2021.01.27

Twitterアカウント連携機能に「目標・実績管理機能」を実装

株式会社CINC(シンク、以下CINC)は、自社で開発・提供するソーシャルメディアの分析・運用ツールKeywordmap for SNSに、Twitterアカウント運用の目標と実績を自動でダッシュボードに表示し管理する「目標・実績管理機能」を実装いたしました。

目標・実績管理

SNSをきっかけに消費者の購買行動が喚起される機会が増えた現在、SNSは企業のマーケティングにおいて重要な位置を占める存在となりました。中でも、文章と画像や動画を組み合わせ、リアルタイムでユーザーとコミュニケーションがとれるTwitterは最も注目されるSNSのひとつです。

一方で、いざTwitterを運用するとなると、定量的な数値の管理や分析が課題として挙げられます。Twitterは投稿されるコンテンツの数が膨大であることに加え、集計すべき数値項目が多岐にわたります。そのため、日々の投稿を細かく集計し、各項目をレポート化するには煩雑な作業や膨大な工数を要するのです。

これまでKeywordmap for SNSによって企業のTwitter運用を支援してきたCINCは、アカウント運用において重要な目標と実績の可視化、その効率化を目的に、本機能を開発しました。本機能によって企業のTwitterアカウントをより計画的に運用・育成することが可能となります。

<本機能の概要>

■目標・実績管理機能とは

目標・実績管理機能とは、Twitterアカウントのインプレッション数やエンゲージメント数等の各指標をダッシュボード形式で自動で集計し、デイリーの運用状況の把握を可能にする機能です。

Twitterアナリティクスのデータを別途加工する手間が省け、運用の見える化と効率化を図ることができます。これまで、Twitterの運用においてエクセル等の専用のシートや、Twitterアナリティクス以外のツールで実施していたレポーティング作業をKeywordmap for SNSに統合し、運用から管理まで実施いただけます。

目標・実績管理機能

■「目標管理機能」の画面イメージ

目標・実績管理

デイリーでの実績数値を確認できる画面です。ダッシュボードの下にデイリー数値を随時記録しており、キャンペーンを実施した期間等、指定の期間で絞り込んだ数値レポートも抽出できます。

目標・実績管理

目標数値のアップロード画面です。具体的な作業手順が表示されるため、簡単に数値管理体制を設定できます。