、最近ではリスティング出稿ワードの調査機能を良く使うようになりました。
コンバージョンの観点になりますが、
競合がどのようなキーワード・クリエイティブで広告出稿しているかという情報を抽出し、
見落としていたキーワードや、競合が広告で注力している領域を分析します。
競合が対策しているロングワードやミドルワードに関しては、コンバージョンが高く設定されている可能性が高いと想定してコンテンツ設計に活かしたりしています。

他には、SERPs変動観測機能ですね。
Googleアルゴリズムは変動する度に、何が起こっているかを調査しますが、どのようなサイトが変動の影響を受けているのかをSERPs変動観測機能で確認します。

クライアント様のサイトの変動はすぐにわかりますが、SERPs全体での変動を確認して、そこから自社で持っているデータも併せてクライアント様のサイトに落とし込んだりします。

今後は、サイト規模やサイトの種類によって変動値の傾向なども調査出来るようになれば、より使い勝手が良くなると思いますね。

実際にKeywordmapをご利用頂いた上でのご感想を教えて頂けますか?

Keywordmapの導入前まで、上位サイトの調査は検索結果を直接見に行っていたので、そこから考えると、とても調査分析工数が削減されており、他に時間を使えるようになっています。

また、KeywordmapはUIがわかりやすく、特に若手の人達が助かっていると思います。
ベテランは今まで培ってきたノウハウがありますが、若手にはそれがまだ不足しています。
そこを補う為にもkeywordmapを活用しているのですが、UIがわかりやすいので、データ抽出から分析まで理解しやすく、お客様にも説明しやすいという声も上がってきています。

他にも、機能追加のスピードが速いので、今までマンパワーで行っていた事や他のツールで不足している部分を補えないかという要望に素早く対応してくれますね。
必要に応じて、勉強会も開催して頂いておりますので、助かっております。

クロスフィニティ株式会社とは、株式会社オプトホールディングの子会社であり、
SEOやCROを中心としたウェブサイトコンサルティング事業と費用対効果の高いアフィリエイト広告などパフォーマンスマーケティング事業を展開し、お客様に専門性の高いコンサルティングサービスを提供している。